itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『むかし僕が死んだ家』

2006年06月02日 23時30分22秒 | 書評(東野圭吾)
むかし僕が死んだ家

講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『むかし僕が死んだ家』を紹介します。本書は、物語の登場人物が昔の恋人である倉橋沙也加と私の2人でほとんど話が展開されます。話の舞台も長野県の山奥の白い家でほとんど展開されます。解答は沙也加の頭の中にあるので、白い家を調べるうちにだんだん真実が見えてくるようになっています。

倉橋沙也加は小学校以前の記憶が欠落しているという。その謎が白い家にあるという。その白い家に私は沙也加と共に行き、沙也加の幼い記憶を取り戻す旅にでることになる。私の視点で常に物事が展開される。読者は私と共に謎解きの旅にでかけているかのように思える。

謎が解けたときの衝撃がすごかった。ぞっとするなあという感じと沙也加にとっては傷が残ったんだろうから、幼いときの記憶がなくなったんだなという感じだ。私は沙也加よりも謎を解けていて沙也加が傷つくと思い、その真実を教えないように隠ぺい工作をしようとしたが、結局沙也加は真実を知ってしまう。その真実はぞっとするものだったが、沙也加はそのことを自分の中で吸収したんだろうと思う。そのことと、離婚とどう結びつくかはわかりませんが。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和田氏の盗作疑惑、スギ氏「... | トップ | みんなのストレス解消法は? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
mahirose cafe (mahirose)
2009-10-18 08:45:37
TBありがとうございました^^
この本は文庫本で購入しました。
東野作品は本当に面白い作品がたくさんありますよね~。
Re:mahirose cafe (itchy1976(当サイト管理人))
2009-10-18 13:48:46
mahirose様コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、東野作品は駄作がなく、平均以上の面白い作品がたくさんありますね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「むかし僕が死んだ家」東野圭吾 (雑板屋)
【本当の自分に出会うまで】 ~私は、昔別れた彼女の依頼で山中に立つ洋風の一軒の家を彼女と訪れた。 彼女の幼い日の記憶を取り戻すために。。。~ ストーリーのほとんどを一軒の家の中で主人公の私と昔の彼女の二人の会話で謎解きが進む。 そして伏線・ ...
むかし僕が死んだ家 東野圭吾 ("やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!)
むかし僕が死んだ家 この本はNoStoryNoLifeのpear_pictureさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 おもしろかったです!一気に読んでしまいました。 覚えていない記憶を追い求めて、死んだ父が残した鍵と地図の場所へ。でもっ...
墓 ~「むかし僕が死んだ家」~ (サナダ虫 ~解体中~)
「むかし僕が死んだ家」(著:東野圭吾)を読んだ。 「あたしには幼い頃の思い出が全然ないの」 別れた恋人の記憶を取り戻す為、“私”は彼女と「幻の家」を訪れた。 そこで二人を待ち受ける、恐ろしい真実とは・・。 感想。 ?薄ッ!(文庫本、約300ページ) ?...
むかし僕が死んだ家 (Yuhiの読書日記+α)
東野圭吾著「むかし僕が死んだ家」を読了しました。独特のタイトルのため、以前から気になっていたのですが、ようやく読むことができて良かったです。 この作品は純粋な推理小説とは違っているので、私の好きなタイプの作品ではないかなと思ったのですが、読み始めると一...
むかし僕が死んだ家/東野圭吾 (うつわの器)
幼児虐待をテーマにしてるようで、ほんの少しかすってるだけのような気がしました。 幼児虐待自体には特に訴えるものは感じなかったです。 それからひらがながいっぱいの小学4~5年生の日記で「舌足らず」という言葉が書かれてたけど、それは変でしょ。 語彙が豊富な作...
むかし僕が死んだ家(東野圭吾) (over the bookshelf)
この間読んだ、「謎003」の最後に、恩田陸さんが紹介していた作品のひとつです。 なんだか不思議なこのタイトルに惹かれて真っ先に読みました。 こういう形(?)のミステリは、東野さんならではなのかなぁと感じます。 読み終わった後、いつものように(笑)...
「むかし僕が死んだ家」東野圭吾 (りゅうちゃんミストラル)
先日、東野圭吾の「むかし僕が死んだ家」を読んだ。(この記事にはネタばれあり)       最近での作品で東野といえば「ガリレオ」シリーズ。ドラマや映画にもなった。今回読んだ「むかし僕が死んだ家」は彼としても異色作。昔別れた彼女が一緒に小海線沿線にある古...
むかし僕が死んだ家 (YOTU-BOOKS)
講談社文庫 著者/訳者名 東野圭吾/〔著〕 出版社名 講談社 (ISBN:4-06-263507-0) 発行年月 1997年05月 サイズ 313P 15cm 価格 560円(税込) 同著者の本を読むのは初めてだな~。 もちろん名前はよく見知っていたけど。 先日読んだ「化物語」も、実...
むかし僕が死んだ家 / 東野圭吾 (寄り道な本棚)
7年前に別れた恋人・沙也加の子供時代の記憶を取り戻すために、「私」は彼女と幻の家を訪れた。そこで、二人を待ち受ける真実。正直、タイトルにだまされた、という気がしてならない。文学的な解釈をすれば、おそらく間違いではないのだろう。この分類自体、「ミステリ」...
「東野圭吾」の感想2 (読書感想トラックバックセンター)
「東野圭吾(ひがしのけいご)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *作品:放課後、秘密。容疑者Xの献身、ゲームの名は誘拐、悪意、白夜行、手紙、時生、レイクサイド、分身、むかし僕が死んだ家、毒笑小説、殺人の門、天使の耳、どちらかが彼女を...
◎読書記録◎ 「むかし僕が死んだ家」 東野圭吾 (The 近況報告!)
東野圭吾の昔の作品は読んだのかどうか記憶があいまいな ものも多く、これもよく覚えていないのだけど…多分未読。