学習障害と英語指導を考える

特別支援の視点から。
どの子もハッピーになるような指導を。

アルファベット〜4線指導こんな方法も

2017年01月25日 | チャレンジ英語教室(読み書き困難)

今日は、小学生のアルファベット指導でした。

アルファベットの形はもう覚えたので、次はノートの4線に書くための準備です。

いきなり4本の線に書かせるのではなく、

これも段階的に進みます。

 

いろんな方法がありますよね。

Jolly phonicsトレーナーの山下先生に教えていただいたのは、ground, grass and skyというように、

線に意味をもたせて、文字にストーリを与えながら教える方法でした。

山下先生はお話作りが本当にお上手なので毎回大笑いですが、

たとえばaだと、「antは地面の上でご飯を探してるよね、だからgrassのところにいるんだよ」

というような感じ(はっきり覚えていないので私が作りました↑)です。

アリがウロウロ歩いている様子まで思い描くことができて、

大変印象的でした。


(写真参照:http://www.sparklebox.co.uk/literacy/writing/ground-grass-sky-handwriting.html#.WIizX7GKWJc

 

また、大文字と違って、小文字は線をいきなり4本で始めるのではなく、

真ん中の2本の線から始める、という指導もあります。

小文字はすべて、この2本のラインの間に文字を書きますので

それができるようになってから、上下の線を加える。

これだともっと混乱が少なくてすみますね。

 

今回、試して見たのはこちら(下の写真)です。 

利き手ではないほうの手のひらを使って、

手のひらと手首の区切りが「赤い線」、4本の指が始まるところが「点々の線」とみなして、

利き手で、手の上に文字を”書き”ます。

これがまたとってもくすぐったいので楽しいです。

 

はじめはabc順ではなく、

「上に突き抜けるグループ」

「真ん中のグループ」

「下に降りて行くグループ」

など、グループごとに練習するといいですね。

 

いろいろ織り交ぜながら、アルファベットは練習しています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年度 LD傾向のある... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。