itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『超・殺人事件―推理作家の苦悩』

2006年08月15日 22時42分53秒 | 書評(東野圭吾)
超・殺人事件―推理作家の苦悩

新潮社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『超・殺人事件―推理作家の苦悩』を紹介します。本書でテーマになっているのは、出版界・文芸界のことである。あまり、卑屈にならずにブラックユーモアを楽しむつもりで読んでみるといいと思います。私は、出版界や文芸界を茶化したようなブラックユーモアは好きですので、結構楽しめましたね。私が好きなのは、「超長編小説殺人事件」ですね。くだらないなあと思っても、そういう現状なんだなという感じがする。

簡単に短編の紹介をしておきます。
・経費で落とすために、それぞれの経費に当たるものを小説の中に無理やり持ってくる「超税金対策殺人事件」
・研究者しかわからないような科学テクノロジーを如何なく登場させる「超理系殺人事件」
・意外なオチが待っている「超犯人当て小説殺人事件」
・人気ある作家は同じようなものであっても読んでもらえるし、売り上げが安定していることから、高齢になっても重用される「超高齢化社会殺人事件」
・その小説が上梓された途端に、同じような殺人事件がおきるという「超予告小説殺人事件」
・質よりも量(本の暑さ、ページ数など)でアピールを繰り広げる様が面白い「超長編小説殺人事件」
・残り5枚ときたところで、ラストをどう締めるかで苦労する「魔風館殺人事件」
・どういう風に書評を書くかに迷うときに救いになる機械の登場でどう出版界や文芸界が変わるかという「超読書機械殺人事件」
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片山恭一『世界の中心で、愛... | トップ | 現実逃避するとき、何します? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
物書きの苦悩 (福田浩司賞味大臣)
2008-09-24 07:21:12
昨日難解な超理系以外読みました。何か一時の筒井康隆みたいで面白かった。推理小説界の内幕みたいで。私も学生の頃投稿雑誌で小説書いていた事あるのですが物書きの世界自体第三者的にはコミカルでしょうね。書けないときの苦労が表現されててこうゆう趣向の作品もたまに読むといいですね
Re:物書きの苦悩 (itchy1976(当サイト管理人))
2008-11-17 23:34:52
福田浩司賞味大臣様コメントありがとうございます。

産みの苦しさというやつですかね。でも、ばかばかしいなあという感じですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
● 超・殺人事件 東野圭吾  (本を読んだら・・・by ゆうき)
超・殺人事件―推理作家の苦悩東野 圭吾 新潮社 2001-06by G-Tools 推理作家を主人公にした、皮肉たっぷりの、ブラックで、クールな8つの短編。もう・・・なんというか、ほとんど開き直りとしか思えない作品の数々。どの短編も、声も出ないほど辛辣。激辛。ひき ...
(書評)超・殺人事件 推理作家の苦悩 (たこの感想文)
著者:東野圭吾 とにかく皮肉、ブラックユーモアたっぷりの書。 小説を書く上での様
○「超・殺人事件」 東野圭吾  (「本のことども」by聖月)
副題が「推理作家の苦悩」。全部で8作の短編が収められている。引き出しの多い作家である著者の作品の中では、パロディ物であり、現在のミステリー業界を皮肉った怪作と言えよう。「名探偵の掟」が作風として気に入った読者やミステリー好きの読者には、楽しく読 ...
東野圭吾のことども (「本のことども」by聖月)
  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   × 『探偵ガリレオ』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『予知夢』   △ 『片想い』 既読書評なし   ○ 『超・殺人事 ...
超・殺人事件―推理作家の苦悩 [東野圭吾] (+ ChiekoaLibrary +)
超・殺人事件―推理作家の苦悩東野 圭吾新潮社 2004-04 「推理小説作家たち」を題材にした短編集です。が!なんというかもう。そんな短編だなんてひとくくりにしちゃ失礼なような、すごいものばかりです。意表をつくトリックあり、辛辣な皮肉あり、衝撃のラスト ...
『超・殺人事件-推理作家の苦悩』 東野圭吾 新潮文庫(再読) (みかんのReading Diary♪)
超・殺人事件―推理作家の苦悩 2001年6月に刊行され、すぐに読了。 文庫落ちしたので、再読してみた。 --6年がかりの短篇集、もう二度とこんな本は書けない。 作中の推理作家や出版社業界の裏側を描いた8編の短篇集。 バカバカしいぐらい「必死」な登 ...
『超・殺人事件 推理作家の苦悩』 (読書の時間)
超・殺人事件 推理作家の苦悩 東野圭吾著 久々に読みましたよ、お馬鹿系東野作品。 学園モノ、本格ミステリ、純文学系などなど、いろんな作風をもつ作家さんですが 意外に人気があるのがお馬鹿系(勝手に分類)。 爆笑ではなく苦笑、失笑。自虐、皮肉、とにかく ...
2001年12月8日 短編集・東野圭吾の「超・殺人事件 推理作家の苦悩」 (日記風雑読書きなぐり)
誰がベストセラーをつくるのか。高名な毒舌タレント女史が脱税容疑で逮捕された。手口が幼稚であるのになぜこれまで当局は放置してきたのだろうかと首をひねった。いっときは茶の間のワイドショウでいまの外務大臣並の人気を集めていたほどだから税務署もうかつに ...
「超・殺人事件」東野圭吾 (本を読む女。改訂版)
超・殺人事件―推理作家の苦悩発売元: 新潮社価格: ¥ 460発売日: 2004/04売上ランキング: 37,373posted with Socialtunes at 2005/10/15 東野圭吾「超・殺人事件」を読み、さあて感想でも、と パソコンにむかって電源を入れた。さて、書くか、と思ったら、 ...
東野圭吾「超・殺人事件 推理作家の苦悩」★★☆☆☆ (ウサギゴヤ・改)
メタでメタな不思議なというかかなりふざけた短編集。 税金対策のために書かれたミステリィ? 似非理系を減らすためのミステリィ? 超高齢...
超・殺人事件 – 推理作家の苦悩 (東野圭吾さんのファンブログ)
東野圭吾著「超・殺人事件 – 推理作家の苦悩」の感想です。出版業界の裏側をブラックかつユーモアに描いた話題作。...