社会を見て、聞いて、感じる。

人生そのものがフィールドワーク。

5月6日(土)

2017年05月14日 13時22分35秒 | 2017年

  6時起床。身支度を整え、6時半過ぎに家を出る。今日は、SLみなかみ号に乗りに行く。

  品川駅7時10分発の高崎線高崎行きに乗車。所要時間はちょうど2時間。車内で、朝食に品川駅で購入した天むすとおにぎりを食べる。恥ずかしながら天むすというものをこれまえ食べたことがなく、「どう考えてもまずいに決まってる」と思い込んでいたのだが、食べてみると案外美味しかった。天丼がおにぎりになった感じなんですね。ただ、朝から食べるものかと言われると、難しいところだ。

  9時10分に高崎駅に到着。2番線の奥にある留置線に、既にSLが止まっていた。今回のSLは「D51」という、おそらく日本で一番有名な型の蒸気機関車で、実際に日本国内の蒸気機関車の中で最も多く生産されている。「デゴイチ」という愛称は、鉄道マニアでない人にとっても馴染みのあるものだろう。元々は貨物牽引用として活用したようにパワー(牽引力)に優れているため、勾配の多い上越線を走るにはもってこいである。機体はそれほど大きくないのに、内に秘めているパワーはすごいのだ。

  しばらくすると、今度は客車がDE10型ディーゼル機関車による推進運転(後退運転)で入線してきた。多くの人はSLのほうに集まっているので、ディーゼル機関車はゆっくりと見ることが出来る。DE10型は、運転席が横向き(線路と平行)に設置されている。車両の入れ替え(接続や切り離し)が頻繁にあることから、このような構造になっているのだろう。しかし、通常の運転は少しやりづらそうだ。

先頭の客車に乗っている運転士さんはもしもの場合に備えてブレーキを握っているだけ。

実際の運転は最後方の機関車の運転士さんが行っている。これが推進運転。

  ドアが開くと同時に車両に乗り込む。12系の客車だ。量産されている車両なのでそれほど人気はないが、今となってはこの車両に乗ることも貴重な体験だと思う。最近の車両では、こんなにふかふかなシートには座れないし。

  9時56分に、快速SLみなかみ号は高崎駅を発車。たくさんの道行く人たちがこちらに手を振っている。SLならではの光景だ。しばらく走るとすぐに田園地帯に入り、風向きの影響か前方から黒煙がどんどん流れてきた。これもSLに乗っていないと見られない。

車内検札のハンコもSL模様。

駅のホームでミニ団扇が配られていた。

  渋川駅で、機関車のメンテナンスのために30分ほど停車する。この間にSLの前での撮影会が開催され、行列が出来ていた。やはり、SLの人気は高い。ほとんどの乗客がホームへ降りて、SLの周囲に集まっていた。

運転席をこれだけ間近で見られるのは嬉しい。SLの運転は難しそうだ。

  渋川駅を出ると、徐々に山あいを走るようになり、勾配も急になってくる。D51の力の見せ所だ。この頃から、車窓もどんどん魅力的になってくる。また、車内ではスクラッチを使った抽選会が開催された。当たりの確立は10%。残念ながら、私ははずれ。ちなみに、当たると缶バッジがもらえるそうだ。

  定刻通りに水上駅へ到着。着いてすぐに駅を出て、少し離れたところにある転車台へ向かう。大半の乗客が同じように歩いてくる。ここで、帰りの運転に向けてSLの方向転換が行われるからだ。転車台の大きさはSLとほぼ同じで、きちんと載せて回転させるためには細かな運転が必要そうである。その様子をこれだけ近くで眺められるのはありがたい。SLの息遣いを間近に感じることが出来た。

 

SLが後退しながら転車台に入ってくる。

最後、しっかりと載せるために細かな調整が行われる。

無事に載りました。

いざ、回転開始。

無事に回転終了。

再び後退しながら転車台を後にする。

今度は、メンテナンス設備のある留置線へ入ってくる。

ここで水の補給や設備のメンテナンスが行われ、帰りの運転に備える。

  帰りの電車まで約1時間。何かを食べるか周辺を散策するか迷い、結局後者を選ぶ。駅前通りを突っ切って奥へ入ると、すぐに利根に出る。川沿いでは、山桜がとても綺麗に咲いていた。

  水上駅13時14分発の上越線新前橋行きに乗り、渋川へ。

  渋川駅から歩いて5分ほど行ったところにある「小竹焼饅頭総本舗」へ伺う。もちろん、焼まんじゅうが目的である。昼食を食べていなかったので、一緒に肉入り焼きそばも注文した。焼まんじゅうは期待通りの美味しさ。出来立て熱々で、もっちりとした食感と甘辛く香ばしい味だ。焼きそばも麺がもちもちで美味しかった。また、最後に我慢できずにあん入り焼まんじゅうも追加注文した。あん入りも美味しいが、甘辛さや香ばしさが若干あんに負けてしまっているような気もする。どちらか片方を選ぶとするなら、普通の焼まんじゅうだろう。

  渋川駅へ戻り、14時53分発の特急草津84号に乗り、上野へ。かつて常磐線特急のスーパーひたち号として活躍していた651系という、私が個人的に好きな車両で運行されている。今回は、奮発してグリーン車を購入した。この車両のグリーン車は1+2席の座席配置なので、同じグリーン車でもお得感がある。

  夜からは、秋葉原で妻と友人夫婦と4人で食事会。開始時間が遅かったことに加えて、向かう途中でスマホの電池が切れて会場がわからなくなり、私だけ合流が遅れてしまったため、あまりゆっくりと話をすることは出来なかった。

  日付が変わる頃に帰宅。このゴールデンウィークは、鉄道オタクとしての活動が活発だった。原因としては、久しぶりに時刻表を買ったことがある。久しぶりに見ると新しい発見がたくさんあって、学生時代は思いを馳せるだけだったのが、少しはお金が自由になるようになった今、気軽に「じゃあ行ってみるか」と思えるようになってしまった。妻からすると、「時刻表を買うことを許したのが間違いだった」そうである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月3日(水) | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む