itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三浦しをん『風が強く吹いている』

2010年12月25日 23時56分06秒 | 書評(その他著者)
風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
三浦 しをん
新潮社

このアイテムの詳細を見る


今回は、三浦しをん『風が強く吹いている』を紹介します。箱根駅伝挑戦の小説ですね。構想から6年かかった作品らしいですね。話は若干アニメチックではありますが、すごく面白かったです。青春ど真ん中で単純だなという作品でありますが、10人のランナーのキャラクター、感動、物語の展開すごく面白いですね。読んでいて、長さを感じさせず、もう終わったかという印象を抱かせる。誰にでも薦められる本であろう。

主人公の走だけでなく、走っているときは寛政大のメンバーそれぞれに見せ場がある。そのときにその人がどういうキャラクターなのかがよくわかる仕掛けになっている。

陸上の長距離には速さだけでなく、強さというものが求められる。強さがある人が本当に強い人なんだろう。確かに持ちタイムはいいのだが、いざ大事な大会になると走れないという人もいる。走はハイジと出会うことで速さだけでなく、強さとは何かを追い求めることになる。

章だての紹介をします。
プロローグ
一、青竹荘の住人たちー走が青竹荘の住人たちと出会う。
二、箱根の山は天下の険ーハイジが青竹荘の住人たちで箱根駅伝を目指すと宣言する。
三、練習開始ー箱根駅伝を目指すために練習をする。
四、記録会ー箱根駅伝の予選エントリーのために記録会に出る。
五、夏の雲ー夏合宿に出かける。
六、魂が叫ぶ声ー夏合宿終了から箱根駅伝予選会までの出来事。
七、予選会ー予選会の様子。
八、冬がまた来るー上尾シティハーフマラソンに出場する。そして、区間エントリー。
九、彼方へー往路の様子。
十、流星ー復路の様子。
エピローグ


寛政大が箱根駅伝を走った結果は下記に反転してみてもらうようにします。
<ネタバレstart(反転してみてね)>

1区:王子 1:05:37 20位 区間20位ー首位と1分1秒差
2区:ムサ 1:10:14 13位 区間12位
3区:ジョータ(兄) 1:04:32 11位 区間10位
4区:ジョージ(弟) 1:04:24 10位 区間11位
5区:神童 1:18:12 18位 区間20位?ー風邪のため大ブレーキ
往路 5:42:59(トップと11分53秒差) 18位

6区:ユキ 1:00:26 16位 区間2位
7区:ニコチャン 1:06:21 15位 区間12位
8区:キング 1:07:42 16位 区間10位
9区:走 1:08:59 12位 区間新
10区:ハイジ 1:11:04 10位 区間2位
復路 5:34:32
総合 11:17:31 10位シード権獲得

<ネタバレend(反転してみてね)>

○参考URLおよび参考図書
itchy1976の日記ー検索結果「箱根駅伝」
黒木亮『冬の喝采』
桂望実『Run!Run!Run!』
渡辺康幸『自ら育つ力 早稲田駅伝チーム復活への道』
生島淳『監督と大学駅伝』
堂場瞬一『チーム』
別冊宝島編集部編『箱根駅伝 男たちの記録』
生島淳『駅伝がマラソンをダメにした』

『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しみにしている年末・年始... | トップ | 第22回全国高校駅伝・女子は... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2010-12-29 18:38:02
TBありがとうございました。
この季節になると、この本を読みたくなります。
いよいよ本番が近づいてきていますね。
小説ははじめ、変に美化されているのではないかと思い読むのを躊躇っていました。
ですが、しをんさんは大東文化大と法政大に取材されたそうで、とても丁寧に書かれていてよかったと思いました。
Unknown (ia.)
2010-12-30 01:34:05
こんばんは。
これは爽やかで面白い小説でしたね。
読んでいるうちにそれぞれの選手への思い入れが強くなり夢中で読みました。

今年はたくさんトラックバックをいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-30 07:30:13
苗坊様コメントありがとうございます。

本書は、丁寧に取材してから執筆しているなあと感じました。この時期に書評をアップできてよかったです。

これからもよろしくお願いします。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-30 07:42:51
ia.様コメントありがとうございます。

