itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅田望夫,平野啓一郎『ウェブ人間論』

2009年04月30日 23時59分30秒 | 書評(新書)
ウェブ人間論 (新潮新書)
梅田 望夫,平野 啓一郎
新潮社

このアイテムの詳細を見る

今回は、梅田望夫,平野啓一郎『ウェブ人間論』を紹介します。平野啓一郎氏がwebに対する疑問を梅田望夫氏に尋ねているという対談形式をまとめたものが本書なのであろうか。webの広がりというか可能性と人間生活への影響についての考察なんだろう。平野啓一郎氏の疑問もわかるような気がするし、梅田望夫氏の答えもわかるような気がする。

匿名時代のネットの付き合い方は、自分にとって不必要なものは避けるというものになるでしょうね。負の部分は目をつぶるということが必要なんでしょう。それが玉石混交なネットの社会をサバイバルする秘訣なのかな。また、自分自身とネットとどう関わりあうのかなんでしょうね。

著作権の話はなるほどだなと思いました。google等によって本の中身が閲覧できるようなサービスがもっと一般的になる。そのとき、本を購入するのかという問題になってくる。ロングテールの書籍に関しては一部でもいいから検索エンジンなどで中身を確認できるほうがいいと思う。ネットを使ってどうやって本を買ってもらうのかというプロモーションの手段としてもっと使えばいい。ネットvs本という対立概念ではなくて、ネットは販促手段であり、販売手段として使えばいいと思う。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柴山政行『半分売れ残るケー... | トップ | 今日はきつかったな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウェブ人間論 新潮新書を読んだ (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
ウェブ人間論新潮社このアイテムの詳細を見る この本は「ウェブ進化論」でウェブの現在と未来について論じた梅田望夫さんとその新書に感銘した作家の平野啓一郎さんの対談を新書した本である。 僕も「ウェブ進化論」』(ちくま新書)に衝撃を受けたので読んだ。 ...