一原堂便り

こちらは、一原堂・朝倉同窓会です♪

がんばりましょう!!!朝倉

2017-07-19 | 一原堂

朝倉市では、このたびの大雨災害により、被災された方々のために

「朝倉市災害義援金」の受付を行っています。

朝倉市ホームページをご覧ください。

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499661505629/index.html

 

 

また、災害ボランティアセンターについては、こちらをご覧ください。

PCサイト http://asakuravc.jp/

FBページ https://www.facebook.com/asakuravc/

 

豪雨災害に関する市長のメッセージ ~朝倉市ホームページより~

このたびの豪雨により、市内各地で、大規模な土砂災害や浸水害が発生し、亡くなられた方やいまだ連絡がとれない方がいらっしゃいます。また、市内の各地で家屋の流失、道路や河川の崩壊、農作物の被害など、広範囲にわたり甚大な被害を被っています。
 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々をはじめ、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 自衛隊、警察、消防ほか多くの関係機関および他自治体からの応援職員の皆さんの災害対応へのご協力に大変感謝しています。また、国内外から物資、義援金など多くの温かいご支援を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 市内の多くの集落が壊滅的な打撃を受けました。市では、全力をあげて、被害にあわれた皆様の対応や被害の現状把握に努めており、私たちの「ふるさと」を再生、再建すべく全力を傾注する覚悟です。豊かなふるさと朝倉を次世代に引き継ぐため、皆様と手を取り合って、1日も早く、安心して元の生活を取り戻せるよう努力をいたしてまいります。すべての市民の皆様のご協力、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げ、お見舞い、お礼と、復旧・復興への決意といたします。

                          平成29年7月    朝倉市長 森田 俊介

がんばりましょう!!!朝倉

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝倉高校音楽部 サマーコンサートについて

2017-07-13 | 朝倉高校

 先日、このブログでもご紹介しておりました

朝倉高校音楽部 全国大会出場記念のサマーコンサートの件でお知らせです。

 

      朝倉高校音楽部・サマーコンサートの残念なお知らせ

 7月22日開演予定の朝倉高校音楽部の全国大会出場記念のサマー・コンサートの件でお知らせです。

 ピーポート甘木大ホールにての開演に向けて頑張って練習中の音楽部ですが、その大ホールの使用ができなくなりました。

 この九州北部集中豪雨で被災された方々の多くが「ピーポート甘木」に避難されており、今も救援物資の集積・配達などに多くの施設が緊急で使用されております。

 それゆえに、残念ながら音楽部のために使用することを見送らざるを得なくなりました。

 日時はそのままに、会場を「朝倉高校音楽室」に変更し、収容人数の制限により、現在の販売枚数で終了。当日販売は中止することとなりました。

日時:2017年7月22日(土)18:30開演

場所:朝倉高校 音楽室

 一番残念に思っているのは、当の朝倉高校音楽部の部員たちです。

 どうか状況を鑑み、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

 現役朝倉高校音楽部の生徒保護者様のフェイスブックより引用させていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がんばろう朝倉 笑顔忘れず 心はひとつ

2017-07-13 | 朝倉高校

  ~~7月13日(木)西日本新聞 朝刊~~

昨日、全国高校野球選手権福岡南部大会の2回戦で、

朝倉高校 対 朝倉光陽高校が、対戦しました。 結果は、24対0

両校の姿に胸が熱くなります・・・

 

『朝倉球児 豪雨に負けず』 市内2校 高校野球予選で対戦

 九州豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市の朝倉高と朝倉光陽高が12日、全国高校野球選手権福岡南部大会の2回戦で対戦した。地元では行方不明者の捜索が続き、一時は試合の実施すら危ぶまれたが、両校の選手や監督は野球場に集まった。古里の復興に向け、最後まで「諦めない姿」を見せるために。

 「このグラウンドに立てたことに感謝したい」。初戦突破を決め、朝倉高3年の大熊唯斗捕手は喜びをかみしめた。3年間通った比良松中(同市宮野)は校舎が傾くなど、地域は大きく傷ついた。

 「こんな状況で野球をやってもいいのだろうか」と悩んだ。学校も臨時休校になり、豪雨後に初めて全部員が顔を合わせたのは10日。皆で誓い合った。「今できることを懸命にやろう」

 小郡市野球場であった試合は24-0と5回コールド勝ち。4番打者として3度ホームを踏み、守備では2投手をリードした。スタンドでは応援団が「がんばろう朝倉 笑顔忘れず 心はひとつ」のメッセージを掲げた。大熊捕手は「勝ち続け、地元に勇気を与えたい」と前を向いた。

 一方、敗れた朝倉光陽高も最後まで全力プレーを見せた。井手俊明監督は「思い切っていけ」と、1球ごとに黄色いメガホンを口に当て選手を鼓舞し続けた。

 消防団の一員として、寝る間を惜しんで被災地を駆け回った。5日午後4時から6日深夜までの約30時間、住民の避難誘導や自衛隊員の現場案内など、不眠不休で活動を続けた。膝下まで水に漬かり、泥まみれになりながら、9日まで被災地のために汗を流した。 

 試合には大敗したが、しゅしょうの佐藤玲太遊撃手がライナーを攻捕するなど、ナインは懸命のプレーを見せた。井手監督は「最後まで諦めずによく頑張った」と選手をねぎらった後、「これからは歯をくいしばっていかないかんですね」。被災地に思いをはせた。

 

 

 次の対戦相手は、強豪 福大大濠高校です。 

「がんばろう朝倉 笑顔忘れず 心はひとつ」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾畑孝司 水彩・スケッチ展

2017-07-12 | 一原堂

    ~~7月12日(水)西日本新聞 朝刊~~

朝倉高校 9回生 の 尾畑孝司さん の水彩画展の新聞記事が掲載されていました。

 

 朝倉市出身の画家、尾畑孝司さん(78)=埼玉県在住=が11日から福岡市・天神の新天町商店街にある「ギャラリーSEL」で始めた個展「水彩・スケッチ展」の会場に、九州豪雨で被災した古里への義援金を募る募金箱を設置した。

 尾畑さんは朝倉高美術部を経て20歳で上京するまで朝倉市で暮らした。現在のアトリエ「川茸庵」は古里の名物、スイゼンジノリ(川茸)にちなむ。報道などで古里の被害状況を見て心が痛んだという尾畑さんは、「自分も何かしないといけないと思った。少しでも力になれば」と話す。

 個展は16日までで、国内外の風景を淡い色彩で描いた41点を展示。集まった義援金は朝倉市福祉事務所を通じて被災者に送る。

 

お近くの方、ぜひ足をお運びください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若い力!

2017-07-12 | 一原堂

先週の豪雨から1週間がたちました。

被災された皆様、こころからお見舞い申し上げます。

同窓生の方々にも被害にあわれた方多いことでしょう・・・

 

今 苦しんでいる方々が、一日も早く 心穏やかな日常に戻れますように・・・

 

これから、長い道のりです。    まずは、できることから、はじめましょう

 

 

高校生たちの若い力!!熱いパワーで、朝倉を盛り上げていってほしいです

 

がんばろう!朝倉!!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加