一原堂便り

こちらは、一原堂・朝倉同窓会です♪

作家 後藤明生氏

2013-08-29 | 一原堂

朝倉中学・朝倉高校には、全国津々浦々でご活躍の同窓生がたくさんいらっしゃいます。

その方々をホームページの『朝倉人脈』でご紹介していきたいと思っていますが、

すでに掲載済の 作家 後藤明生氏(朝高4回)について触れたいと思います。

     既掲載はこちらから・・・

     http://www5.ocn.ne.jp/~itigen/01-jinnmyaku-gotou/01-jinnmyaku.html

後藤氏といえば、在学2年生の時に学生歌を作詞しています。(昭和24年、数度の募集により選ばれたそうです。作曲は、音楽教諭の鞭幸枝先生によるものです。)

その歌詞は

『耳納の山の朝明けや 清冷の風 混濁の ~~~

いざ眉上げむ わが友よ 声高らかに 呼ばむかな』 今も歌い継がれています。

で、今日の本題

後藤氏が昭和52年に 甘木朝倉法人会の機関誌に寄稿した手書きの原稿を入手しました。

P1020651

「幻の故郷」と題された原稿を そのまま書き写しご紹介いたします。

 

   幻の故郷

後藤明生

 三月のはじめ頃、久しぶりに朝倉の地を訪れた。いったい何年ぶりだろうか、と思い出してみるが、なかなかわからない。

 わたしが朝倉高校を出たのは昭和二十七年である。ちょうど戦後の学制改革の時期で、旧制の朝中が新制の朝高になり、わたしたちは、ずるずると同じ学校に六年間通った。

 そのあとは東京へ出て、早稲田に入り、そのままずっとこちら暮しであるが、本籍地だけは旧朝倉村恵蘇宿においている。最近は、本籍地を現住所に移す方が何かと便利なようだ。例えば、海外旅行をするにも、戸籍抄本を取り寄せるのに、遠くては時間がかかる。しかし、わたしが朝倉の本籍を変えたくないのは、そこが幻の故郷だからである。

 わたしは常に、朝倉の地を遠く離れて暮してきた。生れたのは、北朝鮮の栄興という町である。ここは、李朝の始祖である李成桂の生まれた古い町であるが、戦後引揚げて来てからは、朝中、朝高の六年間ずっと甘木で暮した。引揚げの途中、父が死亡したので、甘木の母方の親戚のところへ帰ったのである。<o:p></o:p>

 そんなわけで、直接、朝倉で暮したことはなかった。しかしヨソンシュクのことは、朝鮮にいた子供の頃から、よく聞かされていた。「秋の田の史蹟」のことは、地元の人で知らぬものはいないと思うが、亡くなった祖母もそれが自慢だった。お蔭で、百人一首冒頭の天智天皇の歌は、まだ字が読めないうちから暗記していた。<o:p></o:p>

 今回の三月の旅行のきっかけになったのは、一枚の写真である。確か昨年のいま頃だったと思うが、東京朝倉会の会長をされている後藤信夫さんから、一枚の写真と「蘇峯の噴煙―露営日記」というノートがひょっこり送られて来た。

 写真は、大正九年のもので、若者が四人わさな橋の欄干に腰かけている。浴衣がけにカンカン帽をかぶった三人が、後藤信夫、後藤均(元町長)、それにわたしの父後藤規矩次で、熊本五高の帽子をかぶっているのが竹井弥七郎だという。四人は小学校友達だったのである。<o:p></o:p>

 また「露営日記」の方は、後藤信夫、後藤均と私の父三名の、無銭旅行式阿蘇登山記で父が朝中の四年生のときらしかった。竹井氏は何かの都合で行けなかったらしい。<o:p></o:p>

 写真の橋のうしろには、大きな楠の木が写っていた。同封された手紙には、四人のうち三人はすでに死亡、自分だけが生き残って八十歳になっている、と書いてあった。その写真を眺めているうちに、どうしても朝倉へ行ってみたくなったのである。たまたま、広島と長崎へ仕事で出かける機会があった。それで、長崎の用を済ませたあと、杷木の武田温に電話すると、原鶴温泉で待っているという。<o:p></o:p>

 行ってみると、武田と中山幹雄(中山盛文堂)が待っていた。早速、湯に入り、上がって飲んでいると、杉健児(眼科医)と従弟の山崎卓(九大助教授)があらわれた。博多からタクシーをとばして来たのだという。<o:p></o:p>

 武田、中山、杉、山崎、四人とも朝中、朝高の同期である。飲んでいるうちに、朝倉に来たのは、武田温の結婚式のとき以来ではなかろうかと、思い出した。とすると、二十何年ぶりなのかも知れない。その晩わたしは原鶴温泉に泊めてもらい、他の者は帰った。杉と山崎は、夜中にまたタクシーで博多まで戻ったのである。<o:p></o:p>

 翌日は朝倉町役場へでかけて藤原町長と林公民館長にお目にかかった。有難かったのは、そこで「朝倉紀聞」を見せてもらったことである。元禄十六年に書かれたもので、「筑前国続風土記」の著者、貝原益軒の序文がついている。<o:p></o:p>

 そのあと林氏の案内で史蹟めぐりをした。車の運転は中山がやってくれた。後藤信夫さんから送ってもらった写真に写っている橋は、隠家森橋らしい。うしろの大楠も見物した。水車も珍しかったが、桂川べりの恋の木公園が、謡曲「綾の鼓」の舞台だったことは、はじめて知った。<o:p></o:p>

 このあたりのことは、そのうち一度、是非、小説に書きたいと思っている。(了)<o:p></o:p>

  

 

<o:p></o:p>

 

 

<o:p></o:p>

 

 

)

<o:p></o:p>

 

 

 

 

 

<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

 

 

)

)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中学生体験入学

2013-08-23 | 朝倉高校

8月23日(金) 朝倉高校において

平成25年度 中学生体験入学 が開催されました

P1020625


・・・その前に、希望者は 学食で昼食をとることもできたんですよ

P1020622

13時からの開始で、まずは体育館にて全体説明。

P1020628


音楽部・吹奏楽部演奏、生徒会長挨拶、学校紹介DVD、

教務主任の田中真彦先生より学校の説明がありました。

田中先生のお話、とっても良かったです。「桃李プロジェクト」の説明をされ、

朝倉高校がほかに類を見ない最高の教育をうけられる学校ですと自信を持って、力強くおっしゃっていたのが印象的でした。

途中、保冷剤の配布もされ、そのご配慮に感心しました

全体説明の後は、各班に分かれての 授業体験、出身中学校先輩との交流と続きました。

P1020638



P1020639

全体を通して、思ったこと・・・

朝倉高校の生徒さんが、進行・誘導など すべて段取りよく行っていることに感心

400名ほどの中学生が参加していましたが、みんな笑顔でした。

きっと、朝倉高校の魅力が伝わっていることと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根本賞

2013-08-21 | 朝倉高校

残暑お見舞い申し上げます・・・

今年は、酷暑ですねぇ~~

8月も後半になったのに、連日の暑さで バテ気味です・・・

今日は、根本賞についてご紹介します。

根本賞とは

<o:p></o:p>

 朝倉高校第4回生である根本郁芳氏(根本特殊化学KK代表取締役社長)により設立された、朝高生のための表彰制度です。

 意欲ある生徒を支援していくための学業奨励賞であり、朝高生に海外、特に中国に目を向けるように支援されています。<o:p></o:p>

 学業成績、部活動実績、生徒会活動、校内弁論大会で優秀な成績を修めた生徒に、夏休み中四泊五日の中国研修の機会が与えられます。

今年は、8月5日~9日の日程で、6名の優秀な生徒さんが香港に研修に行きました。


学校のHPに掲載されていますので、ぜひごらんくださいませ~

http://asakura.fku.ed.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=160

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポスターいろいろ(*^_^*)

2013-08-07 | 同窓会

Photo


来年の総会のポスターです

これからいろんなところで目にするでしょうね。

当番会の38回生、がんばっていらっしゃいますよ

チケット販売のご協力 よろしくお願いいたしま~す

~過去のポスターのご紹介~

P1020598

   平成17年の当番会 高29回生のときのです


P1020599

   平成23年・当番会 高35回生


P1020597_2

  平成24年・当番会 高36回生

P1020600

   平成25年・当番会 高37回生

記憶に新しい今年のポスターですね。

おてもとに保管されている過去のポスターはございませんか??

もしよろしかったら、一原堂までおゆずりください・・・

よろしくお願いします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から8月!

2013-08-01 | 一原堂

毎日暑い日が続いております・・・

みなさま、いかがおすごしでしょうか

今日から、8月ですね。学生さんたちは、夏休み真っ最中

朝倉高校の生徒さんたちは、休み返上で、部活に~運動会の練習に~頑張っているようですよ

夕方になると、ドンドコドンドコ聴こえてきます

P1020586_2

ここで練習してるのは、何班でしょうか?

A (赤) Sa(白) Ku(緑) Ra(紫) の伝統は、今も変わらず

皆さんは、なに班でしたか?ちなみに私、A班でした

学校史を辿っていますと、昭和45年から 体育祭と文化祭が隔年実施となっています。

なので、1年で 体育祭、2年で 文化祭、3年で 体育祭 って思い出の方と、

1年で 文化祭、2年で 体育祭、 3年で 文化祭 って方がいらっしゃるのですね。

昭和61年からは、毎年 体育祭が行われているようですよ。

P1020580

さあ、今年はどんな体育祭を見せてくれるのでしょうか

体育祭は 9月6日(金) 丸山公園芝グラウンドで行われま~す

P1020588

コメント
この記事をはてなブックマークに追加