農ある生活

自然と共に、食べたい野菜を無農薬で作り楽しんでいます。

お盆のお供えのナスとキュウリ

2017-07-13 | 自然・日記



お盆のお供えにナスとキュウリで牛と馬を作りました。牛と馬の意味をしらべて見ました。
東日本に多く見られる風習でナスとキュウリで牛と馬に見立てて作られたお盆の飾りで「精霊馬(しょうりょうま)」と言うそうです。
お盆には先祖の霊が家に帰ってくると言われるため、その先祖をお迎えしたりお送りする乗り物として牛や馬を用意するわけです。
キュウリの馬で早く家に帰ってきてもらい、ナスの牛でゆっくり名残を惜しんであの世へお送りする意味があるようです。
今朝の畑のナスとキュウリはその雰囲気が出ています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人参の種蒔きに困っている | トップ | モロヘイヤの収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然・日記」カテゴリの最新記事