コンサルタント伊藤のつぶやき

コンサルタント活動を振り返り

私にとっての幸福。あなたにとって幸福とは? 

2018-01-29 12:37:51 | 日記
先日、「幸福・価値観を考える」研修を企業で実施しました。
私自身もこのような研修は初めてです。ヒューマンスキル研修として、コミュケーション、リーダーシップ、
さらには、キャリア開発研修等を多く実施していますが、社員のモチベーション低下の理由として、自分自身の幸福感、価値観が
同僚、上司、管理職、経営者と相違があり、これを明確にし、課題を改善しようとの考えから、このような研修を実施しました。

幸福とは人それぞれであり、基準も違いますが、幸福を呼び込む姿勢、毎日の大切さ、さらには他者との関わり、感謝の気持ち、自己を理解し、
自身の信念、価値観に気づくことの大切さなどをお話しさせていただきました。

毎日を幸福に過ごすため「今」をどう感じ、私自身も含め、どのように「今」を過ごすことが良いのでしょうか。

私の心がけていること、1つ目は、ネガティブ的な思考とポジティブ的な思考とを意識することです。

本来、人は命を守るため、危険な状態を察知した場合はネガティブ的な思考が強くなります。
戦国時代は命を守るために、絶えず、刀をわきに置いて寝るとか、ネガティブ的な思考をもった武将が多くいたと考えられます。

先日もボクシングミドル級世界チャンピオンの村田諒太選手がテレビで、自分の弱さなどのネガティブさと向き合い、
それをプラスに変えていくことの必要性をお話しされていました。ネガティブ的な思考もそれをプラスに変えていくことが出来れば、非常に有効だと思います。

一方、ポジティブ的な思考も大切です。失敗してもくよくよせず、視野を大きく持って、チャレンジする気持ちを捨てない事。
多少、給料が他社、他者より低くても「スキルを身ににつける」努力、数年後の目標に向かう努力など、自分を卑下せず、前向きに考えていくことが大切だと思っています。

要はネガティブさを持ちながらもポジティブ的な思考を持つことです。
このバランスが崩れ、ネガティブさが強くなると「うつ」、ポジティブさが強くなると「能天気」になる可能性がありますが、
どちらも会社に勤める者としては、マイナスになります。

ポジティブ的な思考を持つために、私が実践していることは、運動と感謝です。
運動はジョキングが主ですが、仕事での失敗、人間関係などのストレスを走ることによって、気分転換しています。
また気分転換するだけでなく、「息」を切らせるほど走る、心拍数をあげる練習もしています。

理由は、マラソン大会へ出るための練習、運動能力の維持でもありますが、これを実践することにより、新しい脳細胞を作り、脳の活性化にもつながるようです。
これは、医学的にも証明されているようで、アメリカでは、学業の成績をあげるために心拍数をあげる運動をしている高校が増えているようです。

また、寝る際には、私の周りの方々を思い出し、感謝することを心がけ、さらに今日の良かったことを思い出すことにしています。
これも脳内でポジティブな神経ネットワークが形成され、ポジティブな脳に変化し、脳の活性化につながるとのことです。

最近、うつ病が多くなっていますが、運動と良い事に感謝する習慣をつけるとうつ病の改善にもつながるとの研究結果もあるようです。

私の心がけていること、2つ目は、自分の幸せの選択肢を増やすことです。お金を稼ぐことは非常に大切です。
しかしながらお金を限りなく追及していくことは私にとって、必要なのだろうか。

こればかり追求するのでなく、自分の価値観、趣味、家族、交友、体力の向上、精神面の充実、知識の必要性などなど、
幸福は「総合的なもの」であるとの考えをある時、気づきました。

モチベーション理論としても有名なハーズバーグの衛生要因というものがありますが、仕事の不満足に関わるの「給与」などは、
これらが不足すると職務不満足を引き起こします。
しかしながら満たしたからといっても満足感につながるわけではない。単に不満足を予防する意味しか持たないという理論です。

私もこのような考えに大賛成です。自分にとって、必要なことの選択肢を増やし、ここに喜びを感じる。
このような生き方を目指したい。そのためには絶えず「自分とはなんだ」との自己問答を繰り返すことが必要との認識を持っています。

最後に研修でも良く話をしますが、


腹立てず、心は丸く、気は長く、おのれ小さく、人は大きく。

一休さんのこの言葉を噛みしめ、今後も頑張っていこうと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職場活性化事例   新幹線お掃除劇場

2017-11-08 17:01:46 | 日記
前回は、脳をどのように「快感」にさせるか、そのために「ねぎらい」の言葉をかけることの必要性についてお話をしました。
今回は、仕事をする意味を考えます。良く聞く話ですが、社員一人一人、何気なく仕事をしている会社。多くないですか? 

