itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』

2006年08月29日 23時57分34秒 | 書評(東野圭吾)
どちらかが彼女を殺した

講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』を紹介します。妹である和泉園子が殺された。そこで、警察官である兄、康正が容疑者を探すことになる。現場検証によって、園子の自殺ではなく、2人(園子の元恋人と園子の友達)に絞られた。どちらが犯人かは、本文(袋とじでは、犯人解読にいたるヒントが記載されている)の中では記述されていない。謎解きの面白さを味わうにはいい作品だと思う。

兄の康正が自力で犯人のてがかりを見つけ、復讐しようとしている動きから、加賀は、犯人の手がかりを見つけつつ、康正が何か隠しているのではないかを感じることになる。そして、最終場面では園子のマンションで、犯人候補の2人と康正と加賀が対峙することになる。その場面で、康正も犯人がわかることになる。

私は、一回目読了後は犯人がぜんぜんわかりませんでした。左利き、右利きが何らかのヒントになっているんだろうなとは思ったのだが。最終場面を読み終わったあとで、二回目を読了しましたが、最終場面で記載されていた意味を確かめるように読んでいったら、そこでなんとか犯人がわかりました。最後までわからない人は、袋とじを読んだうえでもう一度読み返せばいいのではと思います。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大村あつし『人生は数式で考... | トップ | 国内候補は東京 16年夏季... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見解を~ (恵)
2011-04-20 14:59:15
以前トラックバックしていただいたものです。
この本、私も最近拝読したのですが
自分の推理が正しいかどうか気になっています;
itchy1976さんはズバリどちらだと思いますか??
もしよろしかったら見解をお聞かせしていただくと嬉しいのですが・・。
ネタバレになってしまうので書けなくてもいいです~☆
アドバイス (恵)
2011-04-21 17:05:57
ありがとうございました!
ちょっとよく読めてないかもしれないので
再読してみます☆
またブログ参考にさせて頂きます~。
Re:見解を~ (itchy1976(当サイト管理人))
2011-04-22 07:20:26
恵様コメントありがとうございます。

見解については、当サイトでなく、そちらのサイトにコメントさせていただきます。

これからもよろしくお願いします。
Re:アドバイス (itchy1976(当サイト管理人))
2011-04-22 07:22:40
恵様コメントありがとうございます。

一応袋とじのヒントを読まれたということはわかりました。再読してみるといいとおもいます。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
どちらかが彼女を殺した/東野圭吾 (うつわの器)
なんて意地の悪い推理小説_| ̄|○ 書籍タイトル通り、2人のうちどちらかが犯人であって計画的な共犯とか、意図せず2人とも殺人に関わったというオチはないと信じて読んでたので、それはいいのですが・・・。 以下、ネタバレです。 読み終えてもなお犯人わかりま...
どちらかが彼女を殺した (気楽に♪気ままに♪のんびりと♪)
********************************************************************** 最愛の妹が偽装を施され殺害された。 愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は 独自の“現場検証”の結果容疑者を二人に絞り込む。 一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。 妹の復讐に燃え...
「どちらかが彼女を殺した」東野圭吾 (雑板屋)
?だ・か・ら・・・どっちやねん!? このタイトルのごとく‘どちらかが’犯人なのだ。 最初から容疑者は二人に絞られている。 東京で一人暮らしをする妹の死に様を発見したのは名古屋に住む実の兄。間違いなく妹は殺されたのだと直感はするが、確かな証拠がない。 ...
『どちらかが彼女を殺した』 東野圭吾  感想 (まったり感想日記)
最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?....
どちらかが彼女を殺した 東野圭吾 (かみさまの贈りもの~読書日記~)
警察官を兄に持つ女性が自室で謎の死を遂げた。容疑者は、二人。果たしてどちらが彼女を殺したのか。謎多き事件に練馬署の加賀刑事が挑むシリーズ第三弾。 とてもわかりやすい設定でストーリーは展開し、戸惑うことなくサクサクと読み進めた。 しかし、事件に絡んだ謎の...
どちらかが彼女を殺した (みるき~うぇい)
講談社より¥620で発売中 <あらすじ> 最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を2人に絞り込む。1人は妹の親友。もう1人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ち...
◎読書記録◎ 「どちらかが彼女を殺した」 東野圭吾 (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2010年の思い出{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
【本】どちらかが彼女を殺した/東野圭吾 (しょ~との ほそボソッ…日記…)
どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)東野 圭吾 講談社 1999-05-14by G-Tools 「歪笑小説」があまりにも面白かったので、続けて東野作品を読む。 殆どの作品を読んできたつもりだけど、未読のものもちら...