Weekly IT OSEMI

コロンブスの卵

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

還暦という名の欲望

2010-02-08 21:38:10 | Weblog
 昨年11月に還暦を迎えた。その誕生日の一週間前に高校時代の同期会が開かれた。
 「還暦を祝う同期会」と題されたその集まりに出かけた。この日は高等部全体の大同窓会でもあり、1部がPS講堂でのクリスマス礼拝・2部が「還暦を祝う同期会」という流れだった。
 クリスマス礼拝‥‥礼拝じたい随分久しぶりのことだが、聖書を読み、牧師の説教を聞き、讃美歌を歌い、祝祷までの小一時間、ぼくは二階席の奥に独り離れて座り「あの頃」の自分と重ねるという自虐的な境地に入っていた。
 あの頃、ぼくは十代の後半であり今よりも自信家であった。身体も健康で若々しく、背中にかく汗が艶やかだった。腹には贅肉の代わりにきちんと筋肉がたたまれていた。そして何よりも性欲に発する欲望ばかりが体中を満たしていた。抑し難い恋のエネルギーがそれに司られているとも知らずに悶々としていた。席替えのとき、密かに好意を寄せていた少女が隣になったとき、彼女の視線と自分への反応ばかりが気になった。映画に誘った。スケートに誘った。いずれも、理由は忘れたが誘いは断られ、デートは実現しなかった。恋情ばかりが募り、虚しさがそれを覆っていった。成績がガタ落ちし、学業か恋かと真剣に悩みつつ解決がつかぬまま時間が矢のように過ぎて行った。
 「胸の中に秘めていた恋への憧れは、いつもはかなく破れて、ひとり書いた日記」
 礼拝のあと、ペギー葉山・秋光義孝カルテットによる[PS講堂ファイナル 想い出コンサート」があり、この「学生時代」を同窓生は斉唱した。それは、やはりこの校舎の「あの頃」の日々を想う歌以外の何ものでもなかった。
 隣に座った少女との失恋をへて、また別の少女への恋情が勃発すると、昨日までのあの悲哀はどこへやら消え、新しい恋へと心は満たされていくのだった。こんどは「恋か愛か」という形而上的な悩みもともない、汗臭い肉欲を欝勃させながら聖なるものへも憧れるというせめぎあいが始まった。
 振り返れば、すべてが青臭く単純で、今となっては二度と戻りたくはない時代ではある。しかしそれは「無かったこと」には決してできない。そうして、こうして、‥‥今にいたっているわけなのだから良しとしよう。そして「あの頃」の恋情の中枢に、ちょうど蛇が幹にからむように性欲の螺旋がであったことを想い、その構造が今も見え隠れする事実を強いて否もうとは思わない。
 還暦を祝う同期会には同期の20%くらいが集まっただろうか。かつての片思いやガールフレンドとも、今は還暦を迎えて元気に会えたことを素直に祝福しあい、互いにすてきなおじさん・おばさんになったことを讃え合った。集まった中には、まだまだはっきり色香匂う還暦オバンも脂ぎった還暦オヤジもいた。沈静なる紳士淑女もいた。どちらにも属さない還暦もいた。
 しかし、まだだれも涸れるには早いのだ。肉体と心とはまだそれほど離れていないのだ。幹をおおう皮の裏には、じっとり樹液がはりついている。たとえ巧妙に隠されていようが、それはそういう形でしっかり存在している。沈静なる紳士淑女も、その熱い欲望を必要とあらばマグマの荒々しさで噴出することだってまだできるだろう。ただその欲望はかつてのそれと同じではない。60年の疾風怒濤の末に練られた還暦という名の欲望なのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海を飛ぶ夢

2009-09-03 19:48:32 | Weblog
「海を飛ぶ夢」というスペイン映画をDVDで見た。船乗りのラモン・サンペドロは事故で首から下が麻痺状態になり、家族の世話になりながらも死を願うようになる。彼にとって「生きるために死ぬ」ことが意志としてしだいに完成されていく。愛した女性、ロサに言う最期の言葉‥‥それはやはり詩なのだ。
 忘れないで
 僕は君の夢の中にいる
 夜は君のベッドに横たわり
 愛し合おう
 今から約束しておくよ
 ‥‥ありがとう、ロサ
 心から感謝している

 首から上以外は自由が利かない彼は自力で死ぬことができない。だから彼の親しい者たちに協力してもらう。ただし、決して自殺幇助罪にならぬように、段階に分けて、少しずつ分担してもらう、それが死への協力であることを悟られないように。水で溶いた青酸カリのグラスにストローをさし、口に当てて吸い込む。海の上を海の中を彼は飛ぶ夢を見ながら息絶える。そしてまた、詩だ。

 裡なる海へ
 裡なる海へ
 無重力の奥底へ
 夢が眠る場所で―
 ふたつの魂は
 ひとつの願いを叶える
 ふたりの眼差しが
 静かに幾重にも重なる
 深く もっと深く
 肉体を超えて遥か彼方へ
 でも私は目覚め
 ひたすら死を願い
 私の唇は永遠に
 あなたの髪をさまよう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

送りびと

2009-04-12 21:53:00 | Weblog
去年の暮れに叔父を、この春に叔母を見送った。
お別れのとき「あるほどの菊なげ入れよ棺の中」という漱石の句を口ずさむ。誰にも聞こえないようにひそかに口ずさむ。口ずさみながら菊の花をその頬のわきに置く。母のとき、父のときもそうした。ゆかりのある人が亡くなるたびに同じ思いをたずさえながら送る。この春に逝った叔母は、母の妹。桜の満開を見ながら亡くなった。漱石の句とともに西行の歌もそえた。‥願はくば花のもとにて春死なんその如月の望月のころ‥これは私が送られびとになるまで続くだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙

2009-02-08 19:22:50 | Weblog
 先日、教え子の芝居を見に行った。年に2・3度は公演しているので時間の都合がつく限り出掛けている。「宇宙(そら)で待っている」というタイトルだった。宇宙を「そら」と読ませるのはいつごろから始まったのだろう。子どもの名前につけられる。「宇宙」という語から思い出すことがある。
 人生は夢‥‥小学4年のときそう思った。春、移動本屋が学校にやってきた。その中に「宇宙」という書名の古本があった。表紙に土星の写真が広がっていて強く魅かれた。
 帰宅するなり「宇宙」を貪り読んだ。ある悲しみにとらわれた。何よりも「光年」という時間の単位に打ちのめされた。夜空に見える星までの距離を想うと、今ここにいる自分の存在が、軽く薄く小さく‥‥芥子粒のように縮まり吸収されて消えてしまうようだった。そして、その微小さが罪のように感じた。
 宇宙という無限に近いものの中にいる微小な自分を認めることが頼りなく、比較する対象物にもならない。底冷えするような悲しさ。光線の中に分散しながら浮遊するあの埃の一粒にも満たない自分。
 夢の記憶は3歳くらいからある。夢は悲しみそのものではないが、それは空間を占める感覚や時間の経過の感覚とは無縁の「別な世界」にちがいなかった。ただなにかしらの感覚はたゆたっていた。かなしみは「哀しみ」かもしれない。いや「愛しみ」かもしれない。
 夢を見ながら、夢を見ている自分がわかることがある。それに気づいた瞬間、夢の向こうを垣間見ることはないか?ここまで来ると私は霍乱しはじめる。
 垣間見た奥の方は闇であり、さらによく見ると闇の中にまた闇があり、闇の入り口のような穴があいている。そこからどうやら風が吹き出しているようなのだ。それを私は「来て、去るもの」と名づけた。初めと終わりとをつかさどり、同時に初めも終わりもないもの。そうして私は「夢」を手に入れた。そのときから夢=人生になった。
 人生は夢、つまり時間の本質を示している。それゆえ、人生は無く、夢に吸収されて、無を有に、有を無にしている。そしてそれが「宇宙」のことだ。無比較の上に現れる宇宙のことだ。
 この問題はまだ掘り下げなくては、一般性も普遍性もないことはいうまでもない。具体的、現実的な事象をしめす方向として次回につなげたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S君の話