この仕事「なぜやるか」を考えている方々。こんな社員が多くいたら、会社は活性化します。
しかしながら残念なことにほとんどが、意識せずに何気なく、仕事をしています。これは仕事でなく、作業です。

皆さんは、シーシュポスの神話を知っていますか。シーシュポスの神話とは、神々がシーシュポスに、休みなく岩を転がして、
ある山の頂まで運びあげるという刑罰を課すというものです。
しかしながら、ひとたび山頂まで達すると、岩はそれ自体の重さでいつも転がり落ちてしまうのです。
要するに無益で希望の無い労働ほど怖しい懲罰はないという話です。

これはノーベル文学賞を受賞した作家で、哲学者でもあるアルベール・カミュが書いたものです。
ゆえに、シーシュポスは「不条理な英雄」とも書かれています。無益で無意味な、希望の無い、不条理な苦痛。
それでもシーシュポスはその苛酷な状況を受け止め、何度でも立ち上がる。その不条理を運命と受け止めることから
「不条理な英雄」と呼んだわけです。しかしながら仕事がそんな不条理なだけのものならば、やる気はなくなってしまうでしょう。

 以前、聞いた話ですが、新入社員が、お局さん的な上司から仕事を命令されます。
毎日、言われた数字をパソコンに打ちこむのですが、新入社員は意味が分からず、
パソコンに並べられた数字についての意味を上司に聞いたところ、「ただ、言われた事をやればいいのだ」
とのことで、同じ作業を毎日、やり続けました。しばらくしてこの新入社員は辞めてしまったそうです。

結局、お局さん上司もこの仕事の意味は分かっていなかったそうです。このような上司に当たったら、最悪の結果となります。

経営者、リ-ダーは絶えず、実施する仕事の意味を部下に指導していくことが大変重要になってきます。
「なにをするか」でなく、「なぜやるか」です。
こんなことも出来ないリーダーが多くいる会社では、職場の活性化は期待できるはずがありません。

私が印象に残っている企業をここで紹介します。経営方針を徹底し、まさしく仕事の意味を徹底したのが
JRの関連会社である「テッセイ」という会社です。数年前に、テレビで紹介され、本当に驚いたのを覚えています。
これは「新幹線お掃除劇場」と言われ、美しい制服や衣装に身をつつんだ清掃スタッフたちが、驚異的な早さで新幹線を清掃する模様は、
「7分間の奇跡」としてハーバード大学や海外のメディアにも取り上げられたそうです。

私も東京駅等で新幹線を利用する際は必ず、「新幹線お掃除劇場」を見学させていただいています。
なぜ、これほどメディア等で大きく取り上げられたのか。
テッセイは、昔はごく当たり前の「ただ、掃除する高齢清掃員」の集まりでした。
まさしく「言われたとおりの作業」しかしておらず、ミスも多く、従業員の不満も多い清掃会社でした。
これをみた経営者(JRからの出向者)が、従業員のやる気を高まらせるには、「仕事の意味」の定義を変えるしかないと思ったことです。

さらに言うと、「清掃のオバチャン、オジチャン」という人材像を
「世界最高峰の新幹線のメンテナンスを清掃という面から支える技術者」に大きく変えたのです。
ここで生まれたのが清掃パフォーマンス、清掃をお客様に目で楽しんで頂ける7分間の「新幹線お掃除劇場」です。
ここまで大きく変わるには、経営者の経営理念、方針、人材像の徹底、
さらには、従業員側の改善提案など経営者と従業員側の多くの苦労があったことは容易に想像できます。

心のマッチングまでは、大変な道のりだったと思います。
このような誇りを持った清掃員が、奇跡であるとの理由で、職場の活性化事例としてはこれ以上のものはないと思われます。