アニメチックな話ではありましたが、走っているとき、選手たちの人となりがみれて面白かったです。最後は感動的でした。

これからもよろしくお願いします。来年もよろしくお願いします。
TBどうもです (雪になあれ)
2011-01-01 03:10:03
この本は確かに面白かったですね
結末が分かっていても楽しめる本でした
灰二と走のその後も読みたい気がしますが、そっとしておきたくもなります
とにかく色んな余韻がありました
Re:TBどうもです (itchy1976(当サイト管理人))
2011-01-01 13:29:46
雪になあれ様コメントありがとうございます。

確かに面白かったですね。ハイジと走のその後はどうなんでしょうかね。まだ強さを求める旅は終わっていないんでしょうね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
風が強く吹いている 三浦しをん (苗坊の徒然日記)
風が強く吹いている オススメ! 箱根の山は蜃気楼ではない。 襷をつないで上っていける、俺たちなら。 才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬 ...
風が強く吹いている*三浦しをん (+++ こんな一冊 +++)
☆☆☆☆・ 風が強く吹いている三浦 しをん (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放...
風が強く吹いている/三浦しをん(著) 読了 (ぐ~たらにっき)
単行本の時の感想 かなりゆっくり読みました。 寝る前に30分位しか読んでなかったので^^; ゲームしたりとか、眠たくて読めなかったり。 とかでやたら時間がかかってしまいました。 やっぱり素晴ら...
風が強く吹いている (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)/三浦 しをん ¥860 Amazon.co.jp 以前、映画 を観て、原作である本作を読んでみたくなり、読んでみました。 映画は映画で楽しめたのですが、こうした長編小説を映画化した他の多くの作品同様、圧倒的に、&quo...
『風が強く吹いている』/三浦しをん ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
これは、すごいっすね。スポーツ音痴でオリンピックも見ず、新聞のスポーツ面は飛ばしてめくる女、水無月・Rが言うんだから、ホントだ。なんせ、ほぼド素人の大学生グループが、無謀にも大学長距離走の頂点ともいえる「箱根駅伝」で頂点を目指そうというのだから。 しか...
「風が強く吹いている」三浦しをん (しんちゃんの買い物帳)
風が強く吹いている(2006/09/21)三浦 しをん商品詳細を見る 寛政大学そばにある竹青荘というおんぼろアパートは、実は寛政陸上部の合宿所であった。なにも知らない学生たち9人が住む竹青荘だが、ハイジはつ...
三浦しをん『風が強く吹いている』妄想姫が描く青春、箱根駅伝 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
この人のエッセイを読んだことがある人なら、直木賞なんてあげたらマズイだろうと思わせる小説家、三浦しをん。妄想なら誰にも負けない。そんな彼女が「似合わない」スポーツを描こうとするのが
風が強く吹いている (どくしょ。るーむ。)
著者:三浦 しをん 出版社:新潮社 紹介文: 駅伝には興味がなくて、箱根駅伝も見たことがなかったのですが、こんなにドラマチックで面白いものだったんですね。 「風が強く吹いて ...
本『風が強く吹いている』三浦しをん (日々のつぶやき)
「竹青荘の住人ハイジこと清瀬灰二は、ある日万引きし疾走している走(かける)と出会った。その奇跡的な出会いから、たった十人の箱根駅伝出場を、それぞれの思いの頂点を目指すことになった」 もう~真っ直ぐな青春ストーリーです。 こういうの大好き!!!!! ベ
「風が強く吹いている」三浦 しをん (デリシャスな本棚)
ボロアパート竹青荘にすむ寛政大の学生10名。 長距離の経験がない者も含めて箱根駅伝で頂点をめざす。
風が強く吹いている (ぼちぼち)
箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「...
風が強く吹いている 三浦しをん (かみさまの贈りもの~読書日記~)
同じアパートに住むようになった寛政大学の10人の学生。 清瀬灰二の提案で、陸上の経験が全くない者を含む他の9人と共に箱根駅伝に出場し、その頂点を目指すスポーツ青春物語。 名もなく、補欠すら立てられない弱小チームの、その無謀とも言える挑戦・・・。 一見、ありふ...
