ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

ルイヴィトン リバーシブルベルト修理

2017-08-09 08:44:48 | ルイヴィトン修理

ルイヴィトンのリバーシブルバックル修理です。
リバーシブルは連結部分の故障が多いです。
折れたり、はずれたりと。
プレーンなバックルの方が故障もなく丈夫なのかもしれません。


まずベルトをはずして分解するのですが、
ルイヴィトンのこのネジは抜け落ちないように固着させてあって、
しかも真鍮素材なので気をつけないとネジ頭を舐めてしまいます。
弊社では私が作った専用のビットを使って、インパクトドライバーではずしてます。
普通のドライバーだとたぶんネジをダメにしてしまいますし、
頭を壊してしまうともうはずすことはほぼ出来ないので、
ご自分で作業する方は注意してください。
たまに、その状態で修理依頼来ますが、作業できないのでお断りしてます。


このネジです。
先っちょに何か塗ってあるのが固着剤です。
ワッシャを使わないので、なにもしないと緩んでしまいます。


分解できました。
折れたネジを下のステンレスのネジに代替します。
鉄だと汗で錆びるので、いずれリバーシブルが廻らなくなってしまいます。


タップでネジを切りなおしてます。
折れて残ったネジの除去も必要です。


修理できました。


これも同じく、ルイヴィトンですが、こちらは訳有りのベルトです。


めっちゃコバ塗りとかはみ出てますしw


このバックルも分解です。
作りが良くないので、固着もされてませんし、ドライバーで簡単にはずせます。


折れた部分です。
バネまで折れてます。
材質が粗悪なのかのしれませんね。
そのそもバネ用の鋼って粘性があるから、折れにくいんですがね。


修理できましたが、見てください。
バックルをベルトを留める中間パーツと言いますが、幅が違いますw
段差がありますw


正面だと見えないですがね。


修理受付は、メールかLINEのみになります。
お電話では状態が確認できないので承れません。
毎日何本かお電話あるのですが、すべてお断りしています。
また、突然、持込でいらっしゃっられても、直せない、作れないものもありますので、
こちらもご遠慮ください。
必ず事前に画像を送ってからいらしてください。

8月11日から16日は夏季休業となります。メールはおそらく返信しません。
LINEだと、スマホ持って歩いているので、気まぐれで返信するかもしれません。


伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku





ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TUMI ベルト修理 | トップ | ルシアンペラフィネ バック... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。