一原堂便り

こちらは、一原堂・朝倉同窓会です♪

地区朝倉同窓会の予定です!

2014-10-14 | 一原堂

秋も深まってまいりました

さて、秋は 各地区朝倉同窓会の開催ラッシュです

 

北野朝倉同窓会   日時: 11月2日(日) 受付10:00  開会10:30

               場所:  北野公民館 (西鉄北野駅より東へ3分)

               会費: 4,000円

              朝倉高等学校長 友野秀樹氏 による講演会があります。

              演題:「朝倉高校の現状と課題」

北九州朝倉同窓会 日時:11月9日(日) 受付12:30 開会13:00

                 場所:小倉飯店  小倉市北区堺町1丁目8番14号

                         ℡ 093-521-8631

                          会費: 6,000円 (市内在住大学生 初回招待 ・ 2回目以降 2,000円)

あさくら朝倉同窓会 日時:11月15日(土)  開会:18:00

               場所:「レストランかだん」2F広間

                          ℡ 0946-52-1507   

               会費: 4,000円

 

小郡朝倉同窓会  日時:11月30日(日) 開会10:30

               場所:「小郡一品香」

                          ℡ 0942-72-6985

              朝倉市商工観光課 隈部敏明 氏による 『黒田官兵衛』のミニ講演会 があります。

 

お近くの方は、どうぞお出かけください。

年代を超えて 共に集い、新しい繋がりを見つけませんか?

そして新たな思い出を・・・

 

(学校の外周の からたち です。かわいらしい実をつけてます)

 

 

      

          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際英語スピーチコンテストのご案内

2014-10-10 | 朝倉高校

朝倉高校からのご案内です

 さて、本年度も「桃李プロジェクト」の一環として、文化講演会並びに国際英語スピーチコンテストを下記の日程で開催します。

 この取り組みは、生徒の積極的な学習意欲の醸成を目的とするものであり、特に英語スピーチコンテストでは、、国内外の高校生が英語力を競い合うことで、本校の生徒たちにも、刺激を与えるものと確信しております。

 一般公開しておりますので、ぜひお越しくださいませ

 なお、今年の文化講演会は、 ゾマホン・ドスー・シール・ルフィン 氏 (駐日ベナン共和国特命全権大使) です。

 テレビのバラエティ番組で活躍されていましたね。どんなお話がきけるのか、楽しみです

 

1  日時   平成26年10月31日(金) 13:00~16:30

           12:45  受付

           13:00  文化講演会

                  講師  駐日ベナン共和国特命全権大使

                       ゾマホン・ドスー・シール・ルフィン 氏

           14:20  英語スピーチコンテスト(本校生徒含め10名)

2  場所   朝倉高校 体育館

3  招待校  SARAWITTAYA SCHOOL (タイ王国)

         SATTHABUTBAMPHEN SCHOOL(タイ王国)

         LE HONG PHONG HIGH SCHOOL(ベトナム社会主義共和国)

         福岡県立戸畑高等学校

         福岡県立城南高等学校

 

                     

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームカミング講演会 ~元九州大学副学長 倉地幸徳 氏 ~

2014-10-08 | 朝倉高校

各界で活躍されている同窓生の生き方あり方を学ぶことを通して、高い志を持った、社会に貢献できる生徒の育成に資することを目的とした、ホームカミング講演会。

朝高12回生の 倉地幸徳 氏においでいただき、10月2日(木)に開催されました。

~~倉地幸徳氏のプロフィール~~

昭和35年 3月 福岡県立朝倉高等学校卒業

昭和36年 4月 九州大学農学部入学

昭和45年 3月 九州大学院農学研究科博士課程修了

       4月 九州大学農学部助手

      10月 ワシントン大学医学校 Senior Fellow

昭和50年 7月 ワシントン大学医学校 Senior Research Associate

昭和53年 7月 ワシントン大学医学校 Research Assistant Professor

昭和58年 7月 ワシントン大学医学校 Research Associate Professor

            11月 ハーバード大学医学校講師(ワシントン大と併任)

