農ある生活

自然と共に、食べたい野菜を無農薬で作り楽しんでいます。

オクラとモロヘイヤ

2017-06-22 | 野菜



オクラとモロヘイヤは根付いた。ラッキョウを収穫の後、9日に急遽苗を植えました。
夏はオクラとモロヘイヤのネバネバは欠かせないと苗を探すと、今が植え時とばかり沢山並んでいた。
耕さず畝の中央に溝肥を入れて土をならしてマルチを張り苗を植える簡単作業にした。
オクラは1ポットが3本ずつになっているのを、1本に根を切らないように分けて植えた。
苗の小さめの方を選らんだので、根の絡まりも少なく、全て根付いた。一本根の野菜は基本は直播きです。
モロヘイヤは1ポットに10株くらい植わっているが、分けて植えても簡単に根付くので心配はありません。
モロヘイヤで時々やる失敗があります。4月中下旬にナス、キュウリなどの苗と一緒に購入して植えると、
間違いなく花が咲き始めます。そうなると、気がつく度に花芽を摘まないと種が出来ます。植える時期が早いと子孫保存モードになってしまうのではと思う。
やがて、生長モードに戻るのだが、花は食べないようにと言われており面倒な作業です。



福祉の畑のインゲン、今朝はいつもの倍以上の収穫です。



同じくエダマメ、ネットの外からで上手く撮れませんでした。自分の畑のエダマメが先になるかもしれない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の中で収穫 | トップ | 落花生の花が咲き始めた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野菜」カテゴリの最新記事