ベルト・バックル 修理 伊東金属製作所

革ベルトやバックルの修理、革漉き、型抜きその他、幅広く紹介して行きます。

フェンディ ベルト修理 FENDIバックル

2016-11-02 12:04:52 | ベルト

京都のお客様からの修理依頼品です。

ネジダボはずれてしまったようです。
ただ、この部分、どうも半田で付いていたみたいです。
そのあとにメッキしてるので、メッキしてしまうと、今度は半田をはじくので、
半田付けはできないですね。
さて、どうしたものか。


少々思案しながら、まずはネジの径とピッチを確認するためにダイスに入れてみます。


そしたら、こっちもはずれるんですね。
ビックリしました。
ネジロック剤が入ってますから、それではずれにくかったんですね。


ベルトの穴も追加したようなので、こちらも修正が必要ですね。
でないと、直してもまた壊れてしまいます。


使っている穴に切り込みを入れて、スムースにはずれるように修正します。
これがされてないベルトって多いんですよね。
壊れる原因としては、かなり多いのですが。


真鍮板にネジを切って、バックルに取り付けました。
樹脂で固着を一晩待ちます。


修理完了です。


間をのぞけば、真鍮板が見えますが、ここから覗く人もいないでしょう。
装着時にはほとんどわからないと思います。


こういう状態なので、装着してなくてもわからないですね。


ベルトの修理の見積もり依頼は、メールかLINEで、
画像を添えてお願いいたします。
たとえ穴あけやカットでも、画像をみてお話した方が、
より的確なアドバイスや提案ができると思います。
平日のみとなりますが、直接いらしていただいても結構です。
穴開け程度でしたら、その場ですぐに作業いたします。
ただ、留守がちなので、いらっしゃる際には、事前にご連絡お願いいたします。


03-3886-6271
伊東金属製作所
info@itokinzoku.co.jp
東京都足立区足立2-34-2


ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルバンクライン バックル修理 | トップ | GG バックル修理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。