農ある生活

自然と共に、食べたい野菜を無農薬で作り楽しんでいます。

ネギの話

2016-10-19 | 野菜



ネギの美味しい季節となりました。寒くなれば太い細いは関係なく美味しいのだが、作り手からすると太く白くつやがある方が美味しく見える。
この2週間ほどで急に長く太くなったネギ、ホワイトスター(タキイ)です。寒くなると一気に太くなり、作りやすく収穫もしやすいネギです。
小学校の低学年の時、学校給食の味噌汁に太いネギが入っていて苦労して飲み込んだ苦い経験がある。それも大人になり解決し、今は太く長いネギ作りに励んでいる。
ネギは欠かせない野菜、特に冬場は日々欠かせない野菜となっています。
今は長く太いネギができると満足している。





ちょっと気になる今年のネギ、それは根の張りが少ない、根が短いように感じていた。3年前から苗から育てており、根の張り、根の長さに驚いていた。
ここからは、農家から聞いた話です。
今年は雨が多かったのでネギは根を張らなくても必要な水分をとれていたからのようです。その結果、カラカラ天気が続くと必要な水分が足りず上の方から白く枯れてくる。
普通は1~2月の真冬に起きる現象が、畑によっては枯れが出ている処があります。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そろそろトンネルを外さないと | トップ | 野菜の様子、いい葉色も »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む