経営者、リーダーの皆さま。一人ひとりのモチベーションを上げるのは大変です。
しかしながら現在の世の中では、人間同士が多くの感情を抱きながら働いています。
上司は部下を管理し、言われた通りのことをさせることで良いのでしょうか。違うでしょう。
上司と部下が話し合い、納得し、働く。「なぜ、やるか」です。
今後はこのような考えがないと、会社の存続自体、難しい時代になってくるのではないでしょか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職場のモチベーションを上げるには

2017-07-27 16:08:07 | 日記
 最近、ある中小企業から職場の活性化、特に職場の従業員のモチベーションを上げていただきたいとの依頼を受けました。
早速、会社の課題について、他者に他言しないとの条件で、主な従業員からヒアリングを実施しました。
会社の方針、処遇をはじめとした会社への不満が多く聞かれるとともに、職場内の人間関係、特に社内のコミュニケーション機会の不足、
従業員間のコミュニケーション取り方など、多くの課題を聞くことが出来ました。

 これから一歩一歩、良い企業にしていくため私自身も経営者、管理職、従業員と一緒になって、課題を解決していくつもりです。
その第一歩として、このブログでも再三、話していますが、経営理念、経営方針の徹底です。

 経営理念、経営方針は最も重要なことで、これが定まらないと会社の人事・教育、人材の育成方針などが定まらない事になり、
会社の方向性も決まらず、従業員のモチベーションも大きな低下をもたらします。
経営者、管理職の皆さま、もう一度、理念、経営方針の再考、徹底をお願いいたします。

 また、そのうえで会社に対する「信頼」「連帯感」を従業員にどう持って頂けるのか、
会社に対する「誇り」を従業員にどう持って頂けるのか、
さらには従業員自身が「成長・貢献」できる、しているという実感をどう与えることができるか、
考えていくことが大変重要であると私は考えます。

 これが出来れば、本当に活性化されたGOOD企業に大変身することになるのですが・・・・。
なかなか難しい課題です。では、このような理想を掲げながら、明日から出来ることって、何でしょう。

 まずは、経営者、管理職、一般従業員全てが、相手(部下、さらには上司、取引先)に「気持ちよく仕事」をしていただく事です。
当たり前のことです。でもこれが非常に難しい事なのです。

 人間の神経伝達経路は2つあると言われています。1つは、「情動経路」です。
人間は昔から本能的に敵から身を守るため、「危機」「不快」に直面する、察知するとその場から逃避するよう脳は命令を下します。
これが情動経路です。脳は本能的に「気持ちよい」「快感」を与えることを選択しますので、
「気持ちよい」「快感」を感じることが脳を活性化させることになります。

 皆さんは、仕事はイヤイヤだけど、週末の趣味を考えると「ゾクゾクする」ほどの気持ちの高ぶりを感じたりすることはありませんか。
私も良くあります。これはまさしく脳が活性化しているのです。

 脳を「気持ちよくさせる」ことを念頭に仕事のアドバイス、コミュニケーションを取ることが出来れば、
相手のモチベーションは高くなります。ではそのためにどうすべきか。

 意識すること、それは相手に対する「ねぎらい」の言葉です。
最近は「人を誉める」事が良い事のように言われています。
私は少し疑問です。なぜならば、相手の良い行動は誉めるに値しますが、無理に誉めたりするとコミュニケーションもわざとらしくなり、
逆効果になる場合もあります。誉めるところを無理に探すのでなく、相手に対する「尊敬」の心をもつこと、
すなわち「ねぎらい」の言葉をかけることが必要です。

 仕事を本当に頑張った時、「よくやった」とねぎらいの言葉をかければ、部下などは本当に感激します。
私も過去、何度か、このような言葉をかけていただいた経験があります。その時、かけていただいた上司は今でも感謝の心を持っています。
一人で地道に仕事しているとき、誰も見ていない中、もがき、苦しんでいるとき、そのような状況を理解し、ねぎらいの声をかける。
このことにより、個人の仕事に対するモチベーションは非常に高くなります。ちょっとした心遣いが、相手の気持ちを変える。

