湖北 長浜城

2016年12月31日 | 日記

2016年も終わりますね。

考えてみると驚いたことに今年は一度も京都にはいりませんでした。

ここ十数年らいなかった事で自分でも珍しいなと感心しています。

 

一方では、滋賀の湖北を巡っているのですが・・・

表題と異なりますので、寄り道として湖北を書いています。

今年の最後もそのまま寄り道、湖北の中心都市になるのでしょうか長浜市。

 

駅を降りると、駅構内から長浜城を望むことができます。

秀吉の城主ということで、駅をはじめ秀吉ゆかりのものが数多く目につきます。

 

長浜城は開館が昭和58年となっていますので、その時の建設でしょうか。

エレベータも設置されたコンクリート建造物のようです。

中は資料館になっています。

展示構成で感心したのは、湖北地域のジオラマがとてもよく造られています。

地域の在り様がとてもよくわかります。

観光用のパンフも多くでているのですが、あのジオラマにはかないません。

撮影禁止ですが、あのジオラマはカメラに残しておきたくなります。

 

天守閣からは琵琶湖がとてもよく見えます。

案内板では、彦根城までも見えるようですが、私の目では捉えることができませんでした。

 

天守から眺める琵琶湖の対岸は安土です。

安土に城を築いた信長は、なぜ安土を拠点にしようと考えたのでしょう。

とても興味が湧くことですね。

 

では、皆さんよいお年を・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湖北 医王寺 | トップ | 湖北 長浜市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む