ネットビジネスで夢を叶えて凄く豊かになる為のブログ

アフィリエイトセレブ ネットビジネスでとっても豊かになる方法

葉山直樹の株式会社MTSの間違いだらけの倒産、破産 廃業の話題について

2015-11-12 01:22:48 | 話題

伊藤です。


いつも購読ありがとうございます。


本日は、MTSが倒産したという話題について
書いてみます。

株式会社MTSが倒産した?葉山直樹


少し遡りますと
株式会社MTSが打ち出していたものは


石倉将紀 SRM

エスカレーター式収入急増システム

メルマガZERO

川口貴史 スーパー転売ビジネス

プラチナゾーン

超絶がら空きビジネス

転売ダイナマイト

オート収入発生システム



などなど。
中でも炎上したものと言えば
奥野晃一の2モードアフィリエイトというものも
有名です。


既にネット掲示板でもレスが立ち上げられており

生活に困窮している皆を食い物し、如何にも稼げるようなローンチを繰り返し、
フタを開けてみればサポートどころか、追加商材の宣伝ばかり。
ツイッターにはフォロアーがいなければ始まらないのに、自分で集めてくださいだ。
実際に奥野に会えると言いながらびびっているのか一切の案内はない。


このようなクレームも四方八方から出ている様子でした。
散々楽して稼げると誇大広告をばら撒いていたにも関わらず
自分自身が倒産する時点で、「過去の話は嘘」と断定付けるのと同じ事です。



計画倒産という話題もありますが、
この倒産によって信用は著しく低下して
葉山直樹さんがこの業界に復帰しても
「誰も信用しない」という結果になるでしょうが、
今度は、「葉山直樹が再起したノウハウ」という事で
劇団ひまわり並みの演出を狙っているかもしれません。



だからこそ、破産手続きを行わなかった・・・とも考えられますね。

 


だから、今後ドラマのような演出をする可能性は、ありますね。

 

ただあくまでも、可能性としては、本当に資金繰りで
パンクしたケースも考えられますし、計画倒産という路線も
考えられる話です。

 

株式会社MTSは計画倒産なのか?


どちらにしても会社の負債と葉山直樹の資産は別物です。


だから会社がもしも破産しても、葉山直樹は払わなくて良いので
高額コンテンツの返金も無理、サポートも放置の可能性大。
そして、ジョイントしていた人も報酬が受け取れない等の問題も出てくるかもしれません。



まだまだ今後の動向が気になりますが
私が気になるのは、株式会社MTSの商品を購入された人達です。


まさか与沢翼氏のように「秒速で復活」という
ストーリー作りの為の演出かもしれませんが
MTSの商品を買われた方が、どのような被害を被るのか。

これが気がかりです。


本来であれば5年間は、この手の高額案件は返金ができます。


MTSの商品は、誇大広告もあったので返金可能なものが多いです。

 

分割決済も、騙されたと思えば2度目以降は支払を止めれば何も問題が無いのです。


ここで多くの人が一致団結して返金請求をして返金が出来なければ
今度は訴訟という形にもっていく事が可能です。


まず、この廃業、倒産により、「今までの情報は嘘だった」が裏付けられるし
事実、稼げる情報ばかりなら葉山直樹が取り組んで稼いでいけば良いだけの話なのです。




にも関わらず廃業、倒産という時点で嘘が裏付けられます。

 

 

多くの人は、「稼げる情報じゃなかったのか」となる筈です。




過去5年以内に葉山直樹のMTSの高額案件を買われた人は
一度、集中的に返金請求を行うべきです。


尚、破産手続きが行われない限りはお金は回収が可能です。


個人と法人は別人格でありながらも、今回のようなケースの場合は
過去の裁判事例を見ても、「本人や役員 個人の財産からも支払う
必要性が出てくる」と言えます。


好き放題、誇大広告を並べて煽り売りしていた割には
最後のオファーは、ロボットだったので、よほど厳しかったのかも
しれませんね。



どちらにしても株式会社MTSの商品が、稼げない情報だった事を
裏付ける唯一の内容でもあり、稼げるものなら、MTSがその情報を
取り組めば、支払を賄えるし廃業にする必要も無くなる筈です。



「畳めば終わりになる」という安易なものではないという事です。

 

私は、一人でも多くの方が、今回のMTSの倒産や廃業により
商品を買われて、「ガッカリした 騙された」と感じてる人こそ
「畳めば終わりになる」を実現させてほしくありません。

 

今、葉山直樹のMTSで出てきたオファーを払った人も
保証の余地、サポートの保障も、今後が分からない状態です。

 

だからこそ、「今立ち上がる時」だと思いますね。

 

あともう一つ、今支払能力のない事が事実なら、
過去に打ち出していたオファーなどに返金規定があれば
それを逆手に取り、支払したお金を回収する事も、今なら可能です。

 

本格的に破産されれば返金までの時間も掛かりますし
費用もかさみますが、破産に至ってない、今だからこそ私は
チャンスじゃないかと思うのです。

 

まずは、10万でも20万円でも返金してもらった そのお金で
一瞬でこれを手にすれば差額のお金も回収できる筈です。

 

100万円超えも事実出ている、固いノウハウです。
返金保証も固いもので 成果の数や額は、情報商材の世界を
飛びぬけている教材です。

http://blog.goo.ne.jp/itojyunji/e/6cbb4a1c4b013c1569920652a6635a5c

 

こんな教材が、ここまで激安で購入できる上に、そして7桁と言わず月50万円でも
伸ばせる事を踏まえれば、戻ってきたお金の一部を使う事を拒む理由は、無い筈です。

 

文章力が無くても これなら7桁目指せる、優良教材です。

 

是非参考にしてください。

それでは、伊藤でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村直人のドバイ大富豪のビ... | トップ | 黒田弘のバズ億アフィリエイ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (織田)
2015-12-18 18:09:07
>分割決済も、騙されたと思えば2度目以降は支払を止めれば何も問題が無いのです。

こうやって支払いをしない犯罪者のせいで倒産したんでしょう。
支払い義務を放棄した犯罪者や返金詐欺師はどんどん訴えられる方向になってきますよ。
これまでは起業家が儲かっていて、詐欺師を訴えても賠償金が対してとれないから無視していただけ。
いまは儲からない起業家が増えてきたから、少しでもお金を取るために訴える人も増えてきます。
販売者よりも購入者に詐欺が多いのは稼いでいる人の中では常識です。

こういう情報を配信していると、いつか怖い思いをするかもしれないので気を付けた方がいいですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。