中学国語授業

中学国語の授業案を公開します。
また中学教師メンバーで行っている明日サークルの活動報告も行います。

中学国語 光村 1年 大人になれなかった弟たちに・・・・

2010年10月03日 | 国語授業
1時間目 大人になれなかった弟たちに・・・・全文要約 

音読
範読・班で一文交代読み
全文要約

お話を短くまとめることを何といいましたか。

そう、要約です。この作品を20文字以内で要約しなさい。書けたら見せに来ます。

書けた生徒に板書させていく。
「戦争中、ヒロユキが生まれてから死ぬまでの話」
「戦争で、弟が亡くなった話」
などの意見が出た。
それぞれの意見の上に、アルファベットの文字を書き込んだ。
これは違うというものを一つ選んで、ノートにアルファベットだけ書きなさい。

これは違う、というものに手を上げなさい。

Aについて、反対の理由が言える人からどうぞ。

といったが、意見が出なかった。
意見ないのか。先生は言えるけどな。
といって揺さぶったが意見は出なかった。
そこで話を進めることにした。
要約だから、大事な言葉が入っていないといけないよね。
このお話は簡単に言って、何の話ですか。〜君。
「戦争」という意見が出た。
そうだよね。戦争の話です。だから、戦争という言葉が入っていなければいけません。ということで、この要約と、この要約は消えます。

まだ大事な言葉はあります。
この作品の題名は何ですか。
「大人になれなかった弟たちに・・・・」である。
だから、「弟」「弟たち」という言葉が入ります。
「戦争」「弟(弟たち)」が入っている文章を取り上げる。
「戦争で弟が亡くなった話」
「戦争」「弟」が入っているよね。でももう一つ大切な言葉があるんです。
それは何だと思いますか。探してごらん。

見つかった人、手を上げます。
手を上げた生徒を指名して答えさせる。いくつかの意見が出る。
ヒントを出します。最後のページです。

最後のページから、大事だと思う言葉を一つ選んでノートに書きなさい。
列指名で発表させていく。
教科書の最後の文を見なさい。「僕はひもじかったことと、弟の死は一生忘れません。」と書いてあります。だから大切なのは、「弟の死」ともう一つ、「ひもじかったこと」なのです。

「戦争」「弟」「ひもじさ」という言葉を入れて、もう一度この作品を20文字以内に要約しなさい。
合格をもらった人から休み時間にします。
ノートを見せに来たら、合格の場合は丸をつける。間違いの場合は、ばつを書き、もう一度持ってこさせる。
授業終了間際になったら、次の板書をしてヒントを出す。
板書 戦争
   ひもじさ
   弟が亡くなった話
100点の回答は「戦争によるひもじさで弟が亡くなった話」とした。


2時間目 大人になれなかった弟たちに・・・主題

班で一文交代読みをさせる。
作品の伝えたいことのこと、漢字二文字でなんと言いましたか。

この作品の主題は何でしょうか。
人は〜、または世の中は〜という形でノートに書きなさい。

書けた生徒に板書させていく。

先生が点数をつけていきます。
点数を付けた後で、
この作品の主題を考えるとき、おさえておかなければいけないことがあります。

・・・・にはある言葉が省略されています。何が省略されていると思いますか。ノートに書いてごらん。
発表させる。
先生は、弟たちに「おくる」という言葉が省略されていると考えます。
つまり、この作品は弟たちのために書いた作品なのです。

もうひとつ、この作品に弟は何人出てきますか。

一人なのに、なぜ弟たちと書いているのでしょうか。隣近所と話してごらん。
発表させる。
先生は、弟以外にも戦争で死んだ人のことを入れたかったから、弟たちと書いたのだと考えます。
つまり、戦争で若くして亡くなった人たちのために書いているんです。

だから主題を書くときには、「戦争」「弟たち(若くして亡くなった人たち)」という言葉が入っていなければいけません。
キーワードを入れて、もう一度書いてごらん。
書けた生徒に板書させる。
一番いいなと思ったものに手を挙げます。

先生は、これがいいなと考えます。先生が書くとしたら、
人は、戦争で若くして亡くなった人々のことを忘れてはならない。だと考えました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 中学国語 光村 1年 麦わら帽子 | トップ | 中学国語 光村 1年 手紙を書... »

あわせて読む