2008-12-05 22:27:06 | Weblog
S君は先ごろ健康検診、つまりメタボ検診に近くの病院を訪れた。寒い日だったので検診の最中尿意を催さぬようにと、出掛けにトイレは大も小もしっかり済ませてから向かった。既にアンケートを記入した検診表を受付に提出し、指示のあるまでじいさんばあさんに交じってペンチに腰掛けていた。まもなく名前が呼ばれ、検尿用の紙コップが渡された。「おトイレに行ってここの赤い線までためてね」と看護士に言われ、ウウッとなった。今済ましてきたばっかりでそんなに出ない、とは言えず、うつむきながらトイレに向かった。すでに同様の指示に従っている2人が背を向けてじょんじょろじょんじょろとやっている。S君も空いている便器の前に立ち、じょんじょろ‥‥とは行かず、しーこいこい!といった感じで尿意を呼び寄せた。20ccなんてむりだよ、10ccがやっとだよ、となんとか搾り出した。とりあえず事なきを得、手を洗おうと紙コップを蛇口の脇に置き、水を出した。乾燥機があり、そこに濡れた手を移動した。ブワーッと勢いよく風が吹き出したとたん紙コップが吹き飛び、床にカラカラ転がって中身をぶちまけた。S君は箱に入ってトイレットペーパーを引きちぎり後始末をした。トイレにいた2・3人の男が笑いをこらえているのか気の毒がっているのか判然とせぬ表情でS君のほうをちらちら見ていた。S君はそれからどうしたか?彼は同じ紙コップで果敢にも再挑戦を試みたのだ。すでに搾りきった段階なので尿意というものがない。ないにもかかわらず挑むS君の額には脂汗がにじんでいる。出ない、一滴たりとも出ない。箱に入り、これ以上ないくらいに集中力を凝縮してひとしずく、そしてまたひとしずくを待った。「Sさん、Sさーん」S君の名が呼ばれているのが聞こえる。おしっこ20cc出すのに10分以上かかる人がいるとは、誰も思わないのだろう。ああ、もれそうになってトイレに駆け込んだ時が恨めしい。あのもらしそうな気分の10分の1でもいいから今湧いてくればいいのに‥‥。結局、5ccもたまらず、S君は額の汗をふきながら、検尿台のはしにそっと紙コップを置いた。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

幻聴Ⅰ

2007-01-23 22:32:15 | Weblog
睡眠に入る寸前を自覚することが多い。睡眠に入った直後、最初の寝息で目を覚ますこともある。
鼾ならばそれを聞いたとたんほとんど飛び起きてしまうので続きを聞くことができないが、すーすーというあの寝息は眠ったままある程度は聞き続けられる。それは夢見の最中とは異なる時間の流れだ。覚醒していないので眠ったまま自分の寝息を聞いていると、なかなか気持ちが落ち着くのが感じられる。記憶にないので確信はできないが、もしかするとこれは胎児が羊水の中で眠っている感じと似ているのかもしれない。しかし、これは幻聴ではない。
寝息がぼく自身の発する呼吸音で、頭の内側に響いているのに対して、幻聴なるものは外界のぼく以外の何かからぼくの耳に届いてくる音声である。以前は寝入りばなが多かったので、自分の声や寝息と外界からのものとが区別できないでいたが、最近、確かにこれは自分が発していないものだということが生じている。その正体が何なのかはまったくわからないが、睡眠中にだれかがぼくに向かって発している声(?)がぼくの耳に届く。うなるような声、ささやくような声‥‥言葉ではないので意味が伝わらなかったのだが、一週間ほど前からそれが「言葉」としてはっきり聞き取れるようになった。
 最初に聞き取れたのは「ここか」という声で、仰向けに寝て伸ばされている左手の先のほうから発せられたようだった。次は、頭の左上からで「そうそう」というもの。いずれのときもぼくはゆっくり目を覚ましたが、不思議に恐怖も不安も抱かなかった。金縛りの状態でもなかったので緊張感もなかった。ただ‥‥そこになにかのいる気配はあった。
 目を閉じていても空中になにか白い靄のようなものが見える体験はないだろうか。そのような、半ば浮遊して形の定まらないものを臨床に感じることはないだろうか。そして、ついにぼくはもつと明白な言葉を聞いてしまった。
 「おはよう」と彼(?)は言った。ぼくの部屋のドアを半分開け、上体をこちらに向けて頭の上から‥‥さすがにぼくはぞわっとした。薄い衣に撫でられるように鳥肌が立った。
To be continued. 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よい初夢を見るために

