ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

ベルト補修

2017-06-20 08:49:33 | ベルト

2本まとめて修理依頼をいただきました。
バックル廻りの糸がほつれてます。
留まってないので、ほっておくとどんどんほどけます。


もう一本です。
こちらは最近多いのですが、傷んできたのでどうにかならないか?
というご依頼です。
夏になってくると、ベルトを露出する機会が増えますから、
気になってきますよね。


バックル廻りと背中廻りが傷んでます。
このくらいなら補修できます。
ただし、黒に限りますがね。


まずは糸止めです。
糸をぬい直して、糸留めの処理をします。
これは簡単なんです。
方法は内緒ですが、ベルト屋さんならだれでも知ってます。


きれいに補修できました。
あくまで補修で傷んだ革は生き物のものなので、決して再生はしないです。
が、見た目を少し良くする程度なら可能です。
傷み方にもよりますがね。
早めのご相談がお勧めです。
もちろん黒でも革質によって違いがあるので、
個別にお見積りになります。


ベルトの修理は、口頭ですと、こちらも故障の状態が把握できないので、
メールかLINEでのお申し込み、見積もり依頼をお願いしています。
お電話いただいても、画像を送ってくだいさいという回答しかこちらでもできませんので、必ずメールかLINEで、画像を添えてご連絡をお願いいたします。
お電話での受け付け、見積もりはお断りしています。




伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2
LINE ID:itokinzoku

ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルティエ ベルト修理 | トップ | ベルト バックル修理 FENDI... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。