農ある生活

自然と共に、食べたい野菜を無農薬で作り楽しんでいます。

絹さや、スナップエンドウを片付ける

2017-05-20 | 野菜





毎朝、横目に入っていたマーガレット、昼過ぎなので開ききっていたが、、、
いつも思うことは、目に留まった時に撮る、それが一番のカメラチャンスだと、しかし、殆どがそれから4~5日、一週間後にようやくと言うことが多いように思う。





絹さやとスナップエンドウを片付けました。絹さやは食べられそうなものはなく、スナップエンドウの最後の収穫をした。スナップエンドウは良く出来て甘みがあり良かった。
既にうどんこ病が発生していることと、実の形色等も悪くなっており甘みがなく苦みを感じるものもあるので試食して確かめてから選別します。
この場所は西日が射さないところなので里芋(親芋を種芋にして)植える予定です。



トウモロコシ(ゴールドラッシュ)の雄穂が出てきた。4月2日に蒔いたもので茎も太くしかりしています。
7月初めには収穫できると思います。



ズッキーニに早くもウリハムシが沢山います。この暑さで一気に出てきた感じ、朝7時前までならば動きも鈍く捕殺も可能なので明日から頑張らなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キュウリとゴーヤをネットに | トップ | 里芋はいくらっても良い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む