農ある生活

自然と共に、食べたい野菜を無農薬で作り楽しんでいます。

カボチャの受粉

2017-05-18 | 野菜



ご近所の庭に咲いているシャクヤクをいただいた。シャクヤクは庭で咲いているときも良いが、切り花にすると更に映える感じがします。



7月に催事で使いたいとのことで急ぎカボチャの受粉をした。ラグビーボール形の「ロロン」食味がよく人気があるようです。
カボチャの仕立ては、親づるを摘心して子づるを2~3本伸ばして8節目以降に着果させる方法が良いようです。
今までは余りこだわらずに作ってきた。それと言うのも結構面倒だからです。自分の一株はマニュアル通りにやるか、放任でいくか迷っているところです。
とにかく今日と明日の雌花は収穫を優先します。収穫は交配後45~50日なので間に合う予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農家のタマネギ | トップ | キュウリとゴーヤをネットに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む