itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『真夏の方程式』

2011年06月28日 23時57分23秒 | 書評(東野圭吾)
真夏の方程式
東野 圭吾
文藝春秋


今回は、東野圭吾『真夏の方程式』を紹介します。久しぶりのガリレオシリーズですね。ミステリーとしてはあっさり目だとは思いますが、ガリレオ先生と子どものふれあいなんていうのは今までとは違うし、環境と科学技術のつきあい方は福島第一原発の事故なんかがあったので何か考えさせられるものがあった。今までのガリレオシリーズとは違う印象を持った。私はガリレオシリーズの中ではいちばん良かった作品だと思う。また、今年刊行された加賀恭一郎シリーズの『麒麟の翼』よりは数段読みごたえがあった。ガリレオシリーズらしい科学的なミステリーという感じじゃないけど、最後の子供に対するガリレオ先生の思いやりについては良かったんじゃないかな。

ただ、ヒステリックに環境保護を訴えたとしても、なかなか受け入れられないのは、経済成長であったり便利な生活とのトレードオフがあるからなんだろう。それに環境保護を訴える人たちは、経済のみならず社会全体をマクロな眼で見ることが出来ずに、自分達の考えだけを押し付けるというように視野が狭いなという印象がある。社会全体の流れを見ていていまいち原発反対運動に共感できないなと思っている。長期的には、原発廃止に向かってほしいと思っているが、短期的には定期点検中の原発を順次稼動しないといけないんじゃないかな。節電の意識があっても、原発を稼動しないがゆえに日本中で計画停電が起きるという世の中がいいはずはないと思う。ここで、日本のエネルギー政策について考えるきっかけにしてほしいと切に願う。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森博嗣『すベてがFになる』 | トップ | 映画「ブラック・スワン」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (RYOJI)
2011-06-29 14:37:54
こんにちは。RYOJIです。
湯川先生と恭平少年の交流はとても温かいものを感じましたね。湯川先生の新たな魅力を感じることができました。
ミステリーとしてもとても面白かったと思います。今回は内海薫がなかなかの活躍ぶりでよかったですね。
僕はガリレオシリーズでは「容疑者Xの献身」の次に好きな作品となりました。近年発表された作品の中ではダントツに良かったです。
密かに映像化も期待してるのですが…。
TB (きし)
2011-06-30 19:04:28
ありがとうございます。
ガリレオシリーズを読んでおいでの方の感想、参考になりました。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2011-07-02 00:48:15
RYOJI様コメントありがとうございます。

>湯川先生と恭平少年の交流はとても温かいものを感じましたね。
→ガリレオ先生は確か子どもが苦手だったと思うのですが、ガリレオ先生が少し成長してきたのかなとおもいます。

>密かに映像化も期待してるのですが…。
『麒麟の翼』の映画化よりはこちらの映像化のほうがいいですね。

これからもよろしくお願いします。

Re:TB (itchy1976(当サイト管理人))
2011-07-02 00:50:37
きし様コメントありがとうございます。

>ガリレオシリーズを読んでおいでの方の感想、参考になりました。
→ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
真夏の方程式 (東野圭吾さんのファンブログ)
東野圭吾さんのガリレオシリーズ第6弾「真夏の方程式」の感想です。美しい海を誇る玻璃ヶ浦で湯川は一人の少年と出会い、交流を深める。一方、同じ宿に宿泊していた元・刑事の塚原の遺体が見つかる。これは事故か殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。...
「真夏の方程式」 東野圭吾・著 | 少年、夏の日に風変わりな物理学者と出会う。 (23:30の雑記帳)
文句なしの五つ星です! 個人的には今まで読んだ東野作品の中で最高傑作。 発売されて間もないのでネタバレなしの方向で。。。 あらすじ。。。 小学5年生の恭平は、夏休みを利 ...
真夏の方程式 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 「今回のことで君が何らかの答を出せる日まで、私は君と同じ問題を抱え、悩み続けよう。忘れないでほしい。君は一人ぼっちじゃない」  柄崎恭平は小学五年生。彼が博士と ...
真夏の方程式 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著 
真夏の方程式 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
真夏の方程式著者:東野 圭吾文藝春秋(2011-06-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に ...
今日の読書 真夏の方程式/東野圭吾 (地下室で手記)
東野圭吾の天才物理学者ガリレオシリーズの長編第3弾になります。 科学者としての興味だけで事件の捜査に協力するというだけで、事件そのものに深くかかわろうとするわけでも、事件の解決そのものに興味が...
本 「真夏の方程式」 (はらやんの映画徒然草)
東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズの最新長編です。 「容疑者Xの献身」もそうなの
真夏の方程式(東野圭吾) (Bookworm)
面白かった! ・・・んだけど、読み終わった後、重ーい気分がなかなか抜けず;;;読後感は良くなかったです。。。
(書評)真夏の方程式 (新・たこの感想文)
著者:東野圭吾 真夏の方程式(2011/06/06)東野 圭吾商品詳細を見る 夏休みを伯母の一家が経営する旅館で過ごすこととなった少年・恭平。海底資源の調査が物議をかもす町で、調査のために訪れた研究者・...
真夏の方程式 (どくしょ。るーむ。)
著者:東野 圭吾 出版:文藝春秋 感想: 東野圭吾さんの『真夏の方程式』はガリレオシリーズの新作。 夏休みに親戚の家に遊びに来た少年と知り合った湯川が、殺人事件に遭遇す ...
湯川と少年 (笑う学生の生活)
小説「真夏の方程式」を読みました。 著者は 東野 圭吾 あのガリレオ 湯川シリーズ 新作長編です 今回もやはり読みやすく 引き込まれますね ただ、肝心のミステリーとしては普通 そこまでトリックも弱く・・・ それよりも ドラマ部分が大きく それぞれが想う気持ち、...
真夏の方程式*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
真夏の方程式(2011/06/06)東野 圭吾商品詳細を見る 夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で...
東野圭吾 「真夏の方程式」  (こみち)
JUGEMテーマ:読書感想文    ◆ガリレオ シリーズ    今回の事件では、関係者の知られたくない過去と忘れたい出来事が  キーワードになっていました。環境問題のシンポジュームに参加した  元刑事...
真夏の方程式 東野圭吾  (花ごよみ)
真夏の方程式 夏休みに、伯母一家経営の、 美しい海辺の町に立つ旅館で、 過ごすことになった、 小学校5年生の少年、恭平。 仕事のため訪れた湯川も、 同じくその宿に宿泊。 もう1人いた宿泊客が、 翌朝、命を落としていた。 彼は元刑事だった。 これは事件か事故....
真夏の方程式 / 東野圭吾 (勝手に書評)
タイトル : 真夏の方程式 著者 : 東野圭吾 出版社 : 文藝春秋 ---感想--- 東野圭吾のガリレオシリーズ。 この所、東野圭吾と言えば、新参者でおなじみの加賀恭一郎シリーズが多かったのですが、久しぶりの湯川学登場です。って言うか、はじめ、加賀が出てくる....
『真夏の方程式』 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
夏休みを一人で玻璃ヶ浦にある親戚が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平は、電車の中で湯川と知り合う。湯川は海底鉱物資源開発を進める会社に頼まれ、地元との説明会に参加するため同じ電車に乗り合わせていたのだ。そして恭平と同じ旅館に泊まることを決めた。...