釣太郎の”ワイ~”&”がや~”(海釣と電器屋さんメモ)

「ITたまご館」店主の趣味の「海釣三昧」・・日々の発見日記
「電器製品&パソコンの販売・修理とサポート」奮闘記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カンダイの昆布〆

2009年05月01日 | 食ス!

本日は、男の料理に挑戦です、持ち帰った「カンダイ」の刺身を堪能します。
チヌほどの磯臭さは、感じません 意外に体高が厚く、どっしりとしています。


1.ウロコを取ります、 ウロコは非常に硬いので出刃包丁の根元で取り、頭を落とします。
2.内臓をキレイに除き、水洗い後 ペーパータオルどで水気を完全に拭き取ります
3.この状態でラップをかけて、 1晩位・冷蔵庫の「パーシャル」で寝かします。

一晩 寝かせた「カンダイ」を切り身にして、「昆布〆」にします。
1.昆布の表面を、汚れ落としと風味を加えるために、お酒(希釈酢)で拭き上げます。
2.切り身(やや肉厚)にして、昆布に敷き詰め、サンドイッチ風にはさみます
3.サランラップでぴったり包み、冷蔵庫で更に6~8時間 熟成させます。

おいしい、"昆布〆"の出来上がりです、癖は無く白身のやさしいお刺身に仕上がりました。
お好みに応じて、「わさび」又は「おろし生姜」の醤油風味で、いただきます。



『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンダイ(こぶだい)ゲット | トップ | 釣道具の「手入れと準備」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食ス!」カテゴリの最新記事