2007-01-01 18:11:17 | Weblog
あけましておめでとうございます。
 縁起のよい初夢が「一富士二鷹三茄子」ではあるが、これほど日常的にモチベーションの低いテーマはないだろう。つまりこれらは初夢ばかりでなく、通常の夢にも現れにくい。また、ふだんのなんでもない日に富士山の夢を見てもありがたくもなんともないことになる。夢はすべて性夢だ、とかリビドーの発露だとか考えず、見たい夢、覚めて感慨深い夢のほうがよい夢なのだと思っている。
 初夢は元日の夜、つまり一月一日から二日にかけての睡眠中に見る夢をいうが、よい夢を見るためにはある種の準備が必要だ。準備とはあるイメージをいくつか抱くこと。あるイメージをあるシーンにあてはめて、プロットを築いていく。たとえばこんな風に‥‥
 適度な広さの庭がある。庭は白い柵に囲まれている。‥‥
 ぼくは胸あたりまでの高さのその柵にそって歩いている。白い板の柵は上部が三角にとがっていて10センチごとにきちんと並んでいる。その白さが朝もやの中を歩くぼの目にやわらかく繰り返される。庭には小さな池が真ん中にあってその周りには赤や黄色の背の低い花が可憐に咲いている。朝もやの中で、赤い花はピンクに、黄色やその他の色の花もみんな原色を薄めた色合いに咲いている。池の向こうに水色の椅子がふたつ並んであり、そのひとつに誰かがすわっている。女の子のようだがはっきりは見えない。
 ああ、ぼくは朝の散歩を楽しんでいたのだ。そして昨日の朝もここをこうして歩いていてあの水色の椅子に女の子らしい影が腰かけていた。それから‥‥とぼくはこれから起こることが徐々に「思い出されてくる」ことに気がつく。
 ここまでで充分だ。こうして目を閉じれば、この続きが始まることがわかるから‥‥
 こうしてよい夢の世界が広がっていく。その中に自身を侵入させ、たゆたい漂うままにまかせることで自然に夢が進行していく。風景や少女やほかの人や生き物が視野を延ばせば映像として、その細部まで見えてくる。声や音やにおいまで五感に届いてくる。
 ぼく自身がその中で行動するとき、それを見るぼくは遊体離脱も体験できる。夢の中で動いているぼくとそれを眺めているぼく、そしてベッドに横たわって夢を見ているぼく自身さえ見ることができる。いくつもの世界を行きつ戻りつ、自由な時空間に遊ぶことができる。これが夢の醍醐味である。
 もしよかったら、今夜ためしてみるとよい。きっと思い通りのよい夢を見られるから‥‥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベタな感傷だなあ

2006-11-29 22:01:26 | Weblog
学習塾だから毎年受験に立ち向かわなくてはならない。
30年以上、毎年毎年この時期を繰り返している。
中3は入試2ヶ月あまり前のこの時期(推薦入試は1か月~1か月半前)になってやっと自覚し始める。それでいいと思う。半年も前から入試を前提に緊張し続けたら大事な時期にたるんでしまうことのほうが多いからだ。
今からでいい。今からでいいから、気合を入れて毎日まじめに前進してほしい。
十五歳が頑張るのだからあたたかく見守りたい。
それでも個人個人の事情はあるだろう。気力がくじけそうになる、環境や人間関係だってあるはずだ。十五歳はそれらに左右されながらまだまだ小動物のようにか弱くなることもある。それでいい、できることをできる範囲でやればいい。無理っぽかったら無理だと言っていい。そっとそうささやいてくれ。
倒れるまで走り続けるな!倒れそうになる予感が迫ってきたらすぐに休め!
そんな思いを抱きながら今年も暮れていく。もう12月‥‥ぼくのエネルギーはまだ活用できる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子とライヴ

2006-11-10 17:08:22 | Weblog
息子の名は「那由多」‥‥先月末の2日間ライヴをモノした。1日目は青山で、2日目は調布で。調布の方を父は聴きにいった。地下のプール状のステージでオーディエンスは演奏を見下ろす格好になる。ヴォーカルいっぱいのジャズ。サンバ、ボサノバ、ポップス系、Fly me to the moon みたいなスタンダードジャズまで楽しそうに演奏していた。ギターの那由多をはじめ、みんな音大ジャズ科の学生だが、プロの先生も交じって迫力を増幅させる。
クラシックでもジャズでも、音楽は身に合っている。その中につかりたくなる。1週間前、細君のフルートの発表会で私はピアノの伴奏をした。ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」‥‥まあまあだった。椅子に座るときピアノに頭をぶつけた。痛かったが耐えて伴奏した。小さなコブができた。
ピアノを弾く。チェロを弾く。ときどき執筆する。‥‥すべて仕事の合間だが、ここんとこ仕事が密でなかなか時間がとれない。
もうコブはひいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘンな男