昭和61年 8月 ミシガン大学医学校 Associate Professor

平成 2年 9月 ミシガン大学医学校 Professor

平成13年 4月 (独)産業技術綜合研究所 ジーンディスカバリー研究センター長

平成14年 7月 (独)産業技術総合研究所 年齢軸生命工学研究センター長  

       9月 ミシガン大学名誉教授

平成23年 4月 (独)産業技術総合研究所名誉研究者

平成22年 4月 九州大学理事・副学長

平成24年 3月   同 退職

       4月  米国シアトルに移住

平成24年 7月から ワシントン大学医学校 Visiting Scholar

                                                              現在に至る

今年4月にも、学校へご訪問されていましたが、今回は 理系進学希望者を対象に

ご講演いただきました。  

   演題「夢を追おう」  

 夢・目標・ポジティブ思考・物事の本質を見極める・誠意・努力  というキーワードで約1時間のお話をしていただきました。

『人生とはおもしろい。完全燃焼の人生を送るために、みんなの持っている大きな可能性・潜在能力をどう引き出すか。夢に向かって自分の人生をデザインし、進んでほしい。』

 

倉地先生、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野球部 講演会

2014-10-01 | 朝倉高校

9月20日(土)のことです・・・

朝倉高校野球部にお客様がいらっしゃいました

NHK高校野球解説者の 前田正治氏 です

~~前田正治氏 略歴~~

   昭和32年生まれ

   大阪明星高校・関西大学 卒業

       (高校時代は投手を中心に全ポジションを経験、大学時代は投手)

   日本新薬株式会社 入社

       (S55~62 投手として都市対抗野球出場、S63~H3・H8~14 監督として都市対抗野球出場)

   H14~ NHK高校野球解説者

   H14~ 日本野球連盟近畿地区連盟理事

   H18~ 選抜高校野球選考委員

   H21~ 関西学生野球連盟理事

   H25~ 日本野球連盟評議員

   今年の甲子園の決勝戦も、前田氏がTV解説されていました。

 

なぜ、こんなに凄い方に来ていただけたかというと・・・近畿朝倉同窓会の顧問(前会長)の羽野洋之様のご厚意によるものです。この場をお借りして、お礼申し上げます。

前田さま、羽野さま お忙しい中 ありがとうございまいた

当日は、グラウンドでの練習を視察していただき、その後場所を変えて、練習を見た感想やアドバイス、部員との質疑応答をしていただきました。

 前田氏からのアドバイス

・練習の際、声を出す!

・一人一人が高い目標を掲げる!

・ミーティングでお互いの課題を真剣に指摘しあい一緒に克服する!

・守備力は大事だが、打力がなければ勝てない!

・しっかりご飯を食べて、体を造れ!

  などなど・・・大変有意義な内容だったようです。

 

 後日、野球部員 数名から、感想をお寄せいただきましたのでご紹介いたします。

 

<2年 キャプテン 古賀知耀くん>

僕は前田さんの講演を聞いて、試合中に頭の中でエラーしてしまうのではないかという負の連鎖になった時の対処法は「原因を考える」ということを学びました。また甲子園出場するには部員が一丸となって目標に向かい意識して練習に取り組むことだと改めて実感しました。これから甲子園に向かって進んでいきます。

 

<2年 副キャプテン 栗田龍馬くん>

私は前田さんの講演を聞くまでは、「甲子園」というものは、自分の中で夢の舞台で遠い存在という意識がありました。でもその意識を持っている限り、甲子園は夢のままで終わってしまうということを前田さんはおっしゃっていて、まさにその通りだと思いました。前田さんの講演はためになる話ばかりでした。貴重なお話、ありがとうございました。

 

<2年 副キャプテン 井上敦貴くん>

前田さんの話を聞いて思ったことは、甲子園とは遠い存在の場所ではなく、自分の意識を変えることで近い場所になるということが分かりました。

これからは、甲子園という言葉を意識しながら、出場できるように努力していきたいです。

 

<1年 吉澤頼父くん>

 何事においても甲子園で勝つために練習すると思い毎日しています。特に走塁で、今年活躍した健大高崎も常に次の塁を狙うという意識で練習しているそうなので僕も意識を高くもって練習に取り組みます。

あと肩を強くする方法で、上に回転をかけて投げる方法を実践しています。

 

<1年 木下航宙くん>

私は正直、甲子園なんて夢の舞台だと思っていました。自分たちで行きたいといいつつもどこかで壁をつくってしまっていました。しかし、甲子園に行くためにやるべきことをやれば、可能性はいくらでもあると思えるようになりました。これからは甲子園に行くために意識して練習しようと思いました。

 

甲子園出場も夢じゃないかも

 夢に向かって、がんばってください

・・・おっと、今は中間考査の前でした

文武両道、がんばってくださいね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加