itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『ガリレオの苦悩』

2008年11月07日 23時55分18秒 | 書評(東野圭吾)
ガリレオの苦悩
東野 圭吾
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る


今回は東野圭吾『ガリレオの苦悩』を紹介します。この作品でドラマ版で柴咲コウが演じていた内海薫が初めて出てきます。内海薫は女性独特の視点で勘が鋭い女性という感じがします。今回は湯川がターゲットになっている章が多かったように思います。湯川の人間らしさが垣間見られた。そのため、草薙は多少出番が少ないように感じました。

各章の概略を紹介します。中心は第二章と第五章。2008年10月4日に放映された「ガリレオ」の特別編は第一章と第二章がモデルになっています。
第一章 落下る:内海薫初登場。離れた場所から死体を落下することが出来るか。
第二章 操縦る:友永幸正の息子邦宏をどうやって殺したのか。爆発成形における金属の流体的挙動の解析。登場人物各々の心情がよくわかり、一番読んでいて心に残り、とてもよかった章である。
第三章 密室る:湯川の友人である藤村のペンションで事件がおきる。密室の謎を湯川が解く。
第四章 指標る:ダウジング。一番今までのガリレオシリーズっぽいかな。
第五章 攪乱す:湯川に挑戦する「悪魔の手」。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オバマ次期米大統領の勝利 | トップ | ニュースキャスター・筑紫哲... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (藍色)
2008-11-18 04:04:54
こんばんは。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
湯川が人間っぽいなぁと感じる部分が多かったですね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2008-11-20 23:55:52
藍色様コメントありがとうございます。

確かに湯川の話という感じがしましたね。人間らしさ満載でした。

Unknown (苗坊)
2009-11-15 20:43:10
こんばんわ。TBとカキコありがとうございました。
内海刑事が登場してからは湯川・草薙コンビという雰囲気が薄れているような気がします。
今作は湯川の人間性が出てきましたよね。
「操縦る」が切なくて感動しました。
内海刑事も、なくてはならない存在になってきましたよね。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-15 21:57:48
苗坊様コメントありがとうございます。

湯川・草薙コンビという雰囲気は確かに薄れてきているように思いますね。特に、湯川を取り上げた作品も多いですね。湯川の人間性がでてきたように思います。

ガリレオシリーズが続くのであれば、内海刑事もなくてはならない存在になると同時に草薙の存在感が薄れていくのかなとも思っていますね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ガリレオの苦悩」(東野 圭吾著) (junko's blog)
「ガリレオ・湯川先生」のシリーズの本、初めて読みました。 実は去年ドラマをやっていた時は、出かける用事があって、数回しかドラマもみていないのですが。 この本には5作品収められていますが、1作品目の最初に、柴咲コウが演じている内海薫さんが初めて湯川...
ガリレオの苦悩 東野圭吾 (粋な提案)
ガリレオの苦悩(2008/10/23)東野 圭吾商品詳細を見る 装幀は石崎健太郎。装画は塩谷博明。別冊文藝春秋ほか初出と書き下ろし。 落下る―おちる:...
読書メモ(本) 『ガリレオの苦悩』 (自由の森学園図書館の本棚)
東野圭吾の最新刊『ガリレオの苦悩』を読みました。『落下る(おちる)』『操縦る(あやつる)』『密室る(とじる)』『指標す(しめす)』『攪乱す(みだす)』が収録されています。短編には短編の良さがあるなぁと思います。ほとんど同時並行で『聖女の救済』も読んでい...
東野圭吾 2作 (Akira's VOICE)
「ガリレオの苦悩」 「聖女の救済」 
【本】ガリレオの苦悩 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
       『ガリレオの苦悩』       東野圭吾       文芸春秋【comment】本作は、ガリレオシリーズの短編集『探偵ガリレオ』『予知夢』、長編『容疑者Xの献身』の続編として2冊同時刊行されたうちの一冊であり、5話が収められた短編集だ。フジテレビの...
ガリレオの苦悩 東野 圭吾 (おすすめ小説)
ガリレオシリーズ2冊同時刊行、「聖女の救済」に続き読みました。 こちらの作品も、科学的な話だけでなく人の心理に触れる内容が多くなっています。 帯にも書いてあるのですが、以下に印象的な湯川先生の台詞をあげます。 「人の心も科学です」 「人間が生み出した...
「ガリレオの苦悩」東野 圭吾★★★半☆ (藍麦のああなんだかなぁ)
「ガリレオの苦悩」東野 圭吾文芸春秋 ISBN:978-4-16-327620-
ガリレオの苦悩/東野圭吾 (ここから)
えー、これからは、本読みネタは、何冊分かまとめてUPしよかな、と思います。 時には我ながら地味ィィ~な本を読む時もあって、雰囲気が寒くなるような気がするので^^; というわけで、本日は3冊分です。 思ったより早く回ってきました、ちょっと前の超人気本...
ガリレオの苦悩(東野圭吾) (Bookworm)
ガリレオシリーズの短編集。
ガリレオの苦悩 (DORAMANIA!)
 「ガリレオの苦悩」東野圭吾   最新刊のうちの1冊読み終えました{/ee_1/}      ドラマ化、映画化されてからの出版物なので、流行に便乗してると思われたら心外だ{/face_ikari/}前から東野作品は読み漁ってるっての。  ・・・とは思ってはいたものの、やっぱり...
東野圭吾 『ガリレオの苦悩』 (積んどく? 読んどく?)
 もう捜査に協力しないと決めていた湯川。それでも、警察からの捜査協力の依頼はまたもやって来る。その依頼がいつもと違うのは、湯川を訪ねたのが草薙ではなく女性刑事であることだった・・・ 『聖女の救済』と同時に刊行された「探偵ガリレオ」シリーズの新作。こちら...
ガリレオの苦悩 (Yuhiの読書日記+α)
東野圭吾著「ガリレオの苦悩」を読了しました。探偵ガリレオシリーズの第4弾で、先日読了したばかりの「聖女の救済」とは同時刊行されたものです。ただ、「聖女~」とは違い、こちらは短編集となっています。何となく懐かしさを感じたのですが、それは初期の頃の作品とパ...
東野圭\吾 「ガリレオの苦悩」 (ゼロから)
冒頭の「落下る」は、TVドラマ「ガリレオФ」の元となったストーリーですね。TVドラマと設定は、相違していますが原作のほうが、面白かったです。
(書評)ガリレオの苦悩 (新・たこの感想文)
著者:東野圭吾 ガリレオの苦悩(2008/10/23)東野 圭吾商品詳細を見る 探偵ガリレオシリーズの第4作だか、第5作だか。『聖女の救済』と、同...
ガリレオの苦悩 (どくしょ。るーむ。)
著者:東野 圭吾 出版社:文藝春秋 感想: 久々のガリレオシリーズの新作。短編集です。 一番心配していたのは、ドラマの影響で湯川先生が超スタイリッシュに変貌しているのではないかということ(笑)。でも、相変わらずマグカップは薄汚れているし、変にオヤジ臭いし、そ...
ガリレオの苦悩 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
ガリレオの苦悩 「落下る」女性が転落死し、草薙と内海は捜査に乗り出す。翌日、女性の大学時代の先輩という岡崎光也が警察にやってきた。彼は、落ちる瞬間を目撃したのだという。 何かトリックがあるはずだと、内海は草薙の友人である湯川教授を訪ねる。 「操縦る」元...
『ガリレオの苦悩』 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
<探偵ガリレオ>シリーズの最新刊ですが、同時に2冊発売という、ファンにとっては嬉しいような困っちゃうような商品戦略になっておりますな。続けて新作が読めるのは嬉しくても、ハードカバー2冊分の出費を強いられるというのはなかなか辛いものがあります。 どうせな...
ガリレオの苦悩 (Diarydiary!)
《ガリレオの苦悩》 東野 圭吾著 文藝春秋発行 =Story=マンションの7階か
ガリレオの苦悩 〔東野 圭吾〕 (まったり読書日記)
ガリレオの苦悩東野 圭吾文藝春秋 2008-10-23売り上げランキング : 58おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう 。 ...
東野圭吾 『ガリレオの苦悩』 (映画な日々。読書な日々。)
ガリレオの苦悩/東野 圭吾 ¥1,600 Amazon.co.jp 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう ガリレオシリーズ、5つの短篇集。 私、ドラマの柴崎コウのイメー...
「ガリレオの苦悩」東野圭吾 (雑板屋)
【シリーズの安定感】 東野圭吾著、人気のガリレオシリーズは「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」全てを読破し、テレビドラマ化もそして映画化も全てを観つくしてきた。 ここへ来て新たに短編集「ガリレオの苦悩」そして長編「聖女の救済」の登場に胸を膨ら...
「ガリレオの苦悩」(東野 圭吾著) (読書と中学生(母)日記)
「ガリレオ・湯川先生」のシリーズの本、初めて読みました。 実は去年ドラマをやっていた時は、出かける用事があって、数回しかドラマも...
◎読書記録◎ 「ガリレオの苦悩」 東野圭吾 (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2010年の思い出{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
ガリレオの苦悩  東野圭吾著 文春文庫 (極私的映画論+α)
 やはりハードカバー買おうかな(笑)