itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カミュ『異邦人』

2010年03月28日 22時36分49秒 | 書評(その他著者)
異邦人 (新潮文庫)
カミュ
新潮社

このアイテムの詳細を見る


今回は、カミュ『異邦人』を紹介します。物語はP130ほどしかないので、時間的にはすぐに読めると思う。ただ、何を言っているのかを解釈することは難しいかなと思う。読書感想文に選ぶ人もいるだろうが、結構難しい作品だと思うよ。

主人公ムルソーは、母が亡くなっても涙ひとつ見せずに、母の死の翌日に海水浴で女と関係を結び、「太陽のせい」と言う動機で人を殺害した。判決は死刑であったが、自分は幸福だと確信している。自分の運命は自分で決められるということで幸福だと感じているのだ。

ムルソーはただ自分に正直に生きただけなんだろうと思う。それに対して、周りが「不条理(常識ハズレの行動)」だと言っているように思う。社会常識等に左右されずに生きるのはすごく難しいように思うよね。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本航空・グループ2010『JAL... | トップ | 辻仁成『海峡の光』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カミュ『異邦人』 (おっ3)
2010-04-01 01:45:00
TBありがとうございます。
申し訳ないことに、僕のサイトは移転中で、ブログが見れない状態ですが。。。

itchy1976さんのブログは
簡潔に要約して、一言コメントを入れてすごいですね。
僕はどうも読みっぱなしになりつつあります。

本だけじゃなく、
ITの話も興味があるので、またよらしてもらいます。
Re:カミュ『異邦人』 (itchy1976(当サイト管理人))
2010-04-03 00:03:44
おっ3様コメントありがとうございます。

>簡潔に要約して、一言コメントを入れてすごいですね。
私の書評の特徴をとらえています。詳細に書くのは面倒で嫌になるので、そこのところは、他のサイトに任せています。ただ、どういう内容だったかが自分のブログ記事で分かる程度にはしています。

私も以前は読みっぱなしにしていて、読んだ内容が忘れてしまうので、備忘録として活用しています。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「異邦人」アルベール・カミュ (りゅうちゃん別館)
カミュの「異邦人」を読んだ。    【送料無料】異邦人改版価格:420円(税込、送料別) 1942年に出たこの小説は、世界中で翻訳されている。 (私が読んだのは窪田啓作訳) 今後、日本でも読み継がれるに違いない。 主人公ムルソーは北アフリカのアルジェに住んで...