是非、明日から実践してみてください。しかしこれだけで、職場の活性化、従業員のモチベーションの向上、改善はまだ不十分です。
次回、この続き、また話したいと思っています。次回、お楽しみに。では。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦国武将 蒲生 氏郷にみられるリーダー像

2017-05-12 14:42:04 | 日記
 5月にもなると、入社、異動、転勤、転職、さらには子会社への転籍などが一段落し、これからが本当の意味でのスタートとなります。
私の知り合いにも転勤、転籍された方がいます。中高年にもなると、本社から地方、親会社から子会社への異動も多くなりますが、
異動に対する落ち込み、不安などを抱える人も多いと思います。
 こういった方々に最近は、キャリアコンサルティング(カウンセリング)を実施する機会も増えてきました。
新天地でのリーダーシップに困っている方に好事例として話すのが、戦国武将の蒲生氏郷(うじさと)です。

 蒲生氏郷は、近江出身で、織田信長から大変な信頼を受けていました。その証拠に信長の次女冬姫を妻に貰いました。
信長の期待はかなり高いものでした。
しかしながら、信長が死に秀吉の代になると、秀吉から警戒されるようになります。
実際、秀吉は徳川家康より武将として蒲生氏郷を恐れていたと言われています。
そのため、秀吉は自分から遠ざけるため、氏郷を三重の松坂、会津に異動させます。

本来なら本社(上方)への未練、さらには本社(上方)を向いて仕事をしてしまう傾向が強いのですが、氏郷は違いました。
氏郷の取った行動が、異動地の地名変更でした。

 当時、氏郷についていた商人も一緒に異動することとなります。異動先の現地の商人ともうまくやっていくため、
氏郷は、地名変更を実施しました。伊勢の四五百(よいお)から松坂、会津黒川を会津若松と改めました。
 結果、商人同士の意識改革、古いものを捨て、新しい発想で物事をやっていこうとする気持ちが芽生えました。

 本来ならば、左遷?されたと思ってしまった場合、部下にあたりちらしたり、心ここにあらずの気持ちになりがちですが、
新たな組織をどのように活性化し、そのためにどう取り組むべきかの観点が氏郷自身にあり、戦国武将としての評価も高い理由となっています。
また、日頃から氏郷は、部下である家臣に対して、会議中での自由な発言を許したり、
時には、自ら風呂を沸かしたり、料理をふるまったりと「情」の厚い人でした。

 情をうまく活用し、部下に自信をもたせることが非常にうまい人でもありました。
ある戦で「臆病者」として周りからバカにされていた人材を周りの反対を押し切り、一部隊のトップに添え、大きな手柄を立てたとの話もあります。
これは、心理学でいう「ピグマリオン効果」と言えます。

 ピグマリオン効果とは、米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された、
「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」という主張です。

 ある実験で、教師が期待をかけた生徒とそうでない生徒では成績の伸びに明らかな違いが見られたということから、
他者への期待値がその後の成長を決定づける大きな要因のひとつになると考えられている理論です。

 氏郷の情におけるリーダーシップをまとめると
・人の気持ちをくみ取り、部下の気持ちを高める。
・自分自身の都合でなく、組織全体を見渡す力に優れていたこと。
そして、人に見えない隠れた努力を絶えずしていること。

が良く分かります。情だけではリーダーシップは必ずしもうまくいきません。
リーダーシップは、これに合理的、時には非情になることも必要です。合理的、非情さに長けている人が徳川家康です。
「全ての能力を兼ね備えている人はいない」と考えるのが、家康です。

 家康の組織づくりの特徴は全て「複数」で運営するものです。江戸幕府の若年寄、奉行、目付も全て複数で任命されています。
これが江戸幕府を260年も続けられた理由かもしれません。
歴史上の人物は現代でも通用することが非常に多く、歴史、哲学を勉強すればするほど、自身の理性、知性を養う大きな力になってくれるはずです。

 歴史は諸説、色々ありますが、まずは気にせずに興味を持つこと。必ず、生きていく、仕事していくうえで参考になるはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰でも出来る年金の上乗せ制度がスタート

2017-03-21 15:10:33 | 日記
 本年1月から確定拠出年金の個人型がスタートしました。
 私のお客様であるA社の社長からも先月、早速、問い合わせがありました。
サービス業で、社会保険のみ加入している従業員10人程度の会社で、社員から確定拠出年金の「個人型」に加入したいとの申し出があり、
「個人型年金加入申出書」等の記入をお願いされたとのことでした。社長自身、全く、確定拠出年金の内容を把握しておらず、
私に相談を持ちかけてきました。

