itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『探偵倶楽部』

2010年12月21日 23時57分16秒 | 書評(東野圭吾)
探偵倶楽部 (角川文庫)
東野 圭吾
角川書店

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『探偵倶楽部』を紹介します。会員制の調査機関である探偵倶楽部が事件を解決する短編小説です。探偵倶楽部の探偵役(美男美女)はあくまで黒子である。彼らがどうやって調査しているかはほとんど出てこなく、結果だけが示されるような感じです。あまり単純な結論はなく、一工夫凝らしているといっていい。

各短編を紹介します。
偽装の夜:大手スーパーマーケットを経営する社長(正木藤次郎)が行方不明になった。それを探偵倶楽部が捜査することになる。

罠の中:風呂場で心臓麻痺により山上孝三がなくなった。また、お手伝いの玉枝が自殺した。探偵倶楽部はそれらの真相を明らかにする。玉枝はお金が必要。実際は、孝三が誰かを殺そうとして、電気コードを風呂場にセットしていたのだが、孝三が殺されたのである。ポイントは洗濯機である。孝三が仲間に引き入れたのは4名いるのである。

依頼人の娘:娘の美幸が家に帰ると母親(妙子)がなくなっていた。家族内でなんか隠し事をしているように感じたので、美幸は探偵倶楽部に父(陽助)、姉(享子)、叔母さん(大塚典子)の行動を調査してもらうことにした。この話だけ、探偵倶楽部が人間的なところを見せるのである。

探偵の使い方:阿部芙美子は夫の素行調査をしてほしいと探偵倶楽部に依頼する。ゴルフに来たときに阿部佐智男と真鍋公一がビールを飲んで苦しんで殺された。巧妙に偽装すれば簡単に世間の目をごまかせるということか。

薔薇とナイフ:大原教授は娘の由理子の相手の男を突き止めてほしいと探偵倶楽部に依頼する。次第に、由理子の相手の男は神崎でないことがわかった。結論としては、直子と神崎が殺されたこの事件は、仕組まれた殺人だった。血縁関係というものがポイントになった。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2010年ブレイクした芸能人 | トップ | 山田真哉『食い逃げされても... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (恵)
2011-03-07 00:08:10
トラックバックありがとうございます。
とても沢山の本を拝読されているのですね。
凄いです。
私はちみちみと漸進的にやっています。
東野氏は最近になってやっと読み始めました。
奥田氏は『邪魔』と『ララピポ』を読んだ事があります。
私もどちらも好きな作家さんです。
でも、結構読んでいるのはマイノリティーなものが多いです。
またitchy1976さんの書評も参考にします。
それではまた☆
Re:はじめまして (itchy1976(当サイト管理人))
2011-03-09 01:56:53
恵様コメントありがとうございます。

>とても沢山の本を拝読されているのですね。
→6年半近くやっているのでその蓄えがあるという感じでしょうか。それに、年間100冊ということを目標にしているということもあります。少しずつやっていれば、その分増えていきますよ。

>東野氏は最近になってやっと読み始めました。
→私は『白夜行』をお薦めします。850ページぐらいありましたが一気読みです。

>またitchy1976さんの書評も参考にします。
→ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『探偵倶楽部』 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
VIP専用・会員制の調査機関<探偵倶楽部>が、セレブからの依頼を受けて難事件を解決するという短編集で、「偽装の夜」、「罠の中」、「依頼人の娘」、「探偵の使い方」、「薔薇とナイフ」の五編からなっている。 といっても事件が起こって探偵が現れ、事件を解決し...
東野圭吾『探偵倶楽部』 (宴の痕)
探偵倶楽部 (角川文庫)クチコミを見る VIP専用の調査機関「探偵倶楽部」。 彫りの深い男とその助手らしき黒髪の女が調査を請け負い、その手際は冷静かつ迅速。 そんな探偵倶楽部が ...
本「探偵倶楽部」東野圭吾 (日々のつぶやき)
  ☆本プロからの移行☆ 政財界のトップクラスの人達を会員とした調査会社「探偵倶楽部」 黒い服の美男美女の謎めいた二人が調査にあたり、5つの事件を解決していく連作短編集。 元々「探偵倶楽部」というタイトルで出したいと東野さんが主張したにもかかわら...
探偵倶楽部 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
探偵倶楽部 (角川文庫) 「お母さん、殺されたのよ」—学校から帰ってきた美幸は、家で母が殺害されたことを知らされる。 警察は第一発見者である父を疑うが、彼には確かなアリ ...
探偵倶楽部 (Yuhiの読書日記+α)
東野圭吾著「探偵倶楽部」を読了しましたー。東野さんの小説は、結構好きで読んできたつもりだったのですが、この作品はつい先日までタイトルすら知りませんでした・・・。探偵ものは大好きなのにね・・・。 この「探偵倶楽部」というのは政財界のVIPのみを会員とする...
探偵倶楽部 著:東野 圭吾 (piece of life blog ~日常の欠片ブログ版~ )
探偵倶楽部 著:東野 圭吾 内容は、 麗しき二人の探偵が不可解な謎を解き明かす! <探偵倶楽部>それは政財界のVIPのみを会員とする調査機関。 会社社長が風呂場で感電死した。 電気コードを用いた家政婦の犯行と処理されるが、 疑問を感じた社長夫人は探偵倶楽...
東野圭吾 『探偵倶楽部』 (四畳半読書(猫)系)
【探偵倶楽部】 <探偵倶楽部とは、政財界VIPのみを会員とする調査機関。 美貌の男女が秘密厳守で捜査に当たる>大手不動産会社社長・ 山上が自宅風呂場で感電死した。電気コードを用いた家政婦 の計画的犯行と処理されるが、山上の妻・道代は夫の入浴の ...