itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オグ・マンディーノ『十二番目の天使』

2005年01月14日 21時53分00秒 | 書評(その他著者)


2年から3年前にこの本『十二番目の天使』を買って読んだが、そのときはそんなに印象に残らなかった。今日たまたまオグ・マンディーノの『十二番目の天使』を読んでみた。どういう話か、時系列に簡単に紹介します。

Ⅰ、主人公の奥さんと息子の他界によって悲しみに暮れる。
Ⅱ、親友に誘われて、リトルリーグの監督を引き受ける。
Ⅲ、練習や試合を通じて、12番目の天使(ティモシー)から人生にとって大切なものを学ぶ。
Ⅳ、12番目の天使(ティモシー)の他界。

ティモシーが2つのフレーズ「毎日、毎日、あらゆる面で、僕らはどんどん良くなってる!」と「あきらめるな!あきらめるな!絶対!絶対!あきらめるな!」をいつも心がけていることに主人公をはじめ私もたいしたやつだなと思う。確かに彼は野球はうまくなかったけど、精一杯仲間を応援して、あきらめないことがだんだん実を結んで、いいところである、リトルリーグの決勝戦で今までで初めてヒットを打って、さらに逆転のホームインをしたところに良かったなあと思いました。ヒットを打たなかったら嫌だなという風に思っていました。また、彼は不時の病に侵されていたことを知っていながら、自分の病気のことは全く気にせずに、あんなに自分自身のプレーや仲間たちの応援に精一杯生きる姿に心打たれました。

私は、泣くまではいかなかったが、久しぶりに小説を読んで、単純な話だと思いますが、感動させていただきました。人生にとって大切なものは、「あきらめない心」だと思います。何事もあきらめてしまうと、そこで終わっちゃうからね。あきらめさえしなければ、何とかチャンスが来るでしょう。あきらめないためには、ポジティブに生きるということでしょうか。この本はそんな人生にとって大切なことを教えてくれる。

<参考サイト>
十二番目の天使
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プログはトラックバック・コ... | トップ | 中村修二「怒りのブレイクス... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバ (成功おたく)
2005-07-31 06:25:19
はじめまして、成功おたくと申します。



オグ・マンディーノにはまっています。

あきらめないこと

これが大切ですよね。

「成功」目指して頑張ってます。

また、よろしくお願いします。

それでは
Re:トラバ (itchy1976(当サイト管理人))
2005-08-03 07:25:43
成功おたく様コメントありがとうございます。

確かに「あきらめないこと」が大事ですね。私も、あきらめないようにしていきます。

それでは失礼します。
大好き (ノンタン)
2005-08-07 17:27:20
この本を読んで泣いちゃいました。
Re:大好き (itchy1976(当サイト管理人))
2005-08-11 01:04:23
ノンタン様コメントありがとうございます。

この本を読んで泣いた人も多いと聴いています。私は泣くまで行かなかったですね。でも、いい本ですね。

それでは失礼します。
オグ・マンディーノ最高! (サクセスシネマ)
2005-09-10 01:04:06
はじめまして。

引用&トラックバックさせて頂きました。



オグ・マンディーノは大好きな作家です。



これからちょくちょく読ませて頂きます。



宜しくお願い致します。
Re:オグ・マンディーノ最高! (itchy1976(当サイト管理人))
2005-09-11 14:49:51
サクセスシネマ様コメントありがとうございます。



>引用&トラックバックさせて頂きました。

記事を拝見しました。



これからもよろしくお願いします。



それでは失礼します。
遅くなりました (めあり)
2005-10-13 20:47:37
はじめまして、こんにちは。

TBありがとうございました。

大変遅くなりましたが、

こちらからもTBさせて頂きました。

幅広く書いていらっしゃるので

楽しんで、またお邪魔させて頂きますね。

では、失礼します。
Re:遅くなりました (itchy1976(当サイト管理人))
2005-10-15 17:57:04
めあり様コメントありがとうございます。



おっしゃるとおり、幅広く本の紹介をしています。また、ごらんください。



それでは失礼します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
十二番目の天使 (成功おたくのビジネス書評)
オグ・マンディーノ著『十二番目の天使』 また、オグ・マンディーノを読んでしまいま
026【ザ・ダイバー】 (映画を観れば成功する!)
映画解説をするブログではないので、 四の五の言う事はしない。 評価の観点は『成功に必要な映画か?否か?』である。 その点、この映画は紛れもなく成功映画である。 ちなみに、オグ・マンディーノの『十二番目の天使』を思い出.
十二番目の天使・・・オグ・マンディーノ・・263 (読書日記)
人間の弱さ、強さ、優しさ、色々な面を改めて感じさせてくれた本。 主人公ジョン・ハーディングは、事業で大成功を収めて、故郷に凱旋して多く祝福を浴びる。人生において最も輝い
オグ・マンディーノ『ことばの魔術師からの贈り物』 (本の中の名言・格言)
・あなたの人生の一日一日をその日限りのものとして生きるようにしなさい。そうすれば、成功と幸せにより近づくことができるでしょう。 ・あなたが望みのものを苦労の末に手に入れたとき  一日でも王様になれたとき  鏡で自分自身を見てみなさい  その鏡がなんと言
「十二番目の天使」オグ・マンディーノ (本にとり憑く日々)
シンプルだからこその名著であると思う。何回読み返しても前向きさを分けてくれるのだ。あとがきでも触れられていたが、教訓や哲学的な言葉は使われていないのに、読み終わる頃にはティモシーの「毎日毎日あらゆる面で・・・」を呟きたくなってしまう。
No.001 青空のむこう (forestの本の紹介所 ~小説でも漫画でも~)
最初の紹介は、アレックス・シアラーの「青空のむこう」です。 僕はアレックス・シアラーの物語は何冊か読みましたが、 この本は、1番感動させられました。 とてもいい話で、クライマックスの時は涙をこぼさずには いられない、そんな1冊です。 あらすじ・・・
No.002 十二番目の天使 (forestの本の紹介所 ~小説でも漫画でも~)
今回は、オグマンディーノの「十二番目の天使」です。 これは日本でも大ヒットしたので、読んだ人は多いと思います。 僕が1番大好きな作家、オグマンディーノと出会った最初の作品です。 感動する物語を読みたい人には本当にお勧めします。 あらすじ・・・
【心に残る言葉】あなたの今年の目標は決まりましたか? (ハリボテ人生のブレイクスルー)
こんばんわ。 ニートオブニートでございます。 新年三箇日も今日で最後。 今年一年のいいスタートを切るのに、すばらしい日々を ご友人ご家族と過ごされたことと思います。 ところで、2006年の目標ってたてられました? いろいろなメルマガやブログでも同じような質問が .
十二番目の天使 (I Love Formula-One & BayStars)
オグ・マンディーノという人が書いた十二番目の天使を久しぶりに読んだ。 この本は4年ぐらい前に、あたしが入院していた時に友達がくれた本です。 とっても良いお話しなんです。 あらすじは… 主人公ジョン・ハーディングは仕事も家庭も順調。 そんな時に彼の妻子を事故...
2001年9月22日 オグ・マンディーノ「十二番目の天使 (日記風雑読書きなぐり)
ネバー・ギブアップ! アメリカ! 生きる望みを失ったの男の前に現れた一人の少年が彼の魂を救済する、少年の起こす奇跡に感動する物語。オグ・マンディーノ「十二番目の天使」である。ミステリーとは程遠いが、ただいまベストセラー。
「十二番目の天使」オグ・マンディーノ / 訳 坂本貢一 (テンポ。)
この人の本、初めてだったのですが 「世界中で最も多くの読者を持つ人生哲学書作家」なんだそうですよ。 19冊の著書があり、全世界の総売り上げ、3,500万部ですって。 凄すぎて良く分かりませんが。 最愛の妻と子供を事故で亡くしてしまった主人公が 生きる意味を見失っ...