 確定拠出年金といっても良く分からない人が多いと思います。少し説明をさせていただきます。
確定拠出年金は企業(主に大企業)から給付される掛け金を従業員が自己責任で、運用する
「企業型」年金制度が10数年前に始まりました(自営業者等の個人型年金も以前からありましたが)。

これは、大企業が厚生年金基金の財源不足を改善する措置として従業員の「自己責任」により、退職金が増減する、
企業にとって、リスクがある確定給付からノーリスクとなる確定拠出を選択することから始まった制度です。

多くの企業が導入していますが、今でも評判は良いとは言えません。
そもそも退職金を自己責任で運用する意識がまだ、日本においては、希薄なのかもしれませんね。

 しかしながら、これからの日本の年金は国民年金である基礎年金、さらには二階建てに当たる厚生年金が、
65歳受給以後、決して増えることはありません。さらには、3階建てに当たる厚生年金基金もなくなる傾向にあります。
超高齢社会では当たり前、国民全員の意識も一致した常識となっています。

 では、どうするべきか。
国の社会保障に頼るだけでなく、自ら老後資金を長期的な視点でねん出する必要があります。
そこで、新たに主婦でも、自営、公務員でも、確定拠出年金未実施企業の社員、パート、アルバイト、
だれもが、加入できる確定拠出年金の「個人型」の加入を検討すべきです。

また、以前は、確定拠出年金「企業型」の加入者は、その企業を退職すると転職先が「企業型」を実施していない限り、
60歳まで、その資金を運用することはできず、凍結するしか方法はありませでした。

 今回、「個人型」制度がスタートし、自由に誰もが加入することとなったことは大きな前進です。
 
 ここで、「個人型」の制度内容、メリットについて少しお話します。
第1号被保険者(自営業者など)は1ヶ月68,000円、第2号被保険者(会社員など)は23,000円
を限度に掛け金を自由に設定することができます。また掛け金は60歳まで「所得控除」になります。税金が安くなるということです。
会社員が毎月23,000円掛け金で加入すると所得税は年間55,200円程度安くなります。かなり優遇されることになります。

また、運用している期間は、運用益についても税金はかかりません。

さらには60歳以後、積立金を年金で受給する場合は、公的年金等控除、一時金で受給する場合は、退職所得控除が適用され、
かなり税制上、メリットがあります。

反面、加入・管理手数料、その他事務手数料がかかることや運用により、積立金がマイナスになる可能性もあります。

私としては「自己責任」を忘れず、投資等の勉強を条件に加入を検討しても良いと思っています。

 さて、冒頭の社長に対して、コンサルタントとして、このように話をした訳ですが、
最後に、会社の「個人型年金加入申出書」等について説明をさせていただきました。
社員から、「個人型年金加入申出書」等の記入をお願いされた場合、会社としては、国民年金基金連合会への登録が必要となります。
加入者の加入資格を証明する義務を会社が負うことになります。その際は事業主証明を拒否することなく、前向きに対応していくようお願いします。

また、加入者は「給与天引き」「口座振替」のどちらかを選択することが出来ます。会社が代行して給与天引きするとなると、
給与明細の変更、源泉の調整、さらには掛け金額の変更時の申請等、給与関係での手間が増えます。中小零細企業では荷がかなり重くなります。
加入者自身の口座振替がもっとも会社にとっては都合が良いかもしれません。

このような事をアドバイスさせていただきました。

最後に社長から一言。「会社にとって、個人型年金の手続きに対するメリットはあるの?」
私「メリットはありません。しかしながら、個人の自立(自律)、自身の資産形成の意識が芽生えることは会社にとって、良い事なのもしれません。
この際、従業員の将来に対するキャリアの考え方を知る良い機会になるかもしれませんね。」

退職金、年金が増えないなかで、個人の自立(自律)、資産運用、是非とも若いうちから考えなくてはいけない時代に入りました。
50歳を過ぎると年金受給をかなり意識し始めます。
これを機会に考えること、私は大変意義あることだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加