itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松岡圭祐『ミッキーマウスの憂鬱』

2010年08月22日 23時46分03秒 | 書評(その他著者)
ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
松岡 圭祐
新潮社

このアイテムの詳細を見る


今回は、松岡圭祐『ミッキーマウスの憂鬱』を紹介します。本書は、東京ディズニーランドでアルバイトをする主人公の後藤の成長物語といったところか。主人公の後藤がまたなんにでも首を突っ込むような性格で、自分の立場をわきまえずに、周囲をいらつかせたり、東京ディズニーランドの存亡の危機になるトラブルの解決をしたりする。仲間である藤木恵里を救うために、ミッキーマウスの着ぐるみを守るために走り回ることになる。

結局、アルバイトに頼っている業種は、アルバイトに気持ちよく働かせるために正社員が努力しないといけないんだろうと思う。トラブルが起きたときに、アルバイトに責任を負わすだけではいけなくて、どうしたらそういうことが起きなくなるかを考える必要がある。つまり、再発防止策ですね。

後藤よもっと空気読めという感じがするし、アルバイトにたいする応援見たいな感じだろうか。裏方である自分たちがいないとディズニーランドが開園できないわけだよね。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 興南、史上6校目の春夏連覇... | トップ | 次期監督選考、進展せず »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
永遠の嘘をついてくれ (touch3442)
2010-08-24 00:13:55
中島みゆきさんが吉田拓郎さんに作った歌に、『永遠の嘘をついてくれ』という曲があります。
つまり、弱音を吐いたり、泣き言を言ったりせず、最後まで強がって、嘘をついてくれというような内容の歌です。

この本を読んだ時、ちょっとだけ、その歌が頭をかすめました。
ディズニーランドの舞台裏なんて、できれば知りたくなかったですね。
Re:永遠の嘘をついてくれ (itchy1976(当サイト管理人))
2010-08-26 00:28:08
touch3442様コメントありがとうございます。

>ディズニーランドの舞台裏なんて、できれば知りたくなかったですね。
→夢は夢のままでいいということですね。まあ、オリエンタルランドがこの本を出版させることをよく許可したなあという感じですね。ディズニーランドの夢を持ち続けたい人は読まないほうがいいですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ミッキーマウスの憂鬱』松岡圭祐著(新潮社) (生きることにも心急き、感ずることも急がるる…)
 今日朝、愛知県図書館に本を返しに行き、新たに本を借りてきた。午後からは、妻と下の娘と一緒に、中村のBOOK OFFに行き、娘はコミックを2冊、ぼくは文庫本を2冊買ってきた。  今日、新たに借りてきた本の一冊がこの『ミッキーマウスの憂鬱』だ。作者の松岡...
ミッキーマウスの憂鬱*松岡圭祐 (+++ こんな一冊 +++)
ミッキーマウスの憂鬱(2005/03/23)松岡 圭祐商品詳細を見る 史上初ディズニーランド青春小説 ようこそ裏舞台(バックステージ)へ! 東京ディズ...
「ミッキーマウスの憂鬱」松岡 圭祐 (ナナメモ)
ミッキーマウスの憂鬱 松岡 圭祐 ディズニーランドの舞台裏。派遣で「ヴィソーブ」で「キャラクターイシュー」として働くことになった後藤。期待に胸膨らませて出かけていった初日から3日目までが描かれてる。 とにかく面白い本だった。 舞台はディズニーラ...