itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『分身』

2006年07月27日 23時57分54秒 | 書評(東野圭吾)
分身

集英社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『分身』を紹介します。本書は、最初から最後まで結構楽しめる作品です。いつ氏家鞠子と小林双葉に出会うかということをポイントに読んでいけば楽しめるのではないでしょうか。あとは、育ての親(戸籍上の親)と産んでくれた親の感じ方の違い見たいな事もポイントになるでしょうか。

氏家鞠子は、母親の死をきっかけに自分探しの旅に出かける。主に、東京に上京して調査を続けることになる。その一方小林双葉は、テレビ出演がきっかけとなって、母親が死んだ。そのことによって自分探しの旅に出かけることになる。北海道に出かけて脇坂講介と調査を続けることになる。二人が出会おうとすると何らかのトラブルが起こることになる。いろいろと絡み合った複雑な人間関係と医学や科学や倫理と親子関係に着目することになるし、考えることにもなるだろう。

私は、話の展開が面白いと思った。いつ、二人は出会うのか?いつ二人は自分のころについて知ることができたのだろうか?というストーリーの立て方が良かったのではないかと思う。また、いつ何時でも科学は万能なわけではない。科学が克服しなければならないのは、技術だけでなく、人間の倫理観の説得も必要だと思う。やはり、一線を越えると殺人鬼みたいになるからね。科学が殺人鬼にならないためにも倫理観という歯止めが必要なのだろう。科学が役に立つということであれば、人間の倫理観は良いほうに説得されるだろう。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルシアウォーター | トップ | 本を読むと賢く感じるよね »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
mahirose cafe (mahirose)
2009-03-07 14:02:58
この本は東野さんの作品の中で始めて読んだ作品です。はまって一気に読んだ記憶があります。
TBありがとうございました〜^^
Re:mahirose cafe (itchy1976(当サイト管理人))
2009-03-08 19:10:12
mahirose様コメントありがとうございます。

白夜行から、東野作品を読み始めて、本書もそれなりに楽しめました。
いつもコメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
秀作ですよねえ〜 (yori)
2009-10-08 18:42:53
itchyさん こんばんは
分身とは渋いところで来ましたね 笑
地味ですが初期の秀作、良い作品だと思います!!!
Re:秀作ですよねえ〜 (itchy1976(当サイト管理人))
2009-10-08 23:43:52
yori様コメントありがとうございます。

東野作品は全部制覇しようとしているので、いずれは全部の本を紹介することになるのです。東野作品はやっぱりクオリティが高いですね。

コメントで記述の通り、地味な作品なのですが、秀作だと思います。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「分身」を再読 (Gotaku*Log)
東野圭吾さんの『分身』を再読。函館に住む氏家鞠子は、母親が垣間見せる物憂い表情に、得体の知れぬ不安を膨らませていたが、やがてそれは現実のものとなる。鞠子が中学1年の冬に、母、静恵は、自らが放った業火に包...
分身/東野圭吾 (心の音)
分身 内容(「BOOK」データベースより) 私にそっくりな人がもう一人いる。あたしにそっくりな人が、もうひとり。札幌で育った女子大生・氏家鞠子。東京で育った女子大生・小林双葉。宿命の二人を祝福するのは、誰か。
分身(東野圭吾) (Bookworm)
この「分身」。世の中には自分と似た人が3人はいると言われます。実際、私も友人から私と似た人がいる、と聞かされたことがあります。その友人に言わせると、雰囲気だけじゃなく、髪型なんかも似てるらしいのです。又、地元の居酒屋で知らない方に声を掛けられた経験もあ...
分身〔東野圭吾〕 (まったり読書日記)
東野圭吾さんの『変身』を読んだ後、yoriさんのブログ「活字の砂漠で溺れたい」からトラックバックをいただいた。 こちら→彼の名は〜技術という作風 そこに『分身』の紹介がされていたので、図書館で借りて読んでみました。 分身東野 圭吾集英社 1993-09売り上げラン...
彼の名は〜技術という作風 (活字の砂漠で溺れたい)
彼の名は東野圭吾。 技術的な作品を書くこともあるので、 理科系作家などと呼ばれることもある。 彼の理科系作品といって思い出すのは「分身」である。 この作品は、作中で使われている技術が、当時はまだ 「絵空事である」と判断されたせいか、 発売当初の評価は低かっ...
分身 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
分身 オススメ! 札幌に住んでいる氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通っている。 中学生くらいから、自分は母親に愛されていないのではないか、と感じるようになる。 その後、母が死に、死に疑問を感じた鞠子は、自らの出生について調べることにした。 調べた結果、自分...
分身 (ケントのたそがれ劇場)
分身 著者:東野 圭吾販売元:集英社Amazon.co.jpで詳細を確認する  東京と北海道で、双葉と鞠子という瓜二つの美女が現れる。だが二人は一度も逢ったことがないし、お互いの存在も知らない。  双葉の章と鞠子の章を全15章に分割し、これを交互に差し込ん
私にそっくりな人がいる『分身』【小説】 (やっほっほ〜)
分身 東野圭吾さんの作品 私にそっくりな人がもう一人いる。あなたにそっくりな人がもう一人。 自らの出生に疑問を持つ札幌で育った女子大生「鞠子」と TV出演をきっ...
本「分身」東野圭吾 (日々のつぶやき)
    ☆本プロからの移行☆ 以前読んだ「変身」とタイトルが似ていて、テーマも今の医学・研究ではまだ許されていない範囲のものを行っているという点ではとても近い。 でも、ストーリーとしては、断然こっちが面白い!!! 札幌で大学に通う18歳の鞠子。...
東野圭吾「分身」 (Flour of Life)
母親が知り合いから東野圭吾の文庫を数冊借りていたので、ひとつ読んでみました。うわー懐かしい、この感じ…
『分身』 東野圭吾 (じゅうのblog)
「東野圭吾」のサスペンス作品『分身』を読みました。 [分身] 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『片想い』に続き「東野圭吾」作品です。 -----story------------- 函館市生まれの「氏家鞠子」は18歳。 札幌の大学に通っている。 最近、自分にそっくりな女性がテレビ出演してい...