2006-06-08 17:38:01 | Weblog
 ヘンな男に会った。塾の前をうろうろしていたその男は四角い顔で黒ぶちメガネをかけていた。全体的には臼のような体型だった。「電波‥‥電波ですよね」とつぶやいていた。ぼくと目が合った。が彼はぼくを見ていなかった。
 2年前のことだ。塾の事務室で答案の採点をしていた。夜の10時半をまわり、塾生が帰った後だった。階段をドシドシ駆け上ってくる音がしたかと思ったら、一人の見知らぬ男が事務室に走りこんできた。採点をしているぼくの机の横に来て、急停止し壁にかかっている時計を見上げて「はあはあ」とあえぎはじめた。あまりに異常な事態にぼくは驚き、机から飛びのいて事務室の入り口に避難した。ヘンな男はメガネをかけていず、臼みたいな体型でもない。むしろ逆で、彼は細身でなかなかの美男子だつた。ちょっと長髪で、前髪が何本か右目にかかっている、一見文学青年だった。あえぎ続けているので、それが性的興奮状態なのかといぶかった。下半身をそっと見た。異常なし。手の動き、両手が「きをつけ」の位置にある。異常なし。目の表情‥‥これは完全にイっていた。しかしよだれとかは垂らしていない。それにしてもこれが性衝動だとしたら、なぜ掛け時計?「はあはあ」というあえぎ声は勢いを増して「ああああ」という叫びに近くなってきた。長身なので猫背の姿勢になっていたが(マア江頭っぽい姿勢と思ってくれれば当たっている)凶暴さは全然感じられない。ぼくはしばらく観察していたがいつまでもあえぎ続けているので飽きてきた。で、背後にそっと近づいて「もしもし」と声をかけ、肩をたたいた。反応なし。ここまでのことはいいから、もう引き上げてくれ、と思った。両肩に手をかけて「さあ帰りなさい」と出口のほうに体を回転させた。後ろから押すように歩を進めると、するりと逃れてもとの位置に戻ってまた同じ行動を始めた。時計がよっぽど好きなんだ。‥‥と、名案がひらめいた。ひょっとすると‥‥ぼくは事務室の灯りを消してみた。成功!彼はゆっくりきびすを返すと夏の虫のように灯りの点いている隣室に移動し始めた。よしっと心で叫ぶとぼくは隣室の電灯も消した。彼は行くあてを失いふらふらと廊下に出た。あとは階段の電灯だと思いながら‥‥失敗だと気づいた。あと一つの電灯を消してしまうとここは真っ暗になる。もしパニくったりして階段を踏み外したりしたら大怪我をさせてしまうだろう。だめだ、危険だ。
 ぼくはあきらめた。元通り各部屋の電気を点けたのだ。ヘンな男は夢遊病者のように元の位置に戻り、掛け時計を見つめながらまたあえぎ声を発し始めた。参ったなな、と思いながらケータイを取り出した。110番することにした。
 ほどなくパトカーのサイレンが響き、警察官が二人やってきた。ぼくがヘンな男のいる方を示すと、警察官は背後から男の両脇を押さえ「あんた、ひとのうちで何やってんの!」と言い、"保護"した。男はあえぎをやめたが「いやあいやあ」と叫んだ。ぼくには「ひやあひやあ」と聞こえた。気の毒なほど力ない叫び方だった。男はは駄々っ子のように床に腰をつき寝転んでしまった。なんだか悲しくなった。でもしょうがないんだよ、と男に伝えたかった。
外に出ると、パトカーのサイレンとライトの点滅に気づいた野次馬が集まっていた。顔見知りの者も何人かいた。ぼくに「どうしたんだ?」と聞き、「イヤちょっと‥‥」と言葉を濁して、ヘンな男に目をやった。彼はパトカーの後部座席に押し込まれるところだった。うつろな目を泳がせていた。‥‥被害届け、出しますか?‥‥乾いた声が聞こえた。「いいえ」ぼくはバインダーを広げている警察官に答えた。「じゃ、ここに署名してください」
ぼくは思い出していた、さっき隣室に移動させようと彼の背中を押したときの感触を。肩甲骨が浮き出ていて細い肩だった。パトカーが彼を連れて去り、あたりがもとの静寂に戻ったとき思った。生きるってときどき、なんだかかなしい。このかなしいは「愛しい」に近い‥‥と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加