伊藤ファミリーBLOG

「緑のgoo!」のテンプレートに変えてみました!
(注:コメントスパム・TBスパムは予告なく削除させていただきます)

【COGHCC聖書通読】 2017/03/20

2017-03-20 16:25:17 | 一日一章・聖書通読日記
歴代志下 17:1-5
「アサの子ヨシャパテがアサに代って王となり、イスラエルに向かって自分を強くし、 ユダのすべての堅固な町々に軍隊を置き、またユダの地およびその父アサが取ったエフライムの町々に守備隊を置いた。 主はヨシャパテと共におられた。彼がその父ダビデの最初の道に歩んで、バアルに求めず、 その父の神に求めて、その戒めに歩み、イスラエルの行いにならわなかったからである。 それゆえ、主は国を彼の手に堅く立てられ、またユダの人々は皆ヨシャパテに贈り物を持ってきた。彼は大いなる富と誉とを得た。」

アサの子ヨシャパテは壮年期と晩年の両方の父の姿を見たからでしょうか、父祖ダビデの道すなわち神様を熱心に求め、その戒めを堅く守る信仰に根ざした人生を歩みました。またユダの国防を強化して要塞都市に守備隊を置き、敵国からの守りを固めました。それゆえ主はヨシャパテの治世を守り、大いなる富と誉を得させました。今日の私たちにとっても、信仰に堅く立ち、サタンの攻撃から心を守ることは最も大切なことです。

http://bible.com/81/2ch.17.1-5.ja1955

*****

歴代志下 17:6-9
「そこで彼は主の道に心を励まし、さらに高き所とアシラ像とをユダから除いた。 彼はまたその治世の三年に、つかさたちベネハイル、オバデヤ、ゼカリヤ、ネタンエルおよびミカヤをつかわしてユダの町々で教えさせ、 また彼らと共にレビびとのうちからシマヤ、ネタニヤ、ゼバデヤ、アサヘル、セミラモテ、ヨナタン、アドニヤ、トビヤ、トバドニヤをつかわし、またこれらのレビびとと共に祭司エリシャマとヨラムをもつかわした。 彼らは主の律法の書を携えて、ユダで教をなし、またユダの町々をことごとく巡回して、民の間に教をなした。」

心から主を求め、主の道に歩むことにより平安と祝福を得たヨシャパテは、心を励ましてユダの国から偶像の神々を取り除きました。更にヨシャパテはユダの全国民が律法を正しく理解できるように、民のつかさたち、レビ人たち、祭司たちをことごとく町々に遣わして、主の教えを広めることに注力しました。私たちが主の道に熱心に励む上で、主の御言葉を学ぶことにも熱心に取り組み、神様の御心を正しく理解した上で、伝道や奉仕に励むことが何よりも大切です。

http://bible.com/81/2ch.17.6-9.ja1955

*****

歴代志下 17:10-13
「そこでユダの周囲の国々は皆主を恐れ、ヨシャパテと戦うことをしなかった。 また、ペリシテびとのうちで贈り物や、みつぎの銀をヨシャパテの所に持ってくる者があり、またアラビヤびとは雄羊七千七百頭、雄やぎ七千七百頭を彼に持ってきた。 こうしてヨシャパテはますます大いになり、ユダに要害および倉の町を建て、 ユダの町々に多くの軍需品を持ち、またエルサレムに大勇士である軍人たちを持っていた。」

ヨシャパテのみならず国民すべてが主の戒めを守り、その教えに聞き従い、御言葉を正しく学んだ南ユダ王国の取り組みに、周囲の国々は主に対する恐れが生じてヨシャパテと戦うことを避け、むしろ貢ぎ物を携えて和解する道を選ぶほどになりました。人々が心を一つにし、国を挙げて全き心で主に従うならば、誰一人として敵対しうる者はありません。主にある一致と、主に対する熱心がもたらす平和と祝福を、私たちもまた体験させていただきたいと願います。

http://bible.com/81/2ch.17.10-13.ja1955
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【今日の聖句】 2017/03/20 | トップ | 【今日の聖句】 2017/03/21 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。