おり姫備忘録ヾ(*´∀`*)ノ

ユニクロ、GAPなどのプチプラと
美味しいものが大好き。
最近”おそ松さん”にハマッてます☆


モン・ラパン(北小金)

2017-06-30 19:54:39 | 美味しいモノ
6月30日(金)


先週の土曜日、前から行きたいと思っていた、

松戸北小金にある本土寺へいっちーとお出かけしてきました

このお寺は、紫陽花が有名なのです

ものすごく広い場所ということだったので、歩くその前にランチへ。

新しいお店開拓してみました



こちらは北小金駅から徒歩2分ほどにある『モン・ラパン』

フレンチのお店です。



「モン・ラパンは”私のうさぎ”という意味で、フランスでは 大切な人、

自分の子どもや恋人に対し、愛情を込めてこう呼びます」

とお店紹介に書いてありました

紫陽花の時期は混むようなので、予約は必須らしいです





私はオススメのミニコース¥1,980、

いっちーはフルコース¥2,980 にしました。





まずはサラダから。

私、体を冷やすと思って生野菜があまり得意ではないのですが、

かかっているのは生姜ドレッシングですって

生姜のピリッとした辛味が効いてます。

生野菜でも体を温める生姜が入っているの、嬉しいですね。





私の前菜。

左から、ツナのライスサラダ、ラタトゥーユ、鶏のパテ、野菜のゼリー寄せ、

スペイン風オムレツ、鰆の昆布〆。

私の持論は、「前菜が美味しいところは料理も美味しい

すべて美味しくって当たりでした

ライスサラダって今まで食べたものだと、酸っぱすぎて好きじゃなかったんですけど、

ここのはマイルドで美味しかったです。

あと、オススメは右端の鰆。

上に焦がしたニンニクがかかっていて、

和風のままにしていないところがいいです





いっちーの前菜。

私のとちょこっと違いますね。

フルだと、豆乳の冷製スープ、あと、蛸のマリネが追加です。





スープはかぼちゃのスープ。

すごい熱々で、かぼちゃの甘みが凄かったです。

こちらのお店はなるべく化学調味料を使わないそうなので、

かぼちゃ本来の甘みなんですね、きっと。





パンは温かく、周りパリッ、中は柔らかい。





フルコースの魚料理。

・・・なんだっけ。





私のメイン”柔らかく煮込んだ豚肉の香草パン粉焼き”

お肉はナイフを使わなくても、ナイフだけで割れるほどに柔らかい

その柔らかいお肉にパン粉を乗せて、カリッと焼いたみたいです。





いっちーのメイン”US牛ステーキとフォアグラのソテー オニオンソース”

やりました

贅沢過ぎでしょ~

少し貰いましたが、フォアグラがトロッと溶けるように柔らかく、

お肉と一緒に食べるとソースのように、お肉の味を引き立てるーーーー





私のデザート。

紅茶のパンナコッタとバニラアイス。

濃いミルクティーのような濃厚なパンナコッタに、

バニラビーンズがしっかり入っているバニラアイスでした。





いっちーのデザート。

こちらは3点盛り。

抹茶とアンコの和風ムースが更に追加。

アンコよりも、抹茶が濃く、私は好みでした

抹茶嫌いのいっちーには苦悶のようでしたが





〆は二人とも珈琲を

エスプレッソほどではないですが、濃い珈琲。

お腹いっぱいで、眠くなった頭にカツが入ります

これでミニコースは¥1,980(税込み)なんて凄いコスパです。

これは人気出るわぁ~

紫陽花の時期はもう予約しないと駄目なようです。

このお店はかな~りオススメでございます
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーバンリサーチのブラウス | トップ | 松戸 本土寺のアジサイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美味しいモノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL