トモちゃんといっしょ・認知症の母と暮らして・中年プーのぐうたら日記

実家に戻って3年目。母は中期の認知症。今年から仕事をやめて中年プーに突入。誰にも言えない胸の内を綴ります。

スケートカナダ男子spテレビ観戦終了

2016-10-29 22:13:48 | 日記

今日は、そわそわした1日でした。

 

羽生くんのライストがあることを失念して、

午前中に車検の予定が組んであったのですが、

それを午後からにしてもらいました。

 

 

 

車検は11月のつもりでおり、それも、

カーバックスのような安いところで済ますつもりだったのに、

いきなりトヨペットから電話を受けて決めてしまったので、

料金も高くなってしまいました。

 

結局なんやかやで、すっかり予定が狂ってしまいました。

 

こんなつもりじゃなかったのに……そういう思いでいっぱいなんです。

 

スポーツ選手も、ほんのささいな何らかの理由で(本人さえわからないことで)、

思わぬミスを招いたり、調子が狂ってしまうことがあるでしょう。

 

 

(写真はお借りしました)

 

 

テレビで羽生君の演技を見て、ようやく落ち着きました。

素晴らしいステップ。

またまた格段に進歩しています。

 

サーフェスの小さな画面ではわかりづらかったところが、

ようやく確認できました。

 

 

羽生君の演技は、ミスしようがノーミスであろうが、

どうしてこんなに一瞬で終わってしまうのでしょう。

 

(写真はお借りしました。ありがとうございます)

 

 

一転して、パトリック。

今回の彼のspは、人を幸せにさせてくれるような、

とても暖かいプログラム。

中間に入る鳥の鳴き声が特に心地いい。

しかも、彼のスケートのうまさが存分に際立つとても素敵なプログラム。

 

なのに、「え? まだあるの? ああ、そうそう、あるわね」

みたいな感覚に襲われます。

とても長く感じてしまいます。

 

不思議です。

 

 

羽生君が1番で、最高点をとることになれてしまった自分がどこかに隠れているのかもしれません。

 

 

平昌への道のりは長いようで短く、また短いようで長く、

まだまだ、いろんな出来事があるでしょう。

 

明日のフリーは、どうなるか。

楽しみです。何があっても、彼を信じよう。そして応援しよう。

彼が納得し、新たな発見をし、

見るものに感動を与えてくれれば、こんなにうれしいことはありません。

 

そして今回の無良君もすてきです。とてもダイナミック。頑張ってほしい。

でも、なぜかわからないけど、羽入君でないとダメなんだ。

羽生君の演技じゃないと。

 

 

ドラマは羽生から生まれる。

 

 

本日もありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スケートカナダ男子sp速報 | トップ | スケートカナダ 先ほど終了... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。