itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『悪意』

2006年07月08日 23時09分43秒 | 書評(東野圭吾)
悪意

講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『悪意』を紹介します。本書を読んでみると、周りの人が信じられなくなるなあという感じがします。いつ、自分が悪意をもたれるかも分からないわけですね。

人気作家、日高邦彦を殺した犯人は、幼なじみの野々口修だということは、加賀恭一郎の推理によってすぐわかるが、動機というものがわからない。動機の解明について加賀は推理を働かせることになる。そのために使われるのが、野々口修の手記と加賀恭一郎の記録である。これらの2つのものが交互に展開される。野々口修は、日高邦彦を殺すという計画を前からたてていたのであるが、それと共に、本当の動機を知られるのが嫌なので、最もありそうでふさわしい動機をどう偽装するかを計画するわけである。そういうトリックを、野々口修の手記にも忍ばせているわけである。そのために、野々口修が用意周到に計画を立てていただろうし、そのための工夫や準備に時間をかけるわけである。

私が、本書を読んで思ったことは、これが動機かなというものを何度も覆されるという面白さがあった。悪意という負のエネルギーのすさまじさを感じると共に、そんなことで人を殺すという一線を越えるんだなという感じがする。

※ホワイダニット(Why done it?):犯人は何故犯行に及んだのか(動機)
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住んでみたい所はどこですか? | トップ | 東野圭吾『天使の耳』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックありがとうございます (ぱんどら)
2006-07-09 10:58:33
こんにちは。

トラックバックありがとうございます。



それで、たいへん唐突なお願いで恐縮ですが、いま私のブログの最新記事に「本屋バトン」というのがあります。



もしご迷惑でなければ、「本屋バトン」、受け取っていただけないでしょうか? もちろん気が向かなければ強制はいたしません。



よろしくお願いします。
Re:トラックバックありがとうございます (itchy1976(当サイト管理人))
2006-07-12 00:18:42
ぱんどら様コメントありがとうございます。



「本屋バトン」、受け取っていただけないでしょうか?とのことですが、受け取った上で近日中に答えてみたいとおもいます。



それでは失礼します。
はじめまして☆ (あさり)
2006-08-27 21:26:52
同じ内容を扱ったのでTBさせていただきました。

また見に来ます♪
Re: はじめまして☆ (itchy1976(当サイト管理人))
2006-08-29 06:06:49
あさり様コメントありがとうございます。



TB&コメントありがとうございます。ぜひゆっくりご覧ください。



それでは失礼します。
Unknown (アノ)
2006-10-29 09:37:06
はじめまして。

東野さんの「悪意」を読了してアップしたので、

TBさせていただきました!

ホワイダニットの意味もここで知りました。。笑

またTBさせていただく事があるかもしれません。

その時はよろしくお願いします♪

でわ失礼しました!
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2006-10-29 15:06:56
アノ様コメントありがとうございます。



>またTBさせていただく事があるかもしれません。

いつでもどうぞ。





コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
(書評)悪意 (たこの感想文)
著者:東野圭吾 ベストセラー作家の日高が自宅で何者かに殺害された。第1発見者は、
東野圭吾【悪意】 (ぱんどら日記)
私は本好きだけど、真性の「ミステリー愛読者」ではない。どちらかというと「文学少女のなれの果て」だ。 ミステリー小説も本の一種ではあるから、読むことは読むが、トリックを解くこと自体にはあんまり興味がない。
「悪意」 (REHASH)
悪意 (東野圭吾) 個人評価 ★★★★★ なんつーか。最後まで読んでビックリした。そもそも早い段階で犯人が捕まってるので後は裏付け部分とその推理を楽しむだけかなと思ってたけど、その最後が想定外だった。何に驚いたのか書きたいんだけどそれを書いち ...
悪意 (blah-blah)
【小説】悪意 著:東野圭吾 出版:講談社 野々口修は幼馴染でもある人気作家・日高邦彦の変わり果てた姿を見つける。 彼は仕事場で何者かによって殺害されていた。 ショックな事件ではあるが自身も作家の端くれ。 手記という形でまとめずにはいられない。 こう ...
「悪意」東野圭吾 (本を読む女。改訂版)
悪意発売元: 講談社価格: ¥ 660発売日: 2001/01売上ランキング: 4,573おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/04/20 唐突に東野圭吾特集。過去に書いた感想を載せてみる。 これははじめて読んだ東野圭吾本だった。 当時の私、絶賛。
悪意/東野圭吾 (hibidoku~日々、読書~)
悪意東野 圭吾 講談社 2001-01売り上げランキング : 5427おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 読書期間:2006/7/3~2006/7/5 人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑 ...
悪意 (はちみつの蜜壺)
いよいよ八月も終わろうとしています。 今年も充実した夏…とは言いがたいもので、まだまだ遊び足りません。 誰か遊んでくれ それでは今日の一冊。 悪意東野 圭吾 (2001/01)講談社 この商品の詳細を見る 続きを読む前に
[東野圭吾] 悪意 (本の蟲)
東野 圭吾 悪意 人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼馴染である野々口修。 犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理。逮捕された犯人が決して語らない動機とは。 人はなぜ人を殺すのか。 かなーり遅ればせ ...
悪意 東野圭吾 (カブシキ!)
東野圭吾の推理小説。 といっても、この小説、本の前半部分で真犯人は判明してしまうのです。問題は「動機」なのです。なぜ犯人は殺人を犯したのか。 犯人自身が書いた手記によって、その動機が徐々に明らかにされて
悪意 東野圭吾 ("やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!)
悪意 ■やぎっちょ書評 おーこれはすごかったですよぉ! ほんぶろの東野圭吾さんページで多くの方が勧めているので読んでみたら明らかに「当たり!」でした。 ミステリーではなく、久々の「推理小説」。しかも展開が異色。犯人はわかってるんだけど・・・。 まずです...
悪意/東野圭吾 読書感想 (SE気まま日常ブログ)
面白い小説を探している人にオススメです!! 悪意/東野圭吾 ただのミステリーと思って読んでると すぐに犯人わかるし、あと半分以上ある...
東野圭吾「悪意」★★★★☆ “書く”とは…  (映画大好き(*^▽^*)まっつのよろず帖)
2010最初のレビューは、映画じゃなくて本で。 映画は今年入ってまだ1本も観てないっス!! 東野圭吾の「悪意」読みました。 東野圭吾は...
◎読書記録◎ 「悪意」 東野圭吾 (The 近況報告!)
”悪意”って誰の?
動機をめぐり (笑う学生の生活)
小説「悪意」を読みました。 著書は 東野 圭吾 ある事件、犯人はほどなくわかるが 動機がわかならず・・・ 動機探しミステリーといった感じ さすが 東野圭吾 2転3転する展開で しっかりと謎が描かれていて それぞれの手記や告白形式で ある種 淡々と進んでいきま....