寺社巡りの原点 奈良慈光院

2017年03月21日 | 日記

奈良を訪れるのは9年ぶりかと思う。

一度見たいと思っていた二月堂のお水取りも無事見物する事ができた。

 

それにしても、奈良という町は観光誘致に淡白なところだなといつも感じてしまう。

観光タクシーの貸し切り料金も周辺の都市からすると高い料金設定のような気がする。

 

京都と違い、奈良の観光スポットは一つ一つの間に結構距離がある。

観光スポットを回るには路線バス、観光バス、観光タクシーとなるが、東大寺周辺ならば路線バスでもよいだろうが、その他のスポットを回るにはバスでは時間がかかる。

 

かといって、タクシーでは高すぎるとなると、自然とレピータが少なるのではないだろうか。

遺跡は京都よりはるかに多くを有してるが、この遺跡のPRも積極的にはされていないようである。

 

寺社の数は京都と同等の1810カ寺程度かと思うが、有名どころの寺社を除くと、公開しているところも少ないようである。

 

私が寺社仏閣巡りを始めて四十数年来になるが、その原点のお寺がこの奈良にある。

そうのうち、そのうちと、なかなか訪れる事ができないでいたが、今回ようやく四十数年ぶりに行く事ができた。

 

お寺というと、一般的には陰気臭いところとの印象がある。

私がお寺に持つ印象も当初(20代)そうであった。

 

ところが、このお寺を訪れた事でその印象がガラリと変わってしまったのである。

お寺というよりは、のんびりと時間を過ごす事ができる簡素な庵のような印象であった。

これを機に長年にわたる寺社仏閣巡りが始まったのである。

 

慈光院、ここがそのお寺である。

臨済宗大徳寺派の寺院だが、やはり山荘といった方がしっくりくる。

奈良市街を借景とした庭を持ち、本堂からの眺める佇まいは、京都の詩仙堂と通じるところがある。

このお寺、奈良市街からは遠く、大和郡山の近くになる。

しかも、それほど名を馳せているほどの観光寺院でもない。

そのため、運よくこのお寺に巡り合った人は、一応に好印象の反応を示す。

運よくというのは、個人では奈良通でもなければ訪れる事もないだろうが、実は奈良の観光バスで7時間コースの中にこの寺院の拝観が組み込まれている。

 

数十年ぶりの訪問であったが、残念なことに拝観時間があまりにも少なすぎた。

ここでは、拝観者にお茶をふるまうのだが、そのための時間が結構かかってしまう。

 

お茶がでるまでの間持たせとして住職が講和をするのだが、一度始まると時間通りには終わらないものである。

 

結果、拝観時間はほんの5分か10分程度で、バスに戻らなければならなくなった。

お茶はいらない、じっくりと拝観できる時間がほしかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良東大寺 お水取り | トップ | 奈良といえば 法隆寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む