itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『プラチナデータ』

2011年12月10日 23時59分26秒 | 書評(東野圭吾)
プラチナデータ
東野 圭吾
幻冬舎


今回は、東野圭吾『プラチナデータ』を紹介します。まあ、それなりに面白かったですけど、自分の心に印象深く読んだ印象が残っているかといえば違うかもしれないね。近未来の管理社会についてかかれてあったんだろうけど、管理される側にとってはすごく怖いけど、管理する側が管理されるのは嫌なので、抜け穴を作るということなんだよね。それは、一種の身分制度と同じなんでしょう。コンピュータシステムがより一層発達したとしても、管理が完璧に出来るわけでもないような気がする。結局作るほうも人間だとすれば、管理するほうも人間なんだよね。人間が完璧でないからコンピュータを使って管理するということなんだろうけど、運用する側の人間にも抜け穴があるということですね。結局システムを過信することなく、最終的には、浅間の昔ながらの捜査が役に立つわけなんですね。

本書は面白かったといえば面白かったが、印象に残ることはなかった。将来の管理社会についての怖さと盲点をついたところに本書のミステリーが成り立っていくわけなんですよね。注目どころは、蓼科兄妹殺人の一連の事件の犯人とNF13のつながりは何?神楽は冤罪なのか?DNA捜査システムはどういうものなのか?プラチナデータとは何か?ですかね。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011年11月の読んだ本リスト... | トップ | 第88回東京箱根間大学駅伝... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-12-18 01:18:45
TB ありがとうございます。

本作は普通に面白かったですね
ただ おっしゃるように印象には深く残らず

十分面白いのですが・・・
東野圭吾だけにもう1つを求めてしまいますね
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2011-12-20 00:05:27
リバー様コメントありがとうございます。

面白いんだけど、おっしゃるとおり東野作品だからこそもう一押しを求めるので、結果として評価が辛いという風になりますね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プラチナデータ/東野圭吾 (本と映画、ときどき日常)
今のDNAよりずっと先端をいった技術。 髪の毛1本で正確なモンタージュまでできてしまう時代。 一気に検挙率が上がる中、犯人不明の連続殺人事件が発生。 これはいったいいつのお話なんだろう。 近未来? それとも今現在? やっぱり東野圭吾はすごい。 物語に....
プラチナデータ 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
プラチナデータ著者:東野 圭吾幻冬舎(2010-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのよう ...
DNAをめぐる・・・ (笑う学生の生活)
小説「プラチナデータ」を読みました。 著者は 東野 圭吾 DNAと殺人をめぐるミステリー ある種 SFといえる感じで 管理社会の怖さがありました とはいえ、今作はエンターテイメント作品ですね 飽きることなく 最後まで一気に 深さはそれほどなく 単純に楽しめますね ...
プラチナデータ*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
プラチナデータ(2010/07/01)東野 圭吾商品詳細を見る 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め...
「プラチナデータ」東野圭吾著 (千の天使がバスケットボールする)
東野圭吾さんは、名実ともに人気作家である。 本を出版する度に話題となり、駅前の小さな本屋でも平積み、そしてすべてベストセラー。しかも、次々と新作が登場してそのどれも一定以上の水準を維持しているのがすごい。同期のミステリー作家、乙女の憧れだった森雅裕さま...
『プラチナデータ』東野圭吾 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「プラチナデータ」東野圭吾 幻冬舎 2010年(初出パピルスに加筆訂正) DNAデータの蓄積より新しいDNA捜査が行われる近未来。完璧な捜査が可能なはずなのに、それをかいくぐるNF13・・・平行して殺害されるそのシステムを作った者・・・捜査関係者は精神を病んで・・・...
東野圭吾/「プラチナデータ」/幻冬舎刊 (ミステリ読書録)
東野圭吾さんの「プラチナデータ」。 国民のDNA情報を元に犯罪捜査を行うDNA法案が国会で可決され、犯罪検挙率が飛躍的に上がった 日本の社会。このDNA捜査を確立させた警察庁特殊解析研究所主任・神楽龍平は、この操作方法に 絶大な自信を持っていた。しかし、そん...
プラチナデータ (東野圭吾さんのファンブログ)
東野圭吾さんの「プラチナデータ」の感想です。DNA捜査システムで飛躍的に検挙率が上がる中、DNA捜査を嘲笑うかのような事件が発生する。そんな中、システム開発者が何者かに殺される・・・。...
解析の先にあるもの (活字の砂漠で溺れたい)
僕達の日常は、 どこまで監視されているのだろう。 街を歩いても、車に乗っても、 至る所で監視カメラが僕たちを狙っている。 それがもしも、各個人のDNAを採取され、 それらが ...
プラチナデータ / 東野圭吾 (勝手に書評)
タイトル : プラチナデータ 著者 : 東野圭吾 出版社 : 幻冬舎 ---感想--- DNAデータが国家に登録され、犯罪捜査に使われるようになっている時代・・・と言うと、凄い未来のような話ですが、物語の描写的には、今とほぼ同じ時代であるかのように描かれています。...
「プラチナデータ」東野圭吾 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこ...
◆プラチナデータ◆ (のんびり。)
プラチナデータ作者: 東野 圭吾出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/07メディア: 単行本 毛髪、血液、唾液、汗、粘膜、皮脂、耳垢などから、 採取したDNAをプロファイリングすると、 性別、年齢、血液型、身長、体質、 足のサイズ、肌の色、顔の形、 歯の特徴、体毛の...
プラチナデータ 東野 圭吾  (花ごよみ)
DNA捜査が行われることになった近未来、 犯罪に巻き込まれることになった 警視庁特殊捜査機関の科学者、 その科学者を追う刑事。 面白かったです。 追跡する側、逃げる側、 けっこう緊張感があって 先が気になって読むのを 止められません。 図書館で借りてきて そ....
「プラチナデータ」東野圭吾 (りゅうちゃん別館)
遺伝子捜査をテーマにした近未来ミステリー。 理系の東野圭吾らしい作品だ。    【送料無料】プラチナデータ [ 東野圭吾 ]価格:760円(税込、送料別) 科学捜査はここまできた。 DNAにより、容疑者(ほぼ犯人と言っていい)の顔まで判明してしまう。 だが、データ...