ネットビジネスで夢を叶えて凄く豊かになる為のブログ

アフィリエイトセレブ ネットビジネスでとっても豊かになる方法

フィードマティック【要確認】特典を付けて紹介する前に気付いた新事実

2016-06-07 14:27:49 | ツール

伊藤です。


いつも購読有り難うございます。

本日は、ツイッターツールの代名詞と
呼ばれている、フォローマティックという販売者が
打ち出した、フィードマティックというツールについて、
少し触れたいと思います。

フィードマティック


販売者名義    株式会社マニホールド・ナレッジ
住所       北海道札幌市北区北19条西6丁目1-15 キングパレス3F

インフォトップでは、
発売前から、数多くの
広告が、ピカピカしていました。


とりあえず一通りの流れを
見る事にしましたが、
確かに、これなら十分に稼ぐ事が
できそうな印象を受けました。



ただ、本音で中身を見る限りでは、
稼げる印象は、十分にありました。



もう私は、「フィードマティックを売ろう」と思った矢先に
ある商品の存在を知ったのです。


その商品と言うのが、神龍というものです。



色々と調べると、
「神龍という商品より劣るもの」
「神龍の方が優れている」といった
記事を読んで、実際に、この神龍が
どういうものなのか?を リサーチしました。



紹介する上でのリサーチは、とても大事です。



ちょうど、こちらにもある、神龍とは、
この商品のようです。


神龍と呼ばれる商品



どうしようか?と悩んだ所、
色々なサイトを見て、
こちらのサイトで購入をしてみました。



小西和夫さんの神龍のレビュー記事



そして内容を読むだけでなく。
設置も行いまして、ノウハウと
サイトの機能を見直してみました。


そして今回のフィードマティックを改めて
立ち上げてみました。


そして私が出した結果を
正直に書いていきます。

フィードマティックよりも神龍が優れている話は、事実なのか。



率直にコンテンツやノウハウ面では、
神龍はPDFですが、相当手が込んでます。


ノウハウもしっかりしているし
アンテナサイトで稼いでいるだけの事は、
確かにありますね。



ノウハウ面を総合的に見ても神龍がフィードマティックよりも上です。


フィードマティックの場合は、アンテナサイトのような
ノウハウでありながらも、受け皿となるサイトや
ノウハウの方向性が、何なのか分からない。


とりあえずツイッターに自動投稿して
誘導したサイトで報酬が得られれば良いといった具合。


神龍は、アンテナサイトというジャンルで
そのサイトで稼ぐ為、大きくする為のノウハウです。


ここは、大きく違うと感じる部分でした。



続いては、ツールそのものの比較です。



初心者には、楽なものが良いですが
どれだけ楽であろうと、機能に対しての効果が
幾ら、楽で簡単と言っても意味が無いのです。


尚、やる事は両方とも同じで
RSSを取り入れて自動更新させるというのが
第一段階で、後は、ツイッターと連動させる事。



これにより自動更新するという部分と
サイトに広告を貼っておけば報酬になるという点も
確かに頷ける部分でもありますね。



ただ、その自動更新されるサイトが
フィードマティックでは、テンプレートは共通テーマ。


神龍では、オリジナル機能を実装したツールであり
訪問者を意識したデザイン、構成になっています。



こう見るだけでも 明らかに神龍が上回っています。



他も幾つか試しましたが
初心者目線で見ても神龍が上回っています。



ただ、これは、稼げる稼げないよりも
仕組みそのものでのランク付けですが
結論としては、その仕組みの良いものから
報酬に結び付き易くなる事は、間違いない筈です。



実践検証は、後日にやりますが
現時点の感想は、このような流れです。



今から、それぞれ別のサーバーに移動して
どちらが稼げる率が高いのかを試してみます。



【追記】


初回の報酬段階では、似たようなものになります。

ただ、長期的な意味で1ヶ月、2ヶ月という期間を
踏まえると恐らく神龍の方が伸びるという事が
かなり明白に出てきました。



フィードマティックを買うか悩んでいるなら
「神龍を手にした方が良い」という点も頷ける部分です。


追って詳しく解説していきます。

しばしお待ちを。


伊藤でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初心者がアフィリエイトで稼... | トップ | 横田裕行 バイナリーオプシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。