風が強く吹いている(三浦しをん) (Bookworm)
しまったなぁ;;;あと1週間、早く読むんだった・・・。後悔しても遅いけれど、これはお正月の「箱根駅伝」の前に読むべきだった。昨年から読みたいとは思ってたんだけど、なかなか遭遇できずにいて。これも縁だからと、自然の流れ?にまかせようと思ってたんだけども。や...
「風が強く吹いている」 (読書日和)
今回ご紹介するのは、「風が強く吹いている」(著:三浦しをん)です。 多少ネタバレも含まれていますので、ご了承ください。 -----内容&感想----- 竹青荘に住む10人が、ゼロ...
風が強く吹いている 三浦しをん 新潮社 (おいしい本箱Diary)
三浦さんの新作が箱根駅伝の話とは意表を突かれました。 スポーツ物は初めて・・だと思うんですが。 これが、面白かった!!三浦さんの新しい一面を見せてもらいました。 こう・・こんな事いって偉そうなんですが、書きたいことと作品のバランスが 良くなってきた、と...
風が強く吹いている 三浦しをん (雪になあれ)
 風が強く吹いている  三浦しをん  新潮文庫  ISBN 978-4-10-116758-9  2009/07/01    この本を読み終わるのに相応しい場所はどこか考えてしまいました。今週も通勤電車で読んでいて、今朝、走と灰二とのタスキが繋がる場面に差し掛かりました。    気に入...
本「風が強く吹いている」 (<花>の本と映画の感想)
風が強く吹いている 三浦しをん 新潮社 2006年9月 風が強く吹いている/三浦 しをん ¥1,890 Amazon.co.jp 万引きをして逃げていた蔵原走は、若い男に声をかけ...
三浦しをん「風が強く吹いている」読みました。駅伝の季節。箱根駅伝が見たくなる・・・ (親愛なる人に-読書の薦め)
三浦 しをん 風が強く吹いている 2006年9月 新潮社 508p ☆☆☆☆+ 三浦しをん「風が強く吹いている」読みました。 走(かける)は、走ることが好きで才能のある長距離選手でした。しかし高校時代、走と監督とのいざこざで、チームが大会に出られなく...
「風が強く吹いている」三浦しをん (日だまりで読書)
長距離やってる人たちの心をわしづかみにした本です。 スポーツ全般苦手です…という私にも、心に響く作品でした。 ★★★★☆ この作品、主人公・走(かける)の成長物語としても、十分読ませてくれます。 ...
三浦しをん「風が強く吹いている」(新潮社) (本の虫)
 三浦しをん「風が強く吹いている」(新潮社)を読了。陸上競技経験者は3人だけという素人集団が箱根駅伝をめざし、わずか9ヶ月後に実現させてしまう。少し恥ずかしいのだが、そんな夢のような物語を読みながら、酒の酔いも手伝って、涙が止めどもなくあふれてきてしま...
三浦しをん  風が強く吹いている (マロンカフェ ~のんびり読書~)
風が強く吹いている三浦 しをんオンボロアパート竹青荘に住む10人の面々は、清瀬灰二のひと声で箱根駅伝を目指す事になる。最初は渋っていたメンバー達も楽しさに目覚め次第に本気になっていく。陸上経験者もいるがほとんどド素人で、しかもたった10人で箱根を目指す...
「風が強く吹いている」三浦しをん (ナナメモ)
風が強く吹いている 三浦 しをん 寛政大学4年の清瀬灰二は肌寒い三月、すばらしい「走り」で万引きしたお店から逃げていく蔵原走に出くわし、自転車で追いかける。運命の人に出会ったのだ。 スポーツの秋です!体力の全くない私。子供の運動会のビデオを撮る為...
「風が強く吹いている」 三浦しをん (コンパス・ローズ  compass rose)
数ある大学駅伝の中で、もっとも苛酷なレースを強いられるのが、毎年1月の2、3日に行なわれる箱根駅伝だろう。なんといってもひと区間の距離が長い。各選手20キロ前後の道のりを走らなければならない。5区と6区には箱根の山登りと山下りという難所が待っている。東京大手...
風が強く吹いている―三浦しをん (趣味は読書(自称))
風が強く吹いている―三浦しをん 蔵原走(かける)は寛政大学に入学することになったが、アパートの契約金を全部マージャンですってしまい、野宿しながらコンビニでパンを盗む日々。 ある日、コンビニの...
『風が強く吹いている』三浦しをん (ひなたでゆるり)
風が強く吹いている 三浦しをん/新潮社 奇跡のような出会いから、清瀬灰二と蔵原走は無謀にも陸上とかけ離れていた者たちと箱根駅伝に挑む。それぞれの「頂上」めざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた、超ストレートな青春小説。 何...