itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『眠りの森』

2006年09月26日 23時10分41秒 | 書評(東野圭吾)
眠りの森

講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『眠りの森』を紹介します。美貌のバレリーナが男を殺したのは果たして正当防衛なのか?正当防衛なのか意図した殺しなのかを加賀恭一郎が追及するわけである。バレリーナのストイックさが際だっているなあという感じがします。一日練習をサボるとそれを取り戻すのが大変な世界なんだな。

加賀恭一郎は、真相を追究すると共に美女バレリーナの世界にどっぷりつかることになる。その中でも、浅岡美緒という女性に惹かれることになる。加賀は彼女を温かい視線で見守っているかのようなまなざしをしている。好きと言う気持ちと冷静に事件の真相を追究するという相反する気持ちを持つことになる。好きと言う気持ちが余りにも強すぎると、真実を曇らせることもある。正当防衛ならばいいなあと思っても、だんだんと真実が分かっていくともしかしたらという気持ちがよぎることになる。

本書は、バレリーナという独特の世界観を持つものを取り扱っていることから、ストイックだなとか閉じた世界だなという印象がある。その中でも、哀しい世界観ではあるけれども何か温かさを感じるのは、加賀恭一郎が浅岡美緒を見つめる視線の温かさを感じるからではないだろうか。

○2010/05/08追記
昔1993年に本書をモチーフにしたテレビドラマ(2時間ドラマ)があった。題名は「眠りの森の美女殺人事件」。加賀恭一郎役は山下真司だった。再放送をたまたま昨年みました。重要なところをかいつまんでいた感じで、そんなに本書の世界観を崩してなかったと思う。
配役はwikipediaより。
加賀恭一郎:山下真司 
浅岡未緒:原田貴和子
梶田康成:河原崎建三
斉藤葉瑠子:永光基乃
高倉捜査本部長:名古屋章
『本』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍内閣とは保守・仲良し内閣 | トップ | 東野圭吾『宿命』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yori)
2009-09-05 00:50:36
TBいただき、ありがとうございました。
当方からこちらへのTBが敵わず、コメントにて失礼致します。
この作品は加賀シリーズの中では、個人的に最も好きな作品です。ロマンスって良いですね!!
トラバありがとうございました (Tsugumi)
2009-09-05 07:16:33
加賀恭一郎のシリーズでは一番好きです。
しかし読んだのは4年も前で。。。。

時間があれば
また読んでみたいなぁと思っています。

Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-09-05 23:45:12
yori様コメントありがとうございます。

私も、同様で、加賀シリーズの中では、個人的に最も好きな作品です。この作品は美しいなあと思います。

これからもよろしくお願いします。
Re:トラバありがとうございました (itchy1976(当サイト管理人))
2009-09-05 23:53:30
Tsugumi様コメントありがとうございます。

私も、加賀恭一郎シリーズの中ではいちばん好きですね。9月に加賀恭一郎シリーズ新刊『新参者』が刊行されます。楽しみに読んでみたいとおもいます。

これからもよろしくお願いします。

Unknown (苗坊)
2009-10-20 20:22:05
こんばんわ。TBありがとうございました。
この作品、大好きです。
加賀シリーズは何冊か読んでいますが、この作品が今のところ1番好きです。
「新参者」刊行されましたよね。
気になっていますが、まだ未読です。
事件も気になりますが、未緒とのかかわりも気になります。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-10-20 23:53:23
苗坊様コメントありがとうございます。

私も加賀シリーズ(新参者以外)は全て読んできましたが、この作品が一番いいと思っています。

「新参者」刊行されましたが、読むタイミングが合わないかなとおもいます。今年中には手に入れて読んでみたいとは思っています。

これからもよろしくお願いします。
mahirose cafe (mahirose)
2010-05-08 17:50:55
TBありがとうございました。
テレビドラマになっていたのはまったく知りませんでした^^;
この事件のとき浅岡をかばったせいで、加賀は所轄に回されることになったはずですよね?!
Re:mahirose cafe (itchy1976(当サイト管理人))
2010-05-08 21:04:03
mahirose様コメントありがとうございます。

テレビドラマは1993年らしいですね。リアルタイムに見た覚えはないですね。その頃東野圭吾という作家も知らなかったです。テレビドラマは、昨年たまたま金曜深夜に何気にテレビをつけていたらやっていたと言う感じでした。

>この事件のとき浅岡をかばったせいで、加賀は所轄に回されることになったはずですよね?!
→そうです。『新参者』の終わりのほうに、そういう件がありました。読んだときに、浅岡美緒の事件なのだろうなと思いました。

これからもよろしくお願いします。
有難うございました (和音)
2010-05-10 20:36:44
TB有難うございました。

ドラマ化しているとは知りませんでした。
もし再放送することがあるなら、是非観てみたいです。
加賀シリーズはまだゆっくり読んでいる最中なのですが、加賀の未緒に対する視線の温かさはとても好きです。
これからたくさんの本を読むと思いますが、この本の加賀は忘れられそうにありません。
Re:有難うございました (itchy1976(当サイト管理人))
2010-05-11 07:07:55
和音様コメントありがとうございます。

ドラマ化されたのは、1993年で、約17年前ですね。

本書は、加賀恭一郎シリーズの中でも加賀の性格がよりいっそう表われているとおもいます。

これからもよろしくお願いします。
リンク承認ありがとうございます。 (arakisin)
2010-05-28 03:37:30
こんばんは。
「23:30の雑記帳」というブログの管理人をやっているarakisinと申します。
このたびは、相互リンクのお願いを快く承認してくださり真にありがとうございます。
拙ブログの紹介文なんですけれど何だか長すぎて余分なスペースを使ってしまっているようですので、どうか短くするなり、全部削除するなりしていただいて全然かまいませんので、お手数ですが処理していただければ幸いです。
それでは今後ともどうか末永くおつきあいのほどをお願い申し上げます。

失礼いたします。
Re:リンク承認ありがとうございます。 (itchy1976(当サイト管理人))
2010-05-28 21:53:24
arakisin様コメントありがとうございます。

arakisin様のブログに私のブログのリンクが張られていることを確認しました。紹介文については、もう少し文言を短くします。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (恵)
2011-06-16 08:34:29
トラックバックありがとうございます。
加賀が所轄に移動になった件が解明されて
すっきりしました。
加賀の意外な一面が垣間見れてよかったです。
紹介していただいてありがとうございました☆
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2011-06-21 00:21:33
恵様コメントありがとうございます。

喜んでいただいてなによりです。紹介した甲斐があってよかったです。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「眠りの森」東野圭吾 (うらひろ)
「眠りの森」 東野圭吾(講談社文庫) 美貌のバレリーナが男を殺したのは本当に正当防衛だったのか。若き刑事・加賀恭一郎が捜査に乗り出すうちに第二の殺人が。 華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの恋物語。 「卒業-雪月花殺人ゲーム」で初登場した加賀...
眠りの森 (Over The Moon)
眠りの森/東野 圭吾 ¥580 Amazon.co.jp 美貌のバレリーナが男を殺したのは、 ほんとうに正当防衛だったのか? 完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む 高柳バレエ団のプリマたち。 美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。 若き敏腕刑事・...
本「眠りの森」東野圭吾著 (日々のつぶやき)
  ☆本プロからの移行☆  2003/8/2 読了 加賀刑事シリーズ第二弾。 バレエ団の美しいプリマが正当防衛で人を殺してしまった。本当に正当防衛だったのかどうか加賀達刑事が調べているところで、更に今度は又関係者が殺害される。他の楽しみを全て犠牲にして、...
東野圭吾『眠りの森』 (宴の痕)
眠りの森 (講談社文庫) 『卒業』に続いて加賀恭一郎シリーズ。 こちらではすでに刑事になった加賀さんが、あるバレエ団を中心とした事件を解き明かしていく物語。 そしてその中にも淡い恋物語。 ところで文中には沙都子と思われる女性の描写もありますが、彼女は加...
「眠りの森」 東野圭吾 (31ct.読書部屋)
眠りの森 (講談社文庫)著者:東野 圭吾販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確認する何か読もうかなーと思うと、つい東野さんを手に取っている気がする。今回の話は、バレエの話。東野圭吾とバレエと
眠りの森 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
眠りの森 オススメ! バレエ団の事務所に男が侵入し、殺された。 殺したのは、バレリーナの一人。 このままいけば、正当防衛となるが、本当にそうだったのだろうか。 若手の敏腕刑事、加賀恭一郎はバレリーナの浅岡未緒に惹かれ、事件の真相を探る。 しかし、事件は...
眠りの森 (ろーれるのブログ)
眠りの森 (講談社文庫)/東野 圭吾 ¥580 Amazon.co.jp 裏表紙より『美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。...
東野圭吾 『眠りの森』 (積んどく? 読んどく?)
 バレエ団の事務所で、侵入した男がひとりの団員によって殺された。当然、正当防衛を主張するのだが、それが証明される前にバレエ団で次の事件が。事件を担当する刑事・加賀恭一郎は、捜査に関わる中でダンサーのひとり浅岡未緒に惹かれていく・・・ 加賀恭一郎、刑事に...
東野圭吾/「眠りの森」/講談社文庫刊 (ミステリ読書録)
東野圭吾さんの「眠りの森」。 高柳バレエ団のバレリーナ、浅岡未緒。ある日、親友の斎藤葉瑠子が事務所に侵入した強盗を 殺して捕まったという知らせを受ける。葉瑠子は正当防衛を主張するが、警察は確証が見つかる まで拘留を解くことはできないという。事件の担当...
眠りの森 (Simple*Life ドラマ感)
東野圭吾さんの眠りの森を読みました。 加賀恭一郎シリーズ第二作目です。 「眠れる森」じゃないよ。(笑)。 間違えて検索してこないでね。 加賀恭一郎が警察官になってからのお話。 前作の「卒業」ではまだ大学生だったわけですが、 今回は新米刑事と言う感じでした。...
「眠りの森」東野 圭吾 (デリシャスな本棚)
加賀恭一郎シリーズ の2作目です。
眠りの森【本】 (つれづれ帳)
東野圭吾 著
『眠りの森』東野圭吾・著|"新参者"の加賀恭一郎、バレリーナとの淡い恋の行方 (23:30の雑記帳)
“葉瑠子(はるこ)が人を殺した、 という知らせが入った。”で幕を開ける本作。 シリーズ第一作「卒業」は、加賀恭一郎の 「君が好きだ。結婚して欲しいと思っている」 というセリフから始まった。 どちらも最初からアクセル全開である。 そんな東野御大に...
『眠りの森 』東野 圭吾 (アイウエブログ)
刑事「加賀恭一郎」物だ。 自分の踊りを極める為には、過酷なダイエットや、恋愛をあきらめる事さえいとわないダンサーたち。 バレエ団という特殊な世界が詳しく描かれている。
眠りの森(東野圭吾) (Bookworm)
「卒業」に続く加賀刑事シリーズ2作目。
『眠りの森』東野圭吾  感想 (まったり感想日記)
ドラマ「新参者」が始まる前から読み始めてのらーりくらりと気の向くまま読んでいた作品。『卒業-雪月花殺人ゲーム』に続く、加賀恭一郎シリーズの第2弾。1989年5月単行本、1992年4月...
4月◎読書記録◎ 「眠りの森」 東野圭吾 (The 近況報告!)
この、ドガの”踊り子”を表紙に選んだセンスが素晴らしい!!!