元オークのブログ(仮)

オーク(カルトの下っ端)だった頃のことを含めて色々書きたいことを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あれから22年

2017-03-20 08:00:00 | 日記

 

 今日は「地下鉄サリン」事件から22年経ちました。

 私は当時たまたま病気で休んでいて家におりましたが、午前10時か11時くらいから東京の方で何か大規模な事が起こり多くの人々が救急車で病院に運ばれたとテレビで見たいたのを記憶しております。それからしばらくしてそれが後に言われる「地下鉄サリン事件」だというのが分かりました。私にとっては2ヶ月前に阪神淡路大震災もあり終末を感じさせる出来事でした。また、それから連日連夜そのことをオウム真理教を含めてマスコミは報じてましたし、周囲でもその話題でもちきりでした(また当時、私がかつて属していた創価学会にもオウムがサリンなどを撒こうとしたと報じられてました)。

 しばらくしてですが、オウムの背後に何か存在するのではないかと思うようになりましたが、当時は「政治家→ヤクザ→村井をやった実行役の朝鮮籍の徐裕行」くらいしか分かりませんでした。

 それから大分経ち、ネットも出てきて色々なことが見えてきました。オウムの背後にかつていた創価がいたのですね・・・

  10/11 リチャード・コシミズ 【「ヤメカルト1」学習会2009.04.04】

 オウムに創価学会が人材を送り込んでいた」リチャードコシミズ氏講演より

 オウム真理教事件と創価・統一・北朝鮮 1/8

 オウム事件の再考察.....日本も世界も見事に騙されましたね。もう一度やるんですか?黒幕さん。

 http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/228.html

 (オウム事件と極東有事とは直結していると考えるゆえに、戦争板に投稿します。)

「オウム事件はアサハラによるマインドコントロールの結果であり、多くの若者がアサハラに盲従して罪を犯した。アサハラは大罪人だ。」..というのが、世間一般の理解であると思います。そのように、メディアによって誘導され思い込まされてきました。しかし、アサハラは、世間の目を集中させ、「アサハラ」以外の要素に注意が行かないようにする目的で、最初から祭り上げられた「象徴」に過ぎないと解します。オウムとは、現実にはオウムではなかったのです。我々が想像するより、はるかに大きな謀略の一部を担う組織だった。突き詰めていくと911とオウム事件は同根だと解ります。黒幕は同じでした。

▼オウム事件には、いたるところで、他の在日宗教の臭いが付き纏う。
●オウムと統一教会を結ぶ線
http://www.club-kamikaze.net/yamato_ishin/sothutaku/aum02.html
○「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか--それは、創価学会の最大の敵をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」
○オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!
○創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。この両者の接点にオウム・麻原がおり、オウムはサリン作成を実験し実行に移した可能性がある。
○創価学会あるいは統一教会から出資があったと推測されるし、さらにオウムの武装化について、創価学会・統一教会が理解していなかったとは、考えられない。
○オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)

●創価学会とオウム
○オウムの準軍事的構造は、秘密ボディーガード隊、内外情報機構、敵に対して筋肉を誇示するために使われたいわゆる「青年」部など、創価学会内部の警備機関とほぼ同一であった。オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたと噂されている。 
○上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。この部門は、噂によれば、教団の諜報省とともに、オウム施設への強制捜査を導いた仮谷拉致殺人疑惑を含む、拉致者の殺害、殺人、肉体的懲罰の責任があるという。
○オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。そして、創価学会準軍事的軍隊は、東京地下鉄毒ガス事件を、おそらくは朝鮮半島で訓練されたテロリストといっしょに組織し、着手したことがわかるし、
○(創価学会は北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している)*1

●「オウム=創価+統一ではないのか?を議論していた」2チャンネルのスレッドに書き込まれた元オウム信者の述懐です。
2チャンネル 続・告発します
927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31 
こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 創価学会員の人はたくさんおりました。確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・ 海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。

●「4 years after sarin attack」HPより 
http://www.tbwt.com/views/feat/feat981.asp
Inter-sect relations. Four other new religions were deeply linked to Aum, including a sect that boasts support from a former U.S. president and another that has channeled funds to Harvard.オウムには別の4つの新宗教が深く関わっていた。うちひとつは、米元大統領から支持を受けているセクト(統一)、もうひとつはハーバードに資金提供しているセクト(創価)だった。

●日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに 
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/article1120518.html
オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。

★オウムも創価も統一も在日宗教です。この3つの宗教が、オウムに流れ込み、北朝鮮がらみの悪事を実行しようとしてたんですね。要するにひとつの勢力だった。日本には、「日本名」で生活している半島系譜人、日本に帰化はしたが、心は半島人のままの人たちがたくさんいます。外見は日本人にしか見えません。彼らの宗主国のひとつは、北朝鮮です。

 阿修羅掲示板の「ブッシュ親子の自作自演テロの11」様より転載いたしました(*1に関しては「強力に結びついて」いたと思いますが、私個人の意見としては当時の北京やクレムリンは関わっていないと思いますし、関わっていたとしてもごく一部だと思います)。

  おまけ
 
 創価とオウムに関して語っています(私が思うには「創価の裏に」ではなく「オウムの裏に創価」だと思います)。
 
 【石川典行】 創価学会の裏にオウム真理教の影(ツイキャス)

 末端信者の実情の一部を元学会員?の方が語っています。

 創価学会について議論 / 元学会員と直接電話で話してみた【石川典行】

 こちらは特に2:40前後から私もかつて創価学会に関して思っていたことの一部を語っています。

 たかじんのそこまでやって委員会 創価学会の後継者問題

 私はやはりオウムの背後に創価がいたと思います。

 この事件の被害にあわれた方の救済とともにこの事件の真実が明らかになり多くの人々が真実に気づき幸せになることを望みます。

 最後にこの事件で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊丹十三氏を偲ぶ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。