itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湊かなえ『往復書簡』

2010年11月11日 23時59分48秒 | 書評(その他著者)
往復書簡
湊 かなえ
幻冬舎


今回は、湊かなえ『往復書簡』を紹介します。3篇の中編小説が収録されています。いい感じの長さで読みやすかったかなと思います。毒があるのはいつものことだが、読後感のいい作品もありましたね。手紙の形式の独白というのが良かったかな。手紙というやつがいい舞台装置になったのかなと思う。著者の湊さんの特徴にあっていたように思います。今までは、『告白』の2番煎じの作品ばっかりだったけど、この作品は、『告白』の次によかった作品だったと思う。

十年後の卒業文集:高倉悦子は千秋の事を聞きだすためにクラスメートに手紙を書く。
二十年後の宿題:大場は過去の恩師のお願いにより、6人にあって来て、現在の様子を伝えるために手紙を書く。結果的にはこの話がいちばん好きですね。
十五年後の補習:日本にいる万里子と国際ボランティア隊で仕事をしている純一との往復書簡。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <世界バレー>日本、ロシア... | トップ | 好きなおでんの具は何ですか? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (べる)
2010-11-21 07:32:37
TBありがとうございます。こちらからも折り返しチャレンジしてみたのですが、『平台はお待ちかね』同様、エラーが出てしまうようです(そちら様の承認の問題ならば良いのですが)。反映されていなかったらすみません^^;
一応記事URLを入れておきます。
書簡形式で読みやすかったですね。二作目・三作目のラストが気に入りました^^
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-11-23 00:24:40
べる様コメントありがとうございます。

>書簡形式で読みやすかったですね。二作目・三作目のラストが気に入りました^^
そうですね。手紙の形式なんで、コチラがああ送れば、相手はこう返す。その攻防が面白かったですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
往復書簡*湊かなえ (+++ こんな一冊 +++)
往復書簡(2010/09/21)湊 かなえ商品詳細を見る あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋...
『往復書簡』湊かなえ (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「往復書簡」湊かなえ 幻冬舎 2010年(初出パピルスと書き下ろし)
『往復書簡』 湊かなえ・著 | "再生の物語"への第一歩 (23:30の雑記帳)
書き下ろしを含む3つの中編からなる一冊。読み始めて十数ページまで進んだところで「もしや大傑作!?」の予感。その予感は8割方的中。手紙のやり取りという形式だと、一人称や三人称 ...
『往復書簡』 湊 かなえ (趣味は読書。)
湊さんの新作、読みました~ 図書館でも大人気なので、手元に来ると何だか感慨深いです。 題名通り、手紙のやりとりで物語は紡がれます。 3話あるのですが、それぞれつながりは無く 独立した話となっています。 共通していることが、全て手紙文であるということと、 ...
「往復書簡」湊かなえ (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋は、行方不明だという。そこには五年前の「事故」が影を落としていた。真実を知りたい悦...
往復書簡(湊かなえ) (Bookworm)
これはこれは・・・。手紙のやりとりだけで、こんな面白い小説になるなんて思ってもみなかった!最初から最後まで夢中になって読みました。まさに一気読み。
本「往復書簡」 (<花>の本と映画の感想)
往復書簡 湊かなえ 幻冬舎 2010年9月 往復書簡/湊 かなえ ¥1,470 Amazon.co.jp あれは本当に事故だったのだと、私に納得させて...
手紙から見える真実 (笑う学生の生活)
小説「往復書簡」を読みました。 著者は 湊 かなえ 題名通り 手紙の文章からなる 独立した 3編のストーリー どの話も 謎があって、引き込まれますね 独白という感じも今までと似ていますね とはいえ、「告白」など今までと比べると 衝撃度や悪意度が低い感じです 悪...
往復書簡 (どくしょ。るーむ。)
著者:湊 かなえ 出版:幻冬舎 感想: 湊かなえさんの作品は人気が高く、新刊が出たころに一つ前の作品が読めるというパターンが続いています。 『往復書簡』は、全編が手紙ス ...
「往復書簡」湊かなえ (りゅうちゃん別館)
似たような作品ばかりの湊。またしても読んでしまった。 書簡体の3つの短編を収録。(この記事、ネタばれあり)    【送料無料】往復書簡 [ 湊かなえ ]価格:630円(税込、送料別) 「十年後の卒業文集」 「捻り」がきいている。 このアイデアは私も予想できなかっ...