気ままに 이 노래

主に2AM・K.will・チェウシク・ユスンウ・BIA4・SEVENTEENについて気ままに書いてます。

C-フェスティバル2017、永東大路として大規模なパレード

2017-04-20 06:44:53 | SEVENTEEN

国内最大規模の都心の中の文化祭のCOEX」C-フェスティバル2017(C-Festival 2017、氏フェスティバル)」のテーマ公演プログラム「ドリームシアター(Dream Theater)」が来る6日(土)永東大路に一帯で開かれる。

ドリームシアターのプログラムが行われる永東大路で一帯は当日の深夜12時から市民に全面開放される。この日、市民は一日中無料開放された泳動通りでパレードチームと自由に似合うように風変わりな祭りの雰囲気を存分に堪能することができる。

ドリームシアターはC-フェスティバル2017のハイライトプログラムで、今回のフェスティバルのコンセプトである「都心の中の文化の遊び場(Urban Culture Playground)」にふさわしい豊かなラインナップを構成して祭りのクライマックスを華やかに飾る予定だ。ドリームシアターは共同主催である江南区地域住民をはじめ、国内外の有名ストリートアートアーティストと公演団のパレード、実力派ミュージシャンの公演まで、多彩な構成のラインナップで、プログラム全体を豊かに構成した。

6日午後5時30分から永東大路にあちこちでノンバーバル・パフォーマンスなどの華やかなストリートアートでプロローグ公演の幕が開かれる。また、コエックス東側広場特設舞台では、C-フェスティバル2017の広報大使に委嘱された人気アイドルグループセブンティーン(SEVENTEEN)がミニコンサートで披露する。

続いて、江南区地域住民とのマスコット江南石をはじめ、塩広告マーチングバンド、ファイアーダンスなどが参加するパフォーマンス型パレードが泳動通りを舞台に行進する。特に、今回のパレードのパーティーには、C-フェスティバル2017のために来韓したフランス代表の距離劇団「アップデートランスエクスプレス(Transe Express)」の超大型ストリートアート極が有終の美を飾るする。

「アップデートランス・エキスプレス」は、C-Festival 2017のテーマである「夢(Dream)」を表現した「天上のシンフォニー」で大型オブジェサーカス、オペラ石公演、パフォーマー緊急(飛上)演奏を大型クレーン3台が動員するなど、国内で見ることができなかった幻想的な方式の表現で、5月の夜の永東大路に一帯を舞台芸術の場に変貌する。

元記事

 今年は セブチがステージを担当するのね。

コエックス前の大通りが 通行止めになって歩行者天国になり 大きなステージが作られ

無料でコンサートも楽しめるイベント

私も このイベントにピ兄さんが出るってことで 徹夜で場所取りをしたっけ

あのころは10月だったので 昼間は暑いけど 夜は寒くて寒くて・・・

いまは春なのね。

5月でもよるは寒いだろうなぁ・・・(きっと徹夜で並ぶ人がいるはず)

リハーサル中に会場に入らせてくれて嬉しいんだけど スタンディングなので

コンサートが終わるころは もう歩くこともできないぐらい足の裏が痛くて 眠くて ボロボロだったっけ

いま、北問題と中国人団体ツアー渡韓する人が少ないらしい

しかも、韓国はGWは選挙らしいので 音楽番組もおお休み

さすがにGWも値下がりだしてるかな?

行きたいなぁ・・・。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キム・ジェウクにとって“人生... | トップ | ウヨンライブ Party Shots ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。