itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湊かなえ『少女』

2009年02月28日 22時51分14秒 | 書評(その他著者)
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
湊 かなえ
早川書房

このアイテムの詳細を見る


今回は、湊かなえ『少女』を紹介します。同著者の『告白』という著書が結構良かったので、同書も読んでみようかなと思いました。所々毒を聞かせたものもありましたが、『告白』ほどの衝撃はなかったし、印象に残るものもなかったですが、冒頭の遺書は誰の遺書だったのかというミステリーとしてそれなりに楽しめるし、読んでいくにつれて全てがつながっていくといったところは「ああ、そういうことだったか」という感じでした。本書のテーマは「因果応報」ですかね。

本書は、「この夏、絶対に人の死がみたい」ということで。敦子は、補習代わりの老人ホームに手伝いに行き、由紀は、病院の小児科に本の読み聞かせボランティアをしにいきます。具体的に2章から話が始まります。それぞれ人との出会いによって、お互い近すぎてすれ違っていたところがあったが、互いに分かり合っていきます。

最終的には、最後の遺書の続きを見たときは、最後はこういうつながり方だったんだといって、ぞっとしたなあという印象があります。それでも、友達でもお互い探っていたところがある、主人公の敦子と由紀の友情は深まったので、それでよかったのではないでしょうか。

最後に、著者が思ったとおりに、本書を読んで、死について考えるきっかけになるかといえば、そうはならないかなと思いますね。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近になってアクセスランキ... | トップ | EXILE、J Soul Brothersを吸... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『少女』:湊かなえ (taka)
2009-08-16 00:36:39
トラバ、ありがとうございました。
『少女』は『告白』ほどのインパクトはないですね。
この方の作品はあくまで娯楽として読む物で、何かについて考えさせる、というものではないと思いました。
『贖罪』もそのうち読んでみようと思います。
またトラバ、コメントお願いします。
Re:『少女』:湊かなえ (itchy1976(当サイト管理人))
2009-08-17 21:08:11
taka様コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり娯楽として読む本なんだろうなという感じがしますね。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (リバー)
2010-06-05 15:33:56
TB ありがとうございます。

たしかに「告白」ほどの衝撃はなかったですが
私的には好きな作品でした

湊さんの新作 楽しみですね
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-06-06 00:19:17
リバー様コメントありがとうございます。

>湊さんの新作 楽しみですね
→『Nのために』『夜行観覧車』も追っかけるということですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『少女』湊かなえ (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「少女」湊かなえ 早川書房 2009年(書き下ろし) 昨年、ミステリー界の話題を一気にさらい大注目を受けた「告白」の後に出た最新作。何といっても「告白」での衝撃から目が覚めないので、とても高い期待をしてしまうということと、常に「告白」と「少女」を較べなが...
「少女」湊かなえ (しんちゃんの買い物帳)
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)(2009/01/23)湊 かなえ商品詳細を見る デビュー作「告白」の誕生は偶然ではなかった。本書によって、この著者...
少女 (粋な提案)
高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。 彼女はかつて親友のを目にしたというのだ。 魅せられたふたりの胸に、あ...
「少女」湊かなえ (たちばな屋・ミステリ分科会)
「告白」の湊かなえの長編第2作、「少女」。 「告白」が面白かった方は、大満足でしょう・・・
『少女』湊かなえ (ひなたでゆるり)
少女 湊かなえ/早川書房 高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは? 前作と比較するのはあまり意味がないことなのですが、ちょうど前作『告白』を読み終えて...
「少女」湊かなえ(ハヤカワ・ミステリーワールド 早川書房) (待ちわび通り cinema&book)
「人が死ぬ瞬間を見たい」と切望する二人の女子高生。 由紀は、重い病気の子の死に立ち会えるかもと、病院の小児科で本の読み聞かせのボランティアを始める。 敦子は、体育の補習の代わりではあるが、老人ホームの手伝いをし、入居者の死を目撃しようとする。 二人はそ...
少女  湊かなえ  読みました (単車と車と本と山 の記録)
評判の 告白 を読んだので ついでに読みました。二人の高校生の 死 についての話です。遺書からはじまり 遺書でおわります。性格の違う二人の内面 残酷さ 無垢さ が クールな感じで描かれていきます老人ホームで いよいよ人殺すのか と思ったんですが…そうい...
読書日記147:少女 by湊かなえ (書評:まねき猫の読書日記)
『少女』:湊かなえ
死の瞬間を見てみたい (笑う学生の生活)
小説「少女」を読みました。 著者は 湊 かなえ 転校生の話から2人の少女は死の瞬間を見てみたいと思うようになる 1人は老人ホームで入居者の死を 1人は病院で重病の少年の死を 最初から引き込まれる いったいどうなるのか・・・
少女(湊かなえ) (Bookworm)
またもや記事を溜めてしまった;;;10日以上も前に読んだ本の感想なんて、私には書けんわっ!と呟きつつ、自分で蒔いた種なので頑張って書いてみるー。でも、もう記憶が薄れて・・・;;;めっちゃ簡潔感想で乗り切ろう(笑)
「少女」湊かなえ (りゅうちゃん別館)
「告白」で多くの人に注目されるようになった湊かなえ。 彼女が09年に出した作品が、この「少女」。 (この記事、ネタばれあり)    【送料無料】少女価格:1,470円(税込、送料別) 高校2年生の桜井由紀と草野敦子が経験する夏の物語。 二人は転校生の紫織から、...
少女 湊かなえ (花ごよみ)
少女 (双葉文庫) 転入生からの話をきっかけに、 人が亡くなる瞬間を見たいという、 残酷な好奇心にとりつかれた、 由紀と敦子、 女子高生二人。 そういう動機からボランティアに。 選んだ先は由紀の方は小児科病棟で、 敦子は老人ホーム。 その中で起こる出来事。 ....