♪LUNCHEON MAT♪

力を抜いた毎日の幸せの形をお届けします
firstupdate2009.07.01

10/14豊後高田市で岬ガザミを食べてきました

2016-10-15 12:44:33 | 九州旅行記、2016

今日はいい天気
滋賀県では稲刈りはすっかり終わり、田んぼは綺麗に刈り終えていますが、
こちら大分県では、まだまだこれからの様子です
稲穂が重そうに垂れ下がり、稲刈りが今か今かと待っている様子はとってもホッコリします

又先週の阿蘇山の爆発的噴火で、大分市には火山灰が飛んできた為、道にはうっすらと火山灰が積り、
ふとした瞬間に、硫黄の匂いを感じます

きのうは鼻息荒く、フガフガと遊びに行ってきました

向かったところは、豊後高田市
大分市からは約2時間かかりました

途中、「真玉海岸」に立ち寄り、



「日本一の夕日」が見られる所を見学したけれど



まだまだ12時過ぎという事で、夕日は見られません
当たり前やね

2年前に行った「宇佐神宮」や、春に行った「昭和の街」を横目に着いた所は、



サン、ウエスタン

拍子抜けするような、小さな農海産物直売所です




中に入ると、渡り蟹の生け簀があります



カニの種類としては、「渡り蟹」ですが、ブランド名は「岬ガザミ」

まあ、ここのお店の人たちの商売けのなさと言いましたら、今時の日本では考えられないような愛想のなさでありました

注文の仕方もわからず、どうしたらいいかもわからない為、お店の人に聞こうにも、
目の前のお姉さんは、彼氏と長々と電話をしていて目の前にいるあたし達を完全無視

それならばと、違う人に声をかけても「ちょっと待って下さい」と言ったきりで違う事をし始めました

アララッと思ってたら、元気なオバサマ登場
「トイレ行ってたわあ」と言ってましたが、イヤイヤ煙草の匂いがシッカリしていました



蟹の値段は、グラム売り



こんな感じで生きた蟹の重さを測り、値段決定




こちらのセットが1500円で、蟹の時価の値段を上乗せというシステムだそうです
2人で7100円支払いしたので、一杯2000円という所です

すごく立派な大きいのがあったので、「これは一杯幾らですか」と聞けば、
5000円
やめておきましたとも




小エビのかき揚げは、アッツアツのサックサクで、ご飯は新米
上からかけるタレは、九州らしく甘いタレです
舌がやけどしそうな勢いです


豊後高田市は、そば処としても有名です




蟹のお味噌汁は、そりゃあもうたまったもんじゃありません
永遠に飲み続けられそうであります

お刺身は、右からカワハギのせごし、サザエ、ヒラメ



さあて、来ました来ました



「岬ガザミ」


去年の9月に佐賀県に行ったのですが、有明海で食べた「竹崎蟹」のあまりの美味しさが忘れられずに、もう一度食べたかったのです

佐賀大分旅行記9/25編


種類としては同じ「渡り蟹」
オスの蟹を頂きましたが、メスの蟹も是非食べてみたい所であります
もう一度行けるかなあ
行ってみたいなあ

サンウエスタン 豊後高田市

ああ、美味しかった
愛想のなさも、商売けのなさも、お店の拍子抜けするような小ささも、なかなかいいもんでした
お食事処は蟹を卸す商売のついでにしているようで、あたし達が食べている横で、大きな発砲スチロールにタップリ詰めて、
買っていく人が、ひっきりなしに来られてました
とってもいいお店でした

続く


人気ブログランキングへ




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/13ほうぼうの煮つけで夕ご飯 | トップ | 10/14ひょうたん温泉へ行って... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

九州旅行記、2016」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。