itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湊かなえ『贖罪』

2009年08月08日 23時28分04秒 | 書評(その他著者)
贖罪 (ミステリ・フロンティア)
湊 かなえ
東京創元社

このアイテムの詳細を見る


今回は、湊かなえ『贖罪』を紹介します。本書は同著書『告白』と同形式の語り口です。1章ずつ当事者一人が一人称で語られます。だんだん読み進めるにつれて、前の記述がこんなことかとわかってきます。最終章の「終章」は2人の当事者がエミリちゃんが殺された殺人事件や殺人事件後の頃を振り返ります。贖罪は「しょくざい」と読みます。

フランス人形:紗英の話
PTA臨時総会:真紀の話
くまの兄弟:晶子の話
とつきとおか:由佳の話
償い:麻子の話
終章:事件や事件以後の振り返り

本書の評価は、少女 < 贖罪 < 告白なのかなと思います。少女以上告白以下という感じですね。告白以上のインパクトやミステリーとしての完成度がないですね。要するに、それなりには面白いのかもしれないが、告白の2番煎じという印象ですね。最終章は蛇足かという感じもするが、最終章があるから最後に残る印象がマイルドになったかなと思う。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒井法子逮捕状 失踪は覚醒... | トップ | 酒井法子逮捕 黒いTシャツ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『少女』 (taka)
2009-08-12 22:19:44
遅くなりましたがトラバありがとうございました。
『告白』と『少女』は読んだのですがまだ『贖罪』は読めていません。図書館の順番待ち状態なのですが、早く読みたいところです。

またぜひいらしてください。よろしくお願いします!
Re:『少女』 (itchy1976(当サイト管理人))
2009-08-13 01:55:53
taka様コメントありがとうございます。

『贖罪』も読んでみるといいとおもいます。トーンは『告白』と似ているとおもいます。

これからもよろしくお願いします。
TBありがとうございます (たちばな ますみ)
2009-11-18 21:34:20
確かに「告白」の2番煎じ感はありますね。
次の「Nのために」に期待しましょう・・・
Re:TBありがとうございます (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-19 00:38:30
たちばな ますみ様コメントありがとうございます。

湊さんがこういう書き方しか出来ないのであれば、「告白」は超えないかなと思っています。

第4作目は『Nのために』なんですね。知らせてくれてどうもありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (リバー)
2010-06-05 15:30:00
TB ありがとうございます。

まぁ 形式はやはり「告白」と同様な感じで
とはいえ 事件があたえる影響がよくわかる作品でした

私的にはPTA臨時総会が好きでした
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-06-06 00:09:48
リバー様コメントありがとうございます。

それなりに面白いのですが、やっぱり、『告白』の二番煎じという印象がぬぐえないですね。

すいません、各章の印象は残っていないです。ただ、どいつもこいつも自己中だなという印象ぐらいですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
湊かなえ 『贖罪』 (映画な日々。読書な日々。)
贖罪 (ミステリ・フロンティア)/湊 かなえ ¥1,470 Amazon.co.jp 取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない...
湊かなえ 『贖罪』 (積んどく? 読んどく?)
 夕方には時報代わりに「グリーンスリーブス」が流れ、自慢できるのはきれいな空気という田舎町。だが、この町で起きた少女殺害事件は、犯人を指摘できなかった四人の少女の運命を変え、さらに被害者の親が言い放った言葉は、彼女たちを追い詰めていた・・・ いまだ『告...
贖罪 湊かなえ (かみさまの贈りもの~読書日記~)
静かな田舎町で起こった小学4年生の女児殺害事件。犯人の目星は立たず、関係者となってしまった同級生の女児4人の歪んだ将来を告白形式で描いた長編。 金持ちの美少女が被害者となった殺人事件を背景に、犯人と直接接触をした4人の同級生のその後が描かれているのだが...
『贖罪』湊かなえ (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「贖罪」湊かなえ 東京創元社 2009年 田舎町、14年前4人の仲良し少女たちと一緒に遊んでいた少女が殺害される。14年が経過してから、その4人が別々に事件とその後の人生を語り始める。それぞれが自分こそ一番不幸だと思っていた。段々と明らかになる真実とは。 ミス...
贖罪/湊かなえ (BOOKチェックノート)
贖罪は、湊かなえさんの本屋大賞受賞後第一作
湊かなえ 贖罪 (マロンカフェ ~のんびり読書~)
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせる...
贖罪 (どくしょ。るーむ。)
著者:湊 かなえ 出版社:東京創元社 感想: 赤い苺の装丁が鮮やかな、湊かなえさんの新作「贖罪」。 少女殺害の謎を、四人の少女と一人の女性の視点で描いた、オムニバス形式のミステリ作品です。 「告白」は強烈な印象を残しながら、第一章以降はありきたりな俗っぽさ...
「贖罪」湊かなえ (しんちゃんの買い物帳)
贖罪 (ミステリ・フロンティア)(2009/06/11)湊 かなえ商品詳細を見る 空気がきれい。それだけが取り柄の田舎町。当時、町にコンビニがないことを...
「贖罪」(湊かなえ) (モコモコ雲を探しに♪)
{{{     贖罪           湊かなえ   東京創元社    }}} 田舎町に建てられた足立製作所の新工場の工場長の'''小四'''の才色兼備の一人娘・'''エミリ'''は、校庭で同級生の'&#...
「贖罪」湊かなえ (たちばな屋・ミステリ分科会)
「告白」 「少女」そして「贖罪」と、尻下がりになっている気がする湊かなえ。 後味のヘンな悪さは、大きくなってる?
本「贖罪」 (<花>の本と映画の感想)
贖罪 湊かなえ 東京創元社 2009年6月 贖罪 (ミステリ・フロンティア)/湊 かなえ ¥1,470 Amazon.co.jp
「贖罪」湊かなえ (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 誇るべきところは空気のきれいさ、夕方六時にはグリーンスリーブスの音色。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺人事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を...
『贖罪』/湊かなえ ○ (蒼のほとりで書に溺れ。)
あ~、なんて言うか、非常に評価の仕方が微妙です・・・。  物語としては、うわぁ・・・湊かなえさん大丈夫かしらん、こんなの書くとすっごく精神的に色々消費しすぎて辛くないかしらん…という感じで、相変わらずすごいな、と思うのですが。 この『贖罪』も、衝撃的作...
贖罪 (読書三昧)
以前、これオススメとコメントをいただいていて、ようやく読んでみました。 確かにデビュー作の『告白』の雰囲気いっぱい。 というかかなり似た感じの作品。 この作者は、人間のドロリとした感情とか書くのをテーマにしてるのかしら。 この小説は表紙のかわいいベリ...
贖罪 (Akira's VOICE)
湊かなえ 著 
殺人事件の余波 (笑う学生の生活)
小説「贖罪」を読みました。 著者は、湊 かなえ 少女の殺人事件 それに関わった 目撃した4人の少女 各章ずつ、1人1人が語っていく事件について そして、被害者の母親も それぞれを読んで、わかってくる真実 そして、...
贖罪 / 湊 かなえ (本とご飯とお昼寝の日々 -読んだ本の感想-)
評価 : ★★★★☆ (評価マークについて) 湊かなえさんの第1作 「告白」 は、第一章がかなりのインパクトで、私的にはとても面白か...
「贖罪」湊かなえ (りゅうちゃん別館)
殺人事件がトラウマとなり、悲劇の連鎖となる。 「贖罪」はそんな小説。(一部ネタばれあり)    【送料無料】贖罪価格:1,470円(税込、送料別) 湊かなえといえば「告白」で知られる。 「贖罪」も似た作風。 舞台は空気のきれいさが売りの田舎町。 小学校のプール...
贖罪 (湊 かなえ) (花ごよみ)
空気のきれいさ以外、 取り柄のない穏やかな田舎町。 そこで起こった惨たらしい事件。 少女はもう戻ることはなかった。 彼女と友人だった、 残された四人の少女たち。 現場にいたのに犯人の顔を思い出せない.. 彼女たちに投げられた、 被害者の母親の怒りの言葉が 4人....