トモちゃんといっしょ・認知症の母と暮らして・中年プーのぐうたら日記

実家に戻って3年目。母は中期の認知症。今年から仕事をやめて中年プーに突入。誰にも言えない胸の内を綴ります。

わたしは残念な人間だ

2017-02-24 11:55:31 | 日記

2月24日 トモちゃん、デイケアサービスに

 

来月から、トモちゃんの、デイケア施設の利用が1日増えて、月曜日と水曜日になります。

今日、金曜日は、たまたまお休みの人があり、代わりにトモちゃんが利用しています。

 

9時のお迎えを待っている間、トモちゃんと「朝イチ」を見ていました。

なかなかみることができない番組ですが、

今朝は俳優の林遣都さんがゲストでした。彼の名前と顔が今日、初めて一致しました。

16歳のとき、映画「バッテリー」でデビューしたのが10年前とか。

 

その時の監督の言葉が、とても印象に残りました。

「10年前、彼をこの世界に引っ張り込んだ者として、彼を見守っていく責任がある」

と、監督は目を細めておっしゃっていました。

 

選んだ者の責任というのがある。

そして、選ばれた者の責任も。

 

 

人間というのは、こうやって成長していくものなのですね。

 

それを見ていたら、涙が止まらなくなりました。

 

なぜなら、わたしは、そういう大人の階段を登り損ねた人間だから。

選んでくれた人に、責任を果たせてあげることができないのですから、

 

いろんな方に申しわけない。なんて残念な人間なのだろう。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Virtual Interview with YUZU 3 | トップ | 映画『和ちゃんとオレ』を観て »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆ (楽)
2017-02-24 18:52:59
ビビアンさんが泣いてしまった気持ち…残念な人間だと思ってしまう気持ち…わかります。でもお母様にとってビビアンさんは必要な人間です。それはあたしも同じ事です… いくら母娘とはいえ、35年も別に暮らしていた二人が一緒に住むなんて(しかもあたしはずっと一人暮らし)よく考えてみたら、とてつもなくシンドイ事だったのだ…介護以前の問題だ…と今ごろ気づいたあたしです。気づいたところで解決方法がないのも、もどかしい…
そうなの、母と娘の (ビビアン)
2017-02-25 11:36:39
楽様
いつもありがとうござうます。そうなんです。母が認知症だからではなく、十代の、もしかしたらそれ以前から抱えている、母と娘の問題の、最終章なんです。
一番困難な課題を突き付けられていると、思います。
どれだけ逃げたいと思ったか。でも、逃げtら解決にはならないのよね。
解決できなくても、何か納得するものを手にして、天に行きたいなあ。これから認知症の映画をトモちゃんと観てきます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。