一原堂便り

こちらは、一原堂・朝倉同窓会です♪

未来塾 ご報告!

2013-03-28 | 朝倉高校

平成25年3月21日~23日の2泊3日で行われた 未来塾

参加した生徒さんから、感想を伺いました。

お聞きしたのは、全体統括担当だった  荒瀬友香 さん(甘木中出身)です。

【一番印象に残ったことは?】

 「OBの方とのディスカッションです。」

【参加して得たもの】

 「先輩(OB)の姿を見て、自分のやりたいことに対する情熱を感じました。今までの私は、やりたいことや目標があっても、すぐに諦めたり、努力を怠ってしまったりしてたけど、これからは自分の目標に向かって全力で取り組もうと思います。」

【これからの学校生活にどんなふうに役立てていきますか?】

「リーダーとしての心構えはとても勉強になりました。これから生徒会活動で学校のリーダーとしてその心構えで活動していきたいです。」

【ひとこと】

「海外で働くこと・英語を使うことに興味があるので、今回の未来塾では海外で仕事をしている方のお話も聞けてとても参考になりました。 

この未来塾では、とても貴重な体験をさせていただき、OBの方や先生方にとても感謝しています。普段は体験できないようなことばかりで、本当に自分のためにもなったし、心の持ち方も変わり、人生が変わったとさえ思います。

この体験を今後の学校生活に生かし、学校を盛り上げていきたいと思います。

本当にありがとうございました。」

現在、生徒会のHR局長として頑張っている彼女、

とてもかわいらしくて控え目な印象ですが、目がキラキラ輝いていて、内に秘めた力強さを感じました。

こらからどんどん活躍していってくれることでしょう。

最後に、生徒たちが研修させていただいた企業をご紹介します。

今回2回目の企業訪問させていただいたのは、ニッポー株式会社です。

昭和38年創業、年商200億円超の大企業です。

会長の内田健彦氏は、上秋月日向石のご出身で、現在朝倉市親善大使のお一人で、「関西あさくら会」の会長として朝倉市との交流も図っていらしゃいます。

また、先輩講座の講師として、 藤井哲夫氏(朝高6回・京都大学卒) にもご協力いただきました。

他にも、いろいろな方のご支援・ご協力により行われたこの未来塾

そこで学ぶ意義や働く意味・やり甲斐を学んだ生徒たちは、朝倉高校を盛り上げていってくれることでしょう。

どんな花を咲かせてくれるのか、楽しみですね

ご協力いただきました関係の方々、ありがとうございました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝倉未来塾

2013-03-22 | 朝倉高校

3月21日(木)~23日(土)の2泊3日の日程で

朝倉未来塾が実施されています。

朝倉未来塾とは・・・

朝倉高校が推進しています教育プログラム「桃李プロジェクト」の具体的教育活動の

一つです。(以前ご紹介した「イングリッシュキャンプ」「国際英語スピーチコンテスト」などと

同じくほかの学校には類を見ない教育活動です

『同窓の先輩との交流や企業研修をとおして社会的資質を身につけ

人間的成長を図り、朝倉高校のリーダーとして、また社会のリーダーとして活躍できる

人材を育成する』・・・といった趣旨で行われています。

対象の生徒は、1年生 18名。成績・部活動・生徒会活動などでの活躍が期待できる

生徒が選考されています。

1日目の企業研修です

20130321_2


そして、2日目の今日は、京都大学を訪問しています。

とても中身の濃い、貴重な経験をして

一回りも二回りも大きく成長して帰ってくることでしょう

今後の学びへのモチベーションを高め、今回残念ながら参加できなかった

生徒さんたちにもどんどん伝染 いい影響を与えてほしいですね。

        豊かな心に確かな学力の花が咲く

今年度のこの事業は、近畿朝倉同窓会・一原会のご協力で行われています。

近畿朝倉同窓会 羽野会長さま そして関係者の皆様、

ありがとうございました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡朝倉同窓会 から メッセージ!!

2013-03-18 | 同窓会

来月20日と、開催間近となりました

福岡朝倉同窓会

事務局長さんより メッセージが届きました

福岡朝倉会の案内をリンクでご案内頂きありがとうございます。
新しい同窓会の在り方の一つとして若い人たちとの交流の場としても取り組んでまいります。これから社会に出る人たちにとって、異年齢にひととの繋がりは就職や自分の生き方を考える上で大きなプラスになると信じています。
何故なら私がそうでしたから。あまり説得力はないかな?
福岡朝倉会で同窓会デビュー、親子で参加大歓迎です。
「福岡朝倉同窓会で人もうけ」しませんか?
絆は朝高生のざいさんです。

                     高校32回 福岡朝倉同窓会で事務局長古賀勇

 

たくさんのご参加お待ちしております

みんなで『あさくら』の絆を深めましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

校訓碑 設置の歴史

2013-03-15 | 同窓会

朝倉高校正面玄関前の校訓碑、

いったい、いつからそこにあるのか・・・その歴史をたどります。

P1020096

この校訓 「聡明・自立・敬愛」は

昭和29年に教職員・生徒の投票によって決定したものです。

【聡明】 真摯な心理探求の姿勢と、学問への情熱、合理的精神をもった人間を目指す。

【自立】 自己の信念の命ずるままに、勇気・忍耐・責任をもって行動する人間の養成。他を生かし、自己の力を信じ、社会に貢献できる人材となることを目指す。

【敬愛】 平和な住みよい社会の基本である、礼儀や感謝、尊敬、協調の心を理解し、実践する誠実な人間たるべく努力せよということである。

 

時代は流れ・・・こうした明確な精神志向を示した教訓がありながら

それはだんだんと形骸的な存在となり、

生徒手帳に載せられたり、校長室に掲げられてはいたが、

それが生徒たちの心の内部まで浸透して作用しているとは・・・

高度経済成長、アポロ号月面着陸、各地で起こる公害訴訟、労使対決、沖縄返還、大阪万博…人類の英知と進歩への信頼・期待、経済優先による歪み、改革への希望と虚無感が入り混じっていた時代です。

朝倉高校でもこうした時代の雰囲気を漂わせていたのでしょう。

ちょうどそのころ、朝高2回生の方々の卒業20周年同窓会が開かれます。(昭和45年のことです)

その席上で、『母校のために何か力になろう!

            後輩たちに役立てることをしよう!』 と盛り上がります。

本の寄贈?池造り?一石一木の贈呈?何をするか決めてないけど、

とにかくその為の募金をしよう!!さっそく募金活動を始めたそうです。すごい行動力です。

その後、たまたま昭和53年6月の同窓会総会の当番幹事になることがわかり、

その機会に合わせて具体的に話をすすめようと決定。

学校側との話し合いの末、校訓碑設置が決まりました。

霊峰古処の姿を彷彿させる自然石、文字は元朝高書道教諭・野上一夫先生の書、

傍らにつつじを配し、盛土をしたものを飾り石で囲み、すばらしい校訓碑が建てられました。

除幕式は、昭和53年6月4日 同窓会総会の当日行われたということです。

その校訓碑は、毅然としてしかも豊かな広がりと大きさをもって、ゆったりと前庭にとけこみ、

朝高を静かに見守り続けています・・・

朝夕この碑に接して学校生活を送るということ、また脳裏に刻みこまれるものの大きさを

思うと、この校訓碑設置の有形・無形の効果は計り知れません。

来校の折には、ぜひ校訓碑の裏側を見てみてください。

P1020097

母校に対する先輩方の深い愛を感じます。      (参考:校史続編其二・創立百年史)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県公立高校入学試験

2013-03-12 | 朝倉高校

3月12日 福岡県公立高校入学試験が行われています

P1020100


真新しい、新校舎で行われます

P1020098


続々と集まってくる受検者たち、中学の先生や塾の先生たちも出迎えて

激励されていました

P1020103


体育館に全員集合してから受検会場の教室に入ります。

P1020105


新校舎で迎える最初の入学生候補

みなさん、頑張ってください

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加