農ある生活

自然と共に、食べたい野菜を無農薬で作り楽しんでいます。

雨は降らねど人参の種蒔き

2017-07-23 | 野菜





農家は、雨が降ったら人参を蒔けと言われているようですが、当分は雨は期待できそうになく種も届いたので先日に続き蒔きました。
福祉の畑に、一般に幅広く作られている人参「向陽2号」です。
ペレット種子で先日のネオコート種子よりも大きく蒔きやすいので、支柱を押しつけて深さ1㎝程の溝を作り、一粒づつ、1~2㎝間隔で蒔いた。
畝幅90㎝に4条✕2畝✕畝長さ450㎝=4✕2✕450=3.600㎝  1袋2.000粒  3.600÷2.000=1.8㎝
目標の1~2㎝間隔は達成しました。
問題はきれいに蒔けたことよりもキッチリと発芽するかどうかだ。人参は発芽すれば成功とも言われているようです。
しっかり散水し不織布をかけて終了した。
(奥の2畝は先日21日のカラフル人参)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の収穫 | トップ | かんかん照りの畑で元気な陸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野菜」カテゴリの最新記事