ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

グッチベルト修理

2017-03-30 08:09:57 | グッチ修理

グッチの修理を2点ほど。
まず最初は、ベルトの貼り合わせが剥がれてます。
ステッチ入ってないので、剥がれますよね。
欧州製のブランドもののベルトに多い作りです。
車とかで良く言われる、気候の違いで壊れるとか、そんなのじゃありません。
まあ、それも本当かどうかわからないですけどね。
接着してミシンを入れていないベルトは、汗や皮脂の影響で接着剤が溶けるので、
それも1カ月とか短い期間ではなく、何年というスパンで徐々に溶けます。
あと、革自体も脂を含んでますしね。
使ってなくても長い年月で同じようになることもあります。


可能な限り、ミシンを入れて補強しました。
ベルト通しが縫い付けてあるので、この近辺だけはミシンを入れられません。


装着時はこのような感じになります。



こちらは奈良県のお客様から、バックルがはずれてます。
これも気候の?いや、機構のせいですね。


足りない部品は作って修理完了です。

4月より、若干、修理代金見直し予定です。
よろしくお願いします。


ベルトの修理は、口頭ですと、こちらも故障の状態が把握できないので、
メールかLINEでのお申し込み、見積もり依頼をお願いしています。
お電話いただいても、画像を送ってくだいさいという回答しかこちらでもできませんので、必ずメールかLINEで、画像を添えてご連絡をお願いいたします。
お電話での受け付け、見積もりはお断りしています。

お引き受けできるのは、メールかLINEで画像を送れる方、
ご連絡の取れる方のみとなりますので、ご協力お願いいたします。



伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku


ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トレンチコート バックル修理 | トップ | エルメス ベルト穴あけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。