itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『麒麟の翼』

2011年03月08日 23時42分19秒 | 書評(東野圭吾)
麒麟の翼 (特別書き下ろし)
東野 圭吾
講談社


今回は、東野圭吾『麒麟の翼』を紹介します。加賀恭一郎シリーズです。日本橋の欄干に青柳武明の胸にナイフが刺さっていた。その真相を加賀恭一郎が迫る。『赤い指』の家族愛と『新参者』の日本橋、人情を組み合わせたミステリーといった感じですね。それに対してとってつけたように、被害者の家族の思いや労災隠しや派遣切りみたいなテーマが出てきます。

もう帯に最高傑作と書かないでくれ!最高傑作は読者が決めるからという気持ちですね。テイストはドラマ版「赤い指」であり、「新参者」みたいな感じですね。加賀:阿部寛、松宮:溝端淳平みたいな目で見てしまいます。ただ、この2作品『赤い指』『新参者』は超えていないという印象です。

ポイントは、自分を偽るなということですかね。自分に正直であれということですね。そういう意味ではP318の加賀の気持ちはすごくわかるもんだ。

●『赤い指』の書評は→コチラ
●『新参者』の書評は→コチラ

<東野圭吾今後の刊行予定>
4/15 流星の絆(文庫落ち)
6/6 真夏の方程式(ガリレオシリーズ)
9/9 マスカレード・ホテル

○2011/03/19追記
東野圭吾氏、ベストセラー『麒麟の翼』の増刷分印税の全額を震災救援金に
「作家・東野圭吾氏は18日、講談社発行のミステリー小説『麒麟の翼』(1,680円)の増刷分の印税全額を、東日本大震災被災地への救援金として寄付することを明らかにした。増刷分は、3月17日時点で10万部に達している。」
善意の輪が広がっているなという感じですね。私は、初版で購入したので該当しないですね。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <前原外相辞任>日本外交、... | トップ | 2011年2月の読んだ本リスト(8冊) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに… (RYOJI)
2011-04-13 15:30:38
こんにちは。RYOJIです。
私も先日読みました。
確かに加賀シリーズ最高傑作か?と言われれば、疑問ですね。
「赤い指」と「新参者」の両方の要素がうまく入っていたとは思いますが。
とはいえ、やはり加賀シリーズは面白いです。
ますます加賀さんの魅力が増していっています。

ガリレオの最新作も楽しみですね!
それではまた来ます。
Re:確かに… (itchy1976(当サイト管理人))
2011-04-14 23:10:43
RYOJI様コメントありがとうございます。

シリーズが進むにつれ、加賀恭一郎の魅力が増してきているというのはおっしゃるとおりそう感じます。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「麒麟の翼」 東野圭吾・著 | 加賀恭一郎シリーズ第9弾! 人情刑事"ブラタモリ"派 (23:30の雑記帳)
・加賀シリーズ最高傑作 ・誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 ・ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 「帯には、『加賀シリーズ最高傑作』と 謳っていることだろう ...
麒麟の翼 (ひびレビ)
東野圭吾さんの「麒麟の翼」を読みました。 加賀シリーズ最高傑作!とありましたが、個人的には「眠りの森」の方が面白かったです(汗。犯人当ても好きですし、最高傑作とまでは感じませんでした。「刺されたと思われる現場から、しばらく歩いて麒麟の像にもたれかかるよ....
東野圭吾『麒麟の翼』 (日々のつぶやき)
東野圭吾『麒麟の翼』 ¥1,680 楽天 待っていました! 加賀刑事シリーズ、長編です♪ 「日本橋の麒麟の象にもたれて死んでいた男性。なんと刃物で刺されたままで事件現場からそこまで歩いてきたという。 被害者の家族、容疑者の恋人、加賀刑事は事件の...
東野圭吾 「麒麟の翼」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
東野圭吾氏の「新参者」に続く加賀恭一郎シリーズ最新刊「麒麟の翼」 2011年3月22日読了。
麒麟の翼 (ろーれるの本(読書)ブログ)
麒麟の翼 (特別書き下ろし)/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 帯より『ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 寒い夜日本橋の欄干にもたれかかる男に声を...
麒麟の翼*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
麒麟の翼 (特別書き下ろし)(2011/03/03)東野 圭吾商品詳細を見る 東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても...
東野圭吾『麒麟の翼』(講談社) を読む (官庁エコノミストのブログ)
東野圭吾『麒麟の翼』(講談社) を読みました。おにいちゃんが先に読んで、私に回っ
東野圭吾/「麒麟の翼」/講談社刊 (ミステリ読書録)
東野圭吾さんの「麒麟の翼」。 ある夜、日本橋交番につめていた巡査は、一人の男が交番の前をふらつく足取りで通り過ぎるのを 目撃した。覚束ない足取りで日本橋方面に歩く男の姿を追っていると、日本橋の中程にある二体の 麒麟像が置かれた装飾柱の辺りで動かなく...
麒麟の翼 (東野圭吾さんのファンブログ)
作品の概要 日本の道路の始点となっている東京・日本橋。 この橋の中央にある「麒麟の像」にもたれかかるようにしてある男が倒れていた。 男の名前は青柳武明。 当初はただの酔っ払いかと思われたが、胸にはナイフが刺さっており、 病院に搬送されるも帰らぬ人となってし...
麒麟の翼 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著 
「麒麟の翼」東野圭吾 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。 あぁ、またやってしまいました。加賀さんが出てくる小説を読むたびに「最初から読まな...
麒麟の翼 (どくしょ。るーむ。)
著者:東野 圭吾 出版:講談社  感想: 『麒麟の翼』は『新参者』に続く加賀恭一郎シリーズ。 翼のある麒麟の像の下で亡くなった男性。容疑者が特定され、動機らしきものも浮 ...
(書評)麒麟の翼 (新・たこの感想文)
著者:東野圭吾 麒麟の翼 (特別書き下ろし)(2011/03/03)東野 圭吾商品詳細を見る 東京、日本橋。麒麟の像にもたれていた男には、ナイフが刺さっていた。間もなく男性は死亡。そして、その男性の鞄を持っ...
麒麟の翼 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
麒麟の翼 (特別書き下ろし)著者:東野 圭吾講談社(2011-03-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺 ...
麒麟の翼 (A Day In The Life)
ご存じ加賀恭一郎シリーズ 「新参者」に続く東京下町モノでもあります。 あらすじ ある寒い夜、日本橋で巡査が見たのはひどく酔った男だった。 しばらくすると男は寝てしまったようだ。 巡査は仕方なく起こしに行ったのだが、一向に起きない。 そして巡査は見て...
麒麟の翼  (東野圭吾) (花ごよみ)
日本橋の上にある“翼のある麒麟像” その前で事件が起こる。 被害者は青柳という名の、 中年のサラリーマン。 瀕死のまま日本橋まで歩きつづけ 麒麟像の下で息絶える。 容疑者は労災隠しによって、 後遺症が残った派遣社員の青年。 彼は香織という一緒に上京した女性...
◎読書記録◎ 「麒麟の翼」 東野圭吾 (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2011年の出来事{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
『麒麟の翼』 東野圭吾 (じゅうのblog)
嫁さんが図書館で借りてきていた「東野圭吾」の長篇作品『麒麟の翼』を読みました。 [麒麟の翼] 「東野圭吾」作品は、昨年12月に読んだ『カッコウの卵は誰のもの』以来ですね。 -----story------------- 寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たの...
「麒麟の翼」東野圭吾 (りゅうちゃん別館)
殺人事件に隠された背景は何か。 元教師の刑事、加賀恭一郎が事件の真相に迫る。ネタばれあり。    【送料無料】麒麟の翼 [ 東野圭吾 ]価格:1,680円(税込、送料込) 加賀のシリーズは「赤い指」と「新参者」に続いて3冊目。 相変わらず、リーダビリティ(